不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

人間関係が苦手な人はこの法則に従えばいい - ゴットマン率

人間関係が苦手だ…という人がいると思います。

でも、人生は人間関係がほとんどです。人と良好な関係を築けるかどうかで、仕事も私生活もほぼ決まります。なので、人間関係が苦手だ…という人は、困ったことになります。

では、そのタイプの人はどうすればいいのか…ということですが、幸いなことに私たちは、先人の研究の成果を使うことができます。今回は、ゴッドマン率について書きます。

 目次

 良好な人間関係を築くコツがある

人間関係

良好な人間関係を築くための「コツ」みたいなものがあります。

たとえば、相手の話をよくきく、感情的にならない、人の気持ちを斟酌して行動する…などいろいろあると思います。そして、これらのことを実践している人も多いと思います。

今回取り上げるのは、「ゴットマン率」というものです。シンプルな法則なので、頭に入れやすいと思います。※シンプルなものが的を射る…ということは、よくあることです。

ネガティブな言葉を多く口にする人は嫌われる…経験則として、なんとなくわかっていると思います。しかし、ポジティブな言葉とネガティブな言葉、どれぐらいの割合で使えば関係が悪くなるのか…そこまでは、わかりませんよね。それを明らかにしたのが、「ゴットマン率」です。

二人の関係性によって、この率は変化します。

 ゴットマン博士とは

ゴットマン率を提唱しているのは、ゴットマン博士です。

ゴットマン博士は、ワシントン大学の名誉教授(心理学)です。博士はここ25年で、もっとも影響力のある上位10名の中に入るセラピストだと評価されています。

ゴットマン博士は、特に夫婦の関係や結婚生活に関する研究で知られ、200を超える学術論文の著者(または共著者)です。また、ベストセラーを含む40冊を超える著書があります。

※実績に対する数多くの受賞歴があります。

スポンサーリンク
 

 親子の場合:ポジ3、ネガ1

親子の場合は、ポジとネガの割合が「3:1」だそうです。

この率を超えてネガ発言が多くなると、親子の関係が悪くなります。

ただ、比較的ネガの割合が多くても許される関係ではあります。今回述べる人間関係では、もっともネガの割合が多くても許される関係になります。

親子関係が悪い…という人は、親から子に対するネガティブ発言の割合が、この比率より多いのではないでしょうか?子どもを所有物のように考えていませんか?関係が近すぎて遠慮がなさすぎるのかもしれません。もう少し子どもの人格を認め、気をつかってもいいのかもしれませんね。

※子供は別人格の人だと、理解&尊重した方がいいでしょう。

 上司と部下の場合:ポジ4、ネガ1

上司と部下の場合は、「4:1」だそうです。

※親子関係の次に、ネガの割合が多くても許される関係です。

上司が部下に相対するときは、ほめ4、叱責1ぐらいの感じでしょうかね。

これは感覚的にも納得できる数字ですね。部下は「ほめて伸ばす」が基本になります。これより叱責の割合が多くなると、部下に嫌われることになります。部下に嫌われがちだ…という人は、叱責の割合が多いのかもしれませんね(自分が叱責されて育った人にありがちです)。

※ネガの割合が多くても許される…といっても、この割合です。

 カップルの場合:ポジ5、ネガ1

カップルの場合は、どうでしょうか。

未婚、結婚問わず、カップルの場合は、「5:1」がマジックナンバーだそうです。

※上司と部下よりも、気を遣う関係になりますね。

「5:1」より悪くなると、危険なゾーンに入るそうです。

具体的にいえば、(二人が結婚していれば)離婚に近づくということです。パートナーがいる人は、この数字に注意した方がよさそうです。上司と部下の関係以上に、ポジが大事になります。

別れたい人は、この数字を逆用できるかもしれません(笑)。

 友人の場合:ポジ8、ネガ1

最後に、友人の場合はどうでしょうか。

友人の場合は、「8:1」だそうです。この割合から、人間関係を保つのがむずかしいことがわかります。たとえば、ちょっとした言動が原因で、それまで仲の良かった友人と疎遠になってしまった…という経験がありませんか?

その現象は、この「8:1」という数字から説明できそうです。

友人間では、ネガティブな言動をすると、あっという間に関係が冷えるのです。そう考えると、友人関係というのは、思うよりも脆(もろ)いものですね。

親友関係であれば、この率も変わってくる(ネガがもう少し許される)と思いますが、(基本的には)友人と接するときは、ネガ発言はNGだと思った方がいいでしょう。

※この中では、最も気を遣う関係になります。

スポンサーリンク
 

 まとめ

今回は、人間関係が苦手な人向けに書いてみました。

よく眺めてみると、ゴットマン率は関係性の自由度と関連があります。

親子関係は本人たちの意思にかかわらず、一生続くものです。絶縁という可能性も0ではありませんが、普通は続きます。なので、自由度がかなり低いと言えます。上司と部下という関係も、自分の意思で解消するというのはなかなか難しい。なので、自由度は比較的低くなります。

一方、カップルは自分の意思で関係を解消できます。

結婚していればハードルは未婚より高くなりますが、離婚は普通にあることです(自分の意思で解消可能です)。友人関係はもっと自由度が高い。環境が変われば、あっさり解消してしまうものです。親しい友人でも、環境の変化をきっかけに疎遠になってしまうことがあります。

つまり、自由度が低い関係においては、多少ネガティブなことを言っても許される。それだけで、関係が壊れるようなことはない(それでも、ポジ3、ネガ1ですが…)。

一方、自由度が高い関係においては、ネガティブは禁物ということですね。たとえば、合コンで初対面の相手に、少しでもネガティブなことを言えば、いっぺんに嫌われる…ということです。

合コンで説教おじさんが嫌われる原因が、理屈の上でも明らかになりました(笑)。

この「ゴットマン率」というもの、人間関係における法則を定量化・可視化したもので、おもしろい数字ですね。頭にいれておいて損はないかと思います。※生活の中で、活用できます。

この知見を上手に活用すれば、人間関係が苦手…という状況が変わると思います。

今回の記事:「人間関係が苦手な人はこの法則に従えばいい - ゴットマン率」