読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

正しい努力は報われる

人生の法則!らしい

努力が成功の必要条件であることは、間違いないと思っている。

例外的に抜群の才能を持つ人が、大した努力なしに「成功」することがあるが、果たしてそれが成功と呼べるかどうかは疑問だ。たとえば、30年にひとりの逸材とされる人物が、3年にひとりクラスの成果を上げて終了したとき、果たして成功と言えるかどうか…

才能と比して考えれば、とても成功とは呼べないと思う。

スポンサーリンク
?

 

 成功 = 才能の開花

成功とは、才能の開花を意味すると思う。

たとえば、ビートルズは、成功を収めるまでに約1,200回のライブをこなしている。1,200回と聞いてピンとこない人も多いと思うが、全キャリアを通じても、1,200回以上ライブを行うバンドはほとんどない…という現実を知ると、そのすごさがわかるのではないか。

天才の名を欲しいままにしているモーツアルトは、6歳前までに3,500時間の厳しい練習を積んでいたとされる。音楽家の父親が彼の才能を見抜き、幼少のころから英才教育を施したことは有名な話だ。こうした努力があったからこそ、後に図抜けた才能が開花したのだ。

ここでは、「成功=才能の開花」としたい

花が咲けば成功だ。どんな花が咲くのかは、才能次第である。上述の二例をみてもわかるように、才能が大きければ、時代を超えて人々を魅了する大輪の花を咲かせることができる。

さて、努力が成功の必要条件であることはわかるが、十分条件なのか?と尋ねられると、「YES」とは答えられない。努力には二通りあるからだ。正しい努力とそれ以外の努力だ。

 間違った努力をしても成功しない

間違った努力をしても成功しない。

あたり前だと思うかもしれないが、間違った努力をしている本人は、自分が「間違った努力をしている」とは考えていない。スポーツでいえば、練習用の努力をいくらやっても、あるレベルから上には行けない。「練習のための練習をしても上手くならない」と言われる所以だ。

前回の記事でこう書いた。

以前、私は別のテーマでブログを書いていたことがあるのですが、とにかくアウトプット重視で、内容よりも記事数を増やすことを主に考えていました。しかしそのときは、100記事を超えたあたりで、それではあまり意味がない、ということがわかりました

出典:インプットとアウトプットの黄金比率

※アウトプットを重視しすぎて失敗した…という話だ。

これも間違った努力だったが、その過程では自分が「間違った努力をしている」とは考えていなかった。エジソン張りに「上手く行かない方法を学んだ(キリッ!)」としてもいいが、浅い考えでそのようなことを繰り返していると、何も成し遂げられずに終了する可能性が大きくなってくる。

※時間は有限なので、早めに(努力の方向性の)間違いに気付くことが必要になる。

 問題は正しい努力へ修正できるかどうか

正しい努力へ修正できるかどうか…これが問題だ。

まずは、今行っている自分の努力が「正しいとは限らない」という前提で、それが正しいのかどうか、常にチェックする必要がある。「前回の記事」の内容とも関連するが、アウトプットしてフィードバックを得る。そして、その内容を検討・分析してみることが必要になるのだ。

スポーツでいえば、練習した内容を試合で実践してみる、ということだ。

練習の成果がすぐに実践に出るかどうかはわからないが(すぐには出ないことの方が多いだろう)、その練習の方向性が正しいのかどうかはある程度感じることができる。「これは違う」と思えば、結果を出すために必要な練習とは何か?を改めて考えてみればいい。※何も考えずに突っ走る…というのは好ましくない。

このあたりのプロセスをキチンと踏めるかどうか…で明暗がわかれる気がする。

※また、不断のチェックが必要になるのだろうと思う。

 本当にラッキーなだけなのか?

成功するためには、幸運が必要だと考える人がいる。

「あの人は運がいいから成功した」と考えると、自分の努力の至らなさを嘆く必要はなく、とても楽だ。なので、そう考えたい気持ちはよくわかる(笑)。しかし…だ。彼らは正しい努力をすることにより、運をある程度(自分に)有利にコントロールしているのだ

このことを「運の引き寄せ」と表現する人もいる。

成功するためには、どうしても他人のチカラを借りる必要がある。そうであれば、日頃から「あの人であれば、チカラを貸してもいい」と思ってくれる人が多ければ多いほど有利である。不遜で生意気な人物を助けようと思う人はいない。

そのことを(本当の意味で)知っていれば、日頃から謙虚にふるまうようになる。※このことは、「謙虚さは武器になる」という記事で書いたので、ご一読いただければ幸いです。

その結果、「運よく」チャンスをもらうという機会が増える(他人からみれば、運のいい人だ…となる)。謙虚な人間が努力をしていれば、チャンスを与えたくなる…人とはそういうものだろう。

これも、目的を達成するための正しい努力と言える。

スポンサーリンク
?

 

 まとめ

努力は、成功の必要条件である。

なので、努力しても成功しないことはあるが、努力しないと成功はない。ここまでは誰でも言うことだが、私はさらに、正しい努力は成功の十分条件に近いものだと考えている。

つまり、基本的には「正しい努力をすれば成功する」ということだ。自分のこれまでの人生を振り返って、自分のことを「成功しない」、「目標が達成できない」タイプだと思うのであれば、本当に「正しい努力をしたのか?」と自問してみるといい。おそらく答えは「ノー」だろう。

※一度振り返って、客観的に考えてみよう。

その時は正しいと思って努力していたかもしれないが、実際はズレた方向に進路をとっていたのである。そして、それに対する「気づき」もなかった…ということだ。

突き詰めれば、問題は正しい努力へ修正できるかどうかだ。人(自分)は必ず間違う。それを前提に物事を考えられるか(自分のことになると、間違いを認めるのが難しくなる)、そして、間違いを素直に認め、サクッとかつ柔軟に修正できるかどうかだ。これは私自身の課題でもある。

※少なくとも、正しい努力をすれば、報われる可能性がグンと高くなるのだ。