不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

ボクシング:山中慎介の敗戦を深く考える

山中慎介が負けてしまった。 具志堅の記録に並ぶかという大一番だったが、残念ながらそうすることはできなかった。今後の進退については、まだ結論に至っていないようだ。驚いたことに山中は、13度目の防衛に成功した場合、引退も考えていたようだ。だが、…

松山英樹はなぜジャスティン・トーマスに勝てないのか

松山英樹がジャスティン・トーマスに負けてしまった。 3日目が終わった時点で、1打差の2位Tで優勝の本命は松山だった。私は1打差で松山に続くジャスティン・トーマスが怖いな…と思っていたが、そのとおりになってしまった。トーマスを怖いと思った理由…

なぜブログを書くのか…ブログを書く大きなメリット5つ

自分はなぜ、ブログを書いているのか… そういう問いを、自分に発したことがあるだろうか。ブログを書くことが楽しいから、書くスキルが向上するから、備忘録になるから、書くことがストレスの解消になるから…など、いろいろな理由があると思う。また、副収入…

3人以上の会話が苦手…3人以上になると話せない理由5つ

3人以上の会話が苦手だという人がいる。 そもそも何人であろうが、会話自体が苦手だ…という人もいると思うが、2人の会話であれば何も問題ないが、3人以上になると人が変わるように話せなくなる…という人もいる。その結果、個人としての付き合いはそこそこ…

嫌われる話し方6つ|結果的に嫌われていませんか

嫌われる話し方というものがある。 相手に嫌われようとして会話をする人はほとんどいないと思うが、結果的に嫌われる話し方をして相手に嫌われる、というケースはある。そんなときは、あとから「自分の話し方がマズかったのだろうな…」と思うものだ(厄介な…

出世できない人の特徴とそんな人がはまるパターンとは

出世できない人がいる。 会社には、出世できる人と出世できない人、そして、その間の人がいる。出世できない人は、とことん出世できない。出世したくなければそれでもいいと思うが、出世したいのにできない…ということであれば、仕事に対するやる気を失いパ…

非常識な人の心理と対処法|常識のない人にイラッとせずにすむ

非常識な人は、どこにでもいるものだ。 そんな人の言動を目の当たりにしたり、非常識な人の言動から被害を被ってしまうと、本当に嫌な気持ちになるものだ。以前、町の中で野焼きをしている人がおり、その煙が道路や歩道、宅地にもうもうと立ち込めていたこと…

意見を述べるときは結論から言えばいいのか

意見を述べるときは、結論から言えばいいとされる。 たしかに、結論⇒理由(根拠)⇒個人的な経験・感想…という流れで話が進むと、話が理解しやすい。また、話すときも形があるので話しやすい。小説や映画にしても、どういう話か理解してからみると、鑑賞しや…

上から目線な人の心理と対処法|その目線はかわせばいい

あなたのまわりにも、上から目線な人がいると思う。 上から目線な人のことを考えると嫌な気持ちになるが、「あなたも、上から目線になることがないか」と問われれば、全否定することはむずかしいのかもしれない。知らず知らずのうちに、上から目線で相手にマ…

会話ができない人の心理と会話ができるようになるヒント

会話ができない…と悩む人がいると思う。 会話ができない人にとってみれば、会話というのは苦痛でしかない。できれば会話をしたくないと思うし、会話を楽しむなんてことは自分には無理だと思う。しかし、会話なしで生活することはできない。よく知らない人と…

仕事が苦痛でしかない…楽しくない仕事を上手に片付ける方法4つ

楽しくない仕事の取り扱いに、苦労していないだろうか。 仕事が苦痛で仕方がない…というときは、楽しくない仕事であるはずだ。楽しい仕事ばかりできればいいが、現実はそう甘いものではない。楽しい仕事があれば、そうでない仕事もある。楽しい仕事は誰だっ…

映画「イエスマン」をみた感想|考えさせられる映画です

あなたは、「イエスマン」という映画をみたことがあるだろうか。 イエスマンは、ジム・キャリー主演のコメディー映画だ。他者からの誘いなどに対し「ノー」を旨としていた主人公が、あることがきっかけで宗旨変えをし、「イエス」を旨とすることで人生が変わ…

結果が出ないときの考え方と過ごし方

あなたにも、「結果が出ないとき」があると思う。 その時期は、精神的にキツくなる。「自分には才能がないのか」、「向いていないのか」、「このあたりが限界なのか」と思ってしまう(笑)。そして、取り組んでいることに対し、やる気を失ったり、(やめるこ…

映画「風と共に去りぬ」をみる前に知っておきたいこと

名作と評価される「風と共に去りぬ」という映画を知っていると思う。 だが、名作だからおもしろいだろうと期待してこの映画をみても、「大しておもしろくない」と感じるかもしれない(笑)。主役のスカーレット・オハラが、共感しにくいタイプの人物であるこ…

僻む人の心理6つ|僻む人には理由がある

あなたのまわりにも、「僻む人」がいると思う。 そんな人が近くにいると、面倒だな~と思うが(笑)、自分の心の中に僻む気持ちが全くないかといえば、そんなことはないだろう。僻みにより、目が曇った、評価を間違えた…という経験をしたことのある人は多い…

お金目当てがなぜマズいのか

お金目当てで行動することがないだろうか。 お金は大事なものだし、お金目当てで行動することは当然のことだ…と思う人がいるだろう。お金目当ては、あって当然のことだし、そのことを否定するつもりはない。ブログの記事に広告を貼るのも、お金目当てにそう…

スカーレット・オハラは悪女なのか

風と共に去りぬのスカーレット・オハラをご存じだと思う。 風と共に去りぬ(映画)は、名作だと評価する人が多いが、自分には合わないとする人もいる。その理由が、ヴィヴィアン・リー演じるスカーレット・オハラに共感できないから…というものだ。たしかに…

意地悪な人への効果的な対処法5つ

クラスや職場に、意地悪な人がいる場合がある。 人が大勢集まれば、何人かはそういう人がいるものだ。「意地悪な人=特別な人」と思いがちだが、必ずしもそんなことはない。自分の心の中に、全く意地悪な気持ちがないか…と言えば、そんなことはないはずだ。…

去る者は追わずを上手に実践する

あなたは、去る者を追いかける方だろうか。 それとも、「去る者は追わず」を実践している方だろうか。仕事でもプライベートでも、自分が大切に思う人に去られるとキツい。そんなときは、思わず「行かないで」と言いたくなるだろう。だが、結論からいえば、去…

繊細すぎて生きづらい…を何とかする方法4つ

繊細すぎて生きづらい…と感じることがないだろうか。 たしかに、繊細すぎると生きづらくなるだろう。ストレスを受ける回数が多くなったり、普通の人が適度なストレスだと感じるストレスでも、「強いストレス」だと認識してしまうためだ(適切なストレスの範…

自分は敏感すぎる…敏感な人の特徴7つ

自分は敏感すぎて生きづらい…という人がいないだろうか。 敏感で繊細な動物といえばうさぎを連想するが、うさぎはストレスから死んでしまう、ということもあるようだ。人でも、強いストレスを受けると、胃腸のあたりに痛みを感じたり、頭が働かなくなったり…

時計じかけのオレンジが心に爪痕を残す理由

時計じかけのオレンジという映画を、ご存じだろうか。 この映画の評価はいろいろある。稀代の名作だという人がいれば、B級映画だ、何がおもしろいのか全くわからない、暴力を肯定する内容で趣味に合わない…という人もいる。私の評価は、おもしろくないとい…

REITには結構リスクがある

REITにも、当然リスクがある。 REITは、株式投資よりも利回りが良かったりするので、株式投資並のリスクがあるのは当然のことだ。株式と同様に、REITの中でも利回り(≒リスクの度合い)はさまざまだ。利回りの低い銘柄は、収益性や安定性、成長…

REIT(不動産投資信託)とは|1分でわかります

REIT(リート:不動産投資信託)という言葉を聞いたことがあると思う。 すでに、REITに投資している、という人もいるだろう。私の場合は、学校で習ったこともあり、随分前からこの商品について知っていた。だが、「興味はあるが、投資はしない」とい…

承認欲求が強すぎる…承認欲求を抑える方法6つ

自分は、承認欲求が強すぎる…と思うことがないだろうか。 自分は承認欲求が強く、いつもまわりを気にして行動している。自分が他者に承認されなければイライラして不満が募るし、誰かが承認されている姿を見るだけでもイライラする。こんな自分は性格が悪い…

あなたには認められたい心理がある

他者に認められたい、という心理がないだろうか。 そのような心理は、程度の差はあれ誰にでもあると思う。能力を他者に認められなければ、いい学校や会社に入ることができないし、自分を交際相手として相手に認めてもらえなければ、交際や結婚もできないだろ…

不安な気持ちになる…不安をなくす方法7つ

不安な気持ちになることがあると思う。 不安な気持ちになると、あまりいいことがない。そのことばかり考えて、他のことが手につかない、不安により理性的に考えることができない、不安が不安を呼びメンタルが不安定になる、というようなことがあるためだ。不…

人の心をつかむ方法7つ|人心を掌握するためには

人の心をつかめたらいいな~と思うことがないだろうか。 人の心をつかめれば、私生活にしろビジネスにしろ、人間関係の問題は、ほとんど解決できるのではないだろうか(笑)。逆に言えば、人間関係の問題で悩みが多い人は、「他人の心をつかめない人」という…

お金をためるコツ7つ|こうすればお金がたまる

あなたも、お金をためたいと考えているはずだ。 だが、「お金をためたい」と思っても、思うだけではお金はたまらない(笑)。予算を立てても、なぜか予算よりも支出が増えてしまう…ということになりがちで、お金がたまらない。お金をためる方法はシンプルだ…

釣った魚に餌をやらないという心理

釣った魚に餌をやらないという心理がないだろうか。 自分が釣る立場であれば、餌をやらないのが合理的と考えるし、自分が釣られる立場では、餌を与えないのはおかしいとなる。立場により感じ方が変わるのが、普通のことだろう。余談になるが、これまで何年も…

人によって態度が違う人の心理とは

人によって態度が違う、という人がいる。 あの人は人によって態度が違うね…と言えば、批判を含むニュアンスになる。したがって、人によって態度が違うことは、あまりいいことだとは思われていないのだろう。一方で、人により態度を変える方がいい場合もある…

人と上手く話す方法7つ|これで話しやすくなる

人と上手く話したい、という欲求があるはずだ。 ビジネスでもプライベートでも、人と上手く話せるかどうかで決まる大事な局面が結構あるので、そういう欲求を持つことは当然のことだろう。だが、人と上手く話すためにどうすればいいのか…ということについて…

人とうまく話せない…うまく話せない原因7つ

人とうまく話せない、ということがないだろうか。 うまく話せる相手とそうでない相手がいる、相手がだれでも上手く話せないことがある、相手が1人だとうまく話せるが、複数だとうまく話せなくなる。普段はそうでもないが、会議のようなシチュエーションにな…

他人の不幸は蜜の味を利用すればいい

他人の不幸は蜜の味という言葉を聞いたことがあると思う。 言い得て妙だな…と思う人もいるだろう。他人の不幸は蜜の味を実感したことのある人も多いのではないか。一方で、何となく後ろめたさを感じる言葉でもある。人の不幸をほくそ笑むことは、人として間…

好きな相手の気を惹く方法6つ

好きな相手の気を惹きたい、と思うことがないだろうか。 恋愛を求めている人にとって、そう思うことは普通のことだ。だが、ただそう思ってやみくもに行動しても、結果は出ないだろう。そんなときは、安易な自己顕示をしてしまいがちになるためだ。具体的には…

接続詞の危ない使い方とは

アウトプットするとき、接続詞を使っていると思う。 書き言葉でも話し言葉でも接続詞を使っていると思うが、自分が好んで使う接続詞に意識を向けたことがあるだろうか。それ以前に、自分がよく使う接続詞を認識しているだろうか。接続詞を上手く使えば、コミ…

ボクシング|村田諒太の強さを深く考える

村田選手は、本当に強いのだろうか。 こういう疑問をもっている人もいたと思う。村田選手は五輪で金をとったが、プロの世界でどの程度通じるのかはわからない。私も当初は、世界のトップ30ぐらいに入れると思うが、そこからは未知数だ…という感覚だった(…

損切りできない心理を説明する

損切りできない…ということがないだろうか。 損切りといえば、株式投資などの投資をイメージすると思うが、恋愛やビジネスでもあることだ。将来性のないビジネスにしがみついたり、将来が見えない相手とズルズル付き合ってしまった…ということがないだろうか…

負けるが勝ちを使う|具体的な使用例は…

負けるが勝ちということわざを知っていると思う。 このことわざを最初に聞いたときは、どうして「負けるが勝ち」なんだろう。負け犬の遠吠えか…と思ったかもしれない(笑)。だが、勝ち負けに軽重があることや、「すべて勝つ必要はない」、「すべて勝とうと…

au のポイントの使い方をど素人が整理してみる

au のポイントの使い方についてご存じだろうか。 個人的には、「ポイントを使う」ということがとっても苦手だ。携帯のポイントにかかわらず、放置して失効させることもある(笑)。単に、ポイントを交換する作業が面倒くさいと感じるためだ。だが、ある程度…

相手を立てる話し方5つ|相手を立てれば上手くいく

あなたは、相手を立てる言動をしているだろうか。 あまり気にしていないという人がいれば、相手を立てる言動を心がけている、という人もいるだろう。「相手を立てる言動=謙虚な言動」ということになるので、後者の人は良好な人間関係を持ちやすい人とできる…

月曜日の憂鬱をなんとかする方法6つ

月曜日の憂鬱というものがある。 明日(月曜日)のことを考えると、憂鬱になる…というものだ。ブルーマンデー症候群という言い方もするようだ。これを全く経験したことがない…という人は、ほとんどいないだろう。楽しい週末が終わり、明日から仕事か…と思う…

海外ドラマの「24」が面白い|その理由とは

やっぱり、海外ドラマの「24」が面白い。 ある時期、ほかの海外ドラマが面白かったこともあり、24の評価を下げていたのだが、みなおしてみると十分面白い。当時斬新だった演出や機材&デバイスが古くなったな…とは感じるが、ドラマ自体は今でも十分楽しめる…

好感度をアップする方法7つ|最初は普通の印象でもいい

自分の好感度をアップしたい…と思うことがあるだろう。 私生活では、普段接する人の、ビジネスでは、同僚や上司、後輩や人事の好感度をアップしたい…と思うはずだ。もし、好感度が下がってしまったら、それを上げるのは容易なことではない。したがって、まず…

人が動かない理由6つ|どうしてあの人は動かないのか

人が動いてくれない…ということがないだろうか。 丁寧に伝えたつもりでも、こちらの意図や気持ちが十分に伝わっていないのか、伝わっていても軽視・無視されているのかわからないが、相手が動いてくれないことがある。そんなときは、イラッとしたりがっかり…

ブログ記事|400記事書いて思うこと

ブログの記事数が400に達した。 300記事に達したのが2016年の10月だから、それから400記事まで、200日以上かかったということになる。正直、しんどかったな…という印象だ。300記事を超えてからしばらく停滞し、書くペースが鈍ってしま…

緊張するシーンで落ち着いて話す方法6つ

緊張のあまり、落ち着いて話すことができなかった…というシーンがある。 プライベートでもビジネスでもあることだ。「場数を踏めば慣れるので緊張しない」という話があるが、この話は半分正しくて、半分間違いだと思う。ほぼ同じシチュエーションであれば、…

人の評価を間違えないようにする方法7つ

人の評価を間違えた…ということがないだろうか。 恋愛でもビジネスでも、人の評価はつきもので、人の評価を正確にできるかどうかで人生が変わる…ということは、めずらしくないことだと思う。だが、人の評価というのはむずかしい。付き合いが深くなるにつれ、…

わがままな人の心理と特徴7つ|わがままな人のことがわかります

あなたのまわりに、わがままな人がいないだろうか。 自分にも多少わがままな部分がある、という人は多いと思う。自分がわがままであることを自覚し、多少であればそう問題になることはないが、その自覚もなく程度が過ぎれば問題になる。わがままな人の中には…

人が嫌い…その心理とは|こんな場合に嫌っている

あの人が嫌い、ということがあると思う。 人に対し公平に接しようとしても、人である限り「好意の濃淡」というものはある。好ましいと思う人もいれば、そうでない人もいる。中には、「嫌い」という人もいるだろう。上手に生きるためには、自分から人は嫌わな…