不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

自己嫌悪を克服・解消する3つの考え方

あなたも、自己嫌悪に陥ったことがあると思います。

普段、自分の考えていることと違うことをしてしまった…あのような言動をすべきではなかった…言いたいことが言えずみじめな思いをした…自分の不注意から失敗をやらかしてしまった。仕事でもプライベートでも、生きているといくらでも自己嫌悪を引き寄せる出来事があります。

これまで自己嫌悪を感じたことがない…という人はほとんどいないでしょう。

目次

自己嫌悪の克服が問題になる

自己嫌悪を克服できない男性

自己嫌悪をどう克服するか…ということが問題になります。

一歩進んで、なぜ自分は自己嫌悪を感じているのか…と考えたことはありませんか?何らかの行動をした・しなかった結果、自分の心の中で葛藤や後悔が生まれる…それが自己嫌悪になります。その出来事を、自分が評価することによって生まれる感情です。※自己評価がベースにある。

なので、出来事に対する評価の仕方、さらには自己嫌悪そのものに対する考え方を変えることで、自己嫌悪を克服することができそうです。完全に克服できなくても、やわらげることはできると思います。心がしなやかで折れにくい人は、このあたりの術を身につけています。

※彼らの真似をしてみましょう。

済んでしまったことは仕方がない

済んでしまったことは仕方がない…と考えましょう。

覆水盆に返らずです。終わってしまったことは、もはやどうにもなりません。

あの時こうすればよかった、こう言えばよかった…まぁそこまではいいでしょう。反省することは良いことで、問題ありません。しかし、これをいつまでも繰り返し考えたり、そのために自分の評価が落ちてしまう、将来不利益を被るのではないか…などと、自ら新たな不安を生み出す。

スポンサーリンク
 

 

これでは、ダメですね。

やらかした失敗で、まわりからの評価が落ちるかもしれない。将来不利益を被るかもしれない。その可能性は否定しませんが、それはあなたがコントロールできることではありません。コントロールできないことに頭を悩ますのではなく、コントロールできることに頭を使いましょう

コップをひっくり返して水をこぼしたのであれば、まず水を拭くことに集中しよう、ということです。その後に何が悪かったのか反省し、同じことをしないように、改善策を立てて終了です。

ネガティブな思いを引きずることは、将来を毀損することになります

自己嫌悪を感じることはいいことだ

自己嫌悪を感じることは「いいことだ」と考えましょう。

自己嫌悪を感じるということは、上でも述べましたが、出来事を評価したということです。

やりっぱなしではなく、自分なりにフィードバックをかけた、ということです。まず、この点はポジティブに評価できます。つぎに、自分の心の中で葛藤や後悔が生まれる…ということは、自分の中で理想形を持っているということです。この点もポジティブに評価できますね。

※理想を持つことはいいことです。

さらに、自己嫌悪を感じるということは、「成長意欲」を持っているからだ…といわれますが、これはそのとおりです。「もっと成長したい・よくなりたい」という気持ちを持つこと自体も、ポジティブに評価できるでしょう。自己嫌悪にも、ポジティブに評価できる点があるのです

自己嫌悪を感じることは、ある意味いいことなんです。

成長を後押しする力になる

自己嫌悪が、前に進むための力になるかもしれません。

あなたが自己嫌悪を感じた時の心中を思い出してください。後悔のほかに、なんらかの葛藤があるはずです。「このままの自分ではダメだ…」という焦りのような感情でしょうか。

この感情をうまく利用すれば、人が動くための「燃料」になります。

同じ失敗を繰り返さないようにするためには、どうすればいいのか?何を修正すればいいのか?今後どんな行動をとればいいのか?それらを考える「きっかけ」になるはずです。

PDCAを回すきっかけになる

もっと言えば、人生のPDCAサイクルを回すきっかけになると思います。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Action(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする
出典:ウィキペディア

太字の部分が、自分の言動にあたります。この自分の言動を不適切であった、とあとから思うため、自己嫌悪の感情が湧いてきます。※PDCAは、どんどん回した方がいいでしょう。

自分は未熟だと認識し、改善の努力を重ねる。それが自己成長のプロセスです。そういう機会がやってきたと思えばいいのではないでしょうか。※良いチャンスだと思いましょう。

スポンサーリンク
 

まとめ

今回は、自己嫌悪を克服・解消する考え方について書きました。

今回の記事で述べたのは、1)済んでしまったことは仕方がない、2)自己嫌悪を感じることはいいことだ、3)自己嫌悪は成長を後押しする力になる、という3つの考え方です。

「自己嫌悪を感じること=悪いこと」だと思っていませんか?自己嫌悪を感じれば、何ともいえない嫌な気分になるので、そう思うかもしれませんが、上で述べたように必ずしもそうではありません。自己嫌悪を感じることにもポジティブな面があり、人生を彩る1シーンなのです

「ものごとには意味がある」という人がいます。おそらくその真意は、ものごとから「自ら意味を見出し糧(かて)にしろ」ということだと思います。実際に意味があってもなくてもいいのです。その出来事から自分なりの意味を見出し、糧(かて)にすることが大切なのです。

この姿勢があるかないかで、成長のスピードが変わってきます。

今回の記事:「自己嫌悪を克服・解消する3つの考え方」