不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

反論する技術|すぐに使える反論の仕方4つ

コミュニケーション下手な人は、相手に理不尽なことを言われても反論が苦手です。

※上手に言い返す(反論する)ことができません。

そんなときは、感情的に(反射的に)反発するか、(何言ってんのこの人…と思いつつ)不機嫌になって黙り込んでしまうか…だいたいこの二通りだと思います。そもそも、最後まで相手の話を聞いて、冷静に反論できるのであれば、コミュニケーション下手な人ではありませんね。

 反論の仕方を頭に入れておく

上手く反論できず、相手の筋違いの議論に乗せられることもあります(笑)。

なので、コミュニケーション下手な人は、反論の仕方をあらかじめ頭に入れておきましょう。

利害が衝突する議論の場(会社であれば会議)で役に立つと思います。また、家族との言い争い(?)でも役に立つかもしれませんね(笑)。反論の仕方を頭に入れておけば、どんなシチュエーションでも使えるようになります。なので、メリット大ですね。

以下、具体的な反論の仕方について書きます。

 論理の飛躍があるのでは?

これは、「論理の飛躍」を指摘する方法です。

何か理屈がおかしいな…と思ったら、このパターンです。

話がA ⇒ B ⇒ C(結論)と流れて行くのであれば、自然に納得できると思います。そこには、段階的で合理的な論理構成があります。しかし、A ⇒ B ⇒ F(結論)であれば、どうでしょうか?C,D,Eが抜けているため、「論理の飛躍がある」と考えられます。

※不自然に感じるときは、論理の飛躍を疑いましょう。

そこで、「論理の飛躍があるのでは?」と指摘します。B ⇒ F(結論)までの過程を「もう少し丁寧に説明してほしい」と主張できるわけです。論理の飛躍に留まらず、「こじつけ」のようなこともありますが、こじつけであれば、その指摘により論理が破たんします。

※A ⇒ B ⇒ Cなのか、A ⇒ B ⇒ Fなのか、見極めが大事になります。

 全体を考えれば、些末な議論では?

全体を考えれば、「些末な議論ではないか?」と主張する方法もあります。

もちろん、このような直接的な言い方をしてはいけません。そう言うと反感をもたれるだけです(笑)。議論というのは、本質から外れて些末な部分に入り込んでしまうことがあります。

発言者が意図的に本質から外れることもありますね。これは発言者が、自分の話しやすいことを話す、という場合に起こりがちです。※分が悪くなると、枝葉へ逃げ込むことがあります。

そのような場合には、相手の話に理解を示した上で、「より重要な問題があるのではないか?」と(相手に)軌道修正を求めることができます。相手の話に理解を示す、ということが、クッションの役割を果たします。なので、無用なヒートアップを避けることができます。

その話もわかるけれど、より重要な問題があるのでは…ということですね。

 都合の良い情報だけを利用していないか?

これは、「都合の良い情報だけを利用しているのでは…」という突っ込みですね。

自分の主張に都合の良い情報のみを根拠として採用する。これはよくあることです。たとえば、「〇〇は身体にいい」という主張をしたければ、それに沿う情報だけを採用します。

※研究者でもあるようです。

本当にその情報に客観性があるのか、(このケースに)その情報を使うことが適切なのか…はよく吟味されなければいけません。※話を有利に進めるため、意図的に行うこともあります。

また、ほかの相反する情報によって、相手の話の根拠が崩れる可能性もあります。仮にそのような情報をそのとき持っていなくても、その可能性を示唆することは可能です。

※「別の可能性もあるのでは?」という指摘です。

 ひとつの事例を一般化しているのでは?

「ひとつの事例を一般化しているのでは?」という指摘もできます。

身近にいるBさんが、大学を中退して事業を起こし成功した。だから、Cさんが大学を中退して事業を起こすことに賛成だ、というような話です。根底には、Bさんが成功したから、Cさんも成功するんじゃないか…という安易な思い込み(一般化)のようなものがあります。

この話では、大学を中退して事業を起こした人数がどれぐらいで、その内成功したのはどれぐらいで…という話がありません。また、大学を卒業して事業を起こした人数がどれぐらいで、その内成功したのはどれぐらいで…という比較の話もありません。※データの有無は別の話です。

ひとつの例を挙げましたが、このような話はいくらでもあります。なので、それに気がついた場合は、「ひとつの事例を一般化しているのではないか?」と主張できるわけです。

※個人的な1つの体験を、一般化することもあります。

 「反論する技術」のまとめ

今回は、反論の仕方について書いてみました。

今回の記事で書いたのは、1)論理の飛躍がある、2)全体を考えれば、些末な議論だ、3)都合の良い情報だけを利用している、4)ひとつの事例を一般化している、の4つです。

コミュニケーション下手な人は、反論が苦手ですが…

相手におかしなことを言われて、感情的になってまくしたてたり、不機嫌になって黙り込んでしまっては、コミュ力が低く、仕事のできない「残念な人」になってしまいます。

相手の話を冷静に聞きながら、反論できるポイントを探りましょう。

たとえば、3番目の「都合の良い情報だけを利用している」ということは、よくあることです。あなたも「自分の主張を通したい」と思うときは、そういうことがあると思います。なので相手の言い分に流されるのではなく、「別の情報もあるのでは?」、「別の可能性もあるのでは?」と考えてみることが大事になります。

立場上、反論できない場合もあるかと思いますが、(仮に反論できなくても)そのような思考回路を持つことは大事なことだと思います。人の話を聞きながら、反論できるポイントをおさえるクセをつければいいでしょう。

そうすれば少しは、パートナーにも言い返せるようになると思います(笑)。