不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

自分のモノサシを持った方がいい|それがないとダメになる

会社員をしていると、他人のモノサシによる評価が気になる。

上司や人事が自分をどう評価しているのか、かなり気になるのだ。上司による人事評価に一喜一憂し、異動では、同期や後輩の動向を気にする。後輩に追い越された時などは、頭に血が上ったりする。しかし一方で、「そのような状態でいいのだろうか…」という疑問はある。

今回は、自分のモノサシがないと、できない人になる、という話だ。

スポンサーリンク
?

 

 他人のモノサシによる評価に対する不満

他人の自分に対する評価が気になるのは、自然なことではあるが…

上司や人事が自分をどのように評価しているのだろうか…このことが、気になって仕方がない。こういうタイプの人は伸びない。伸びないどころか、失速したり道を外すタイプである。

会社の昇進競争で、同期や後輩に先を越されてしまうと、深く失望する。失望というより、絶望の方が近いかもしれない。「どうしてあんな奴らが先に出世するんだ?」、「上司に媚びる奴らが出世するのか!」、「オレはダメだな…」、妬みや恨み、自己否定のオンパレードである。

その結果、「がんばっても仕方がない」、「評価されないなら、がんばる意味ないよね…」、「真面目にやるのがバカらしくなったわ…」、というネガティブな気持ちになり意気消沈する。

最近話題になったブログの記事に、後輩よりも自分の給与額が低い事実を知り、「会社に対する気持ちが冷めた…」という箇所があった。結局その方は他の理由もあり退社に至るのだが、その気持ちはよくわかる。そのような事実を知れば、当然理不尽な思いを抱くだろう。

だが、その思いだけにとらわれてしまうと、会社をやめる以外の選択がなくなってしまう…とも感じる。視野が狭くなり、自分を追い詰めることにもなる…と思うのだ。

 「外的報酬」では成果が出ない

他人のモノサシが気になる人は、どんな人なのだろうか。

他人のモノサシによる評価を気にしすぎる人は、「外的報酬」に重きを置く人だといえる。会社員の外的報酬とは、第三者(外部)の評価に基づいて決められる「給与や昇進」である。

外的報酬に重きを置く人は、成功しない。スティーブ・ジョブズはこう言っている。

お金が目当てで会社を始めて、成功させた人は見たことがない
出典:スティーブ・ジョブズ

※お金持ちになりたくて起業しても成功しない、ということだ。

起業家の外的報酬は、お金や名声になるだろうか。これらを重視する起業家は成功しない、ということだ。お金や名声は結果として後からついてくるもので、それを目的にしてはいけない、ということだろう。これは、起業家以外にも通用するある種の法則ではないか…と感じる。

子供たちに絵を描かせる、という社会実験がある。

Aグループの子供たちには絵を描くことに対し報酬を与え、Bグループの子供たちには好きに絵を描かせた。その実験後の子どもたちの様子を追跡して観察すると、Bグループの子供たちは変わらずに絵を描いたが、Aグループの子供たちは絵を描く意欲を失ったという。

この現象は、「アンダーマイニング効果」と呼ばれるものだ。

内発的に動機づけられた行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって、モチベーション(やる気)が低減する現象
出典:ウィキペディア

※内発 ⇒ 外発になると、やる気が萎むのだ。

この社会実験からわかるのは、何かをやるときに、「外的報酬」を目的にしてはいけない、「外的報酬」を目的とするような仕組みを作ってはいけない、ということだ。

 他人のモノサシで自分を評価すると…

他人のモノサシで自分を評価すると、一流にはなれない。

周りの人間を物差しにし自分を測ったり、周りの人と同じということで安心感を持っているような人は、一流にはなれません
出典:http://systemincome.com/25491

上司に評価されたり、昇進したら喜んで安堵する。

「自分の努力が認められた!」うれしい気持ちはわかるが、他人のモノサシによる評価で一喜一憂する人は、大したことがない。悪く言えば、他人に踊らされているだけなのだ。

一流の人は、晴れがましい舞台でも舞い上がったりはしない。

記者会見のとき、フラッシュから目を守るためになるべく帽子を深くかぶっていたり、目薬を常にさしていたりしています
出典:http://k-offices.com/column/column6.html

イチローは、記者会見の席で「フラッシュから目を守るために、なるべく帽子を深くかぶったり、目薬をさしたりする」そうだ。一流の人に共通することだが、晴れがましい席でも舞い上がる…ということがない。彼らの場合は、冷静に振舞う…というのが当たり前になっている。

一流の人が、他人に踊らされて自分を見失うということはまずないのだ。

 「八風吹けども動ぜず」

自分のモノサシをしっかり持てば、動ずることがなくなる。

大地にしっかり根を張ったような安定感のある人…そんな人があなたの周りにもいると思う。自分のモノサシをしっかり持っているため、他人の動向に影響を受けることがないのだ。

八風は“願いが叶うこと、叶わないこと、褒められること、けなされること”など、プラスとマイナスが対になっています。つまり、「良いことがあっても喜ばず、悪いことがあっても落ち込むな。平常心でいよう」というメッセージなのです
出典:http://wooris.jp/archives/83411

※いいことがあっても、悪いことがあっても、動じない…という意味だ。

一流の人は他人に評価されたからといって、舞い上がることもなければ、評価されなかったからといって、落ち込むこともない。メンタルの振れ幅が小さく、常に平常心を保つことができるのだ

片道12キロの道のりを往復するとしよう。行きは急いで6キロ/時、帰りは疲れたので4キロ/時とする。往復にかかる所要時間は2+3=5時間だ。行きも帰りも同じペースの5キロ/時の場合はどうか?2.4+2.4=4.8時間となり、最初のケースよりも所要時間が短くてすむ。

ブログを書いている人はわかると思うが、調子のいい時にガンガン書いて、その反動で書けなくなってしまう…ということがある。トータルで考えると、これはマイナスかもしれない。

メンタルにかかわらず、何事も安定している方が強いのだ。

スポンサーリンク
?

 

 まとめ

今回は、自分のモノサシを持った方がいい…というテーマで書いてみた。

ある程度、 他人のモノサシによる評価が気になるのは仕方がない。それはある意味、自然なことではある。しかし、それを気にしすぎてはいないだろうか?その原因は、「自分のモノサシを持っていないからではないか?」というのが本記事の問題提起だ。

他人の評価が気になって仕方がない、というタイプの人は伸びない。まずそこに自ら気が付くことだ。「他人の評価を気にする」というリソースの無駄使いは、やめた方がいいだろう(集中力の低下にもつながる)。

逆に、自分のモノサシを持っている人は強い。

他人の動向に踊らされることがなく、メンタルが安定しているためだ。そのタイプの人は、いつも平常心を保つことができるのだ。ちょっと身近にいる「できる人」を思い浮かべて欲しい。「勝って驕らず負けて腐らず」の安定した精神の持ち主ではないだろうか?逆に、「できない人」は他人に踊らされ、「勝って驕り負けて腐る」のである(ダメな人だ)。

自分がそうなっていないか、チェックするといいだろう。