不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

媚びるのではなく気配りをする|関係改善のヒント

いわゆる「媚びる人」について、どういう印象を持っているだろうか。

媚びる人については、あまりいい印象を持っていない…という人が多いと思う。では、「気を配る人」、「気遣いをする人」についてはどうだろうか。媚びる人とは逆に、いい印象を持っている…という人が多いのではないだろうか。そんな人になりたい、という人も多いだろう。

今回は、媚びるのではなく気配りをする…ということで書いてみたい。

 媚びると気を配るは違う

人間関係に不器用な人というのは、上に対し「媚びる人」を忌み嫌う。

たとえば、上司に媚びる人物を軽蔑する。もしかすると、自分が媚びることができないからそう思うのかもしれないが(この場合は嫉妬になる)、とにかく媚びる人を嫌う。「あいつは上司に媚びたから出世できたんだな…」という侮蔑の意味を込めたセリフを吐きがちだ。

ところが、自分に媚びる人は大好きだ(笑)。そこには矛盾があるが、自分では気付いていないことが多い。自分を客観視できていないから、その矛盾に気付けないのだ。

スポンサーリンク
?

 

それはさておき、媚びる人を真似て媚びろ、と言っているのではない。

「媚びる」と「気を配る」は似て非なるものだ。上司に気を配ったからといって、媚びることにはならない。「媚びなくてもいいが、気配りはした方がいい」というのが、本記事での主張だ。

※「媚び」は上下、「気配り」は対等だ。

 繊細さを生かせていない

人間関係に不器用な人は、実は繊細だったりする。

人間関係においても色々と考える。細かいことまで考えるのだ。

たとえば、今日のあの人の態度はちょっと変だったな…もしかすると、以前自分のとった態度が影響しているのだろうか…今日、あの人にこう言ったけど、言い方がまずかったかな…など、こうでああでと色々考えるが、(うじうじ考えるだけで)この思考を生かすことができない。

※せっかくの思考が生かせないのは、もったいないことだ。

だから、不器用なのである。

 自分本位で考えすぎていないか?

不器用な人は、自分本位で考えすぎていることがよくある。

人間関係に不器用な人は、上述のように色々思考をめぐらすが、その中で、自分が主体になりすぎるきらいがある。今日、あの人にこう言ったけど、言い方がまずかったかな…という場合でも、自分にはこういう理由があって、あのような言い方をしたのだ、と自分を正当化し納得する。

相手がどういう気持ちだったのか…というところは、掘り下げて考えない。

不器用な人は、自分大好きなのだ。

 まずは、人間関係のルールを守ろう

人間関係にはルールがある。このルールを軽視していないだろうか?

たとえば、時間を守る、適切な態度・言葉づかいで相手と接する、メールに対してキチンと返事をする、何かしてもらったらお礼を言う、などだ。人間関係に不器用な人は、この基本的なことを守れない。形式的なことにこだわる必要はない、などと考えルールをおろそかにするのだ。

※自分本位だから、そのような思考になるのだ。

形式的なことにこだわる必要はない、というのは都合のいい思い込みにすぎない。これは相手のあることだ。相手もそのような考えの持ち主であれば、それでいいのかもしれないが、実際はそうでないことの方が多い。なので、対人関係において軋轢が生じることは必然だ。

過度の自分本位や自分大好きがあるからそうなるのだろう。

※人間関係のルールを、バカにせずに守りたい。

 他人に寛容になる

人間関係に不器用な人は、他人を見る目が厳しい。

意識せずとも批判的に見てしまうのだ。「自分を脅かす存在ではないか…」と警戒しながら観察するからかもしれないし、相手の欠点を見つけて「気持ちの上で優位に立ちたい…」と思っているのかもしれない。しかし、このような批判的な視線は、人間関係を破壊する。

自分が同じように批判的な目で見られたら嫌なはずだが、過度の自分本位や自分大好きのせいで、そこまで考えが及ばないのだ。まずは、自分がされて嫌なことは相手にもしない、を徹底することだ。妙な屁理屈で自分の望ましくない行為を正当化するのはやめた方がいい。

相手に対しては、要求水準を下げ、長所を積極的に評価したい。

それが「寛容になる」ということだ。他人に対して寛容になれば、今よりももっと人間関係が良くなり、生きやすくなるはずだ。マイルールを「なぎなた」のように頭の上でブンブン振り回し、相手を寄せ付けなかったり、傷つける必要はないのだ。

※自分にも他人にも寛容になろう。

 興味の視線をまわりの人に向ける

あなたのまわりにも、人がいると思う。会社に行けば、仲間がいるはずだ。

あなたは、その、まわりにいる人たちが今どんな気持ちなのか、考えたことがあるだろうか?どのような精神状態にあるのか、考えたことがあるだろうか?気落ちしている人を見たとき、やさしい言葉をかけたことがあるだろうか?自分には関係ないと、見て見ぬふりをしていないだろうか。

繊細な人は、本来このような思考が得意なはずである(行動は苦手だが…)。

ところが、不器用な人は、その思考の矢印が自分にしか向いていないため、まわりが見えなくなっているのだ。なので、少しでも意識して、興味の視線をまわりの人に向けてみたらどうか?

※まわりに関心を持つ、ということだ。

自分が困っているとき、誰も何も助けてくれないのに、どうして自分が…と思うかもしれない。

以前、「情けは人のためならず」を戦略的に考える、という記事で「与える」ことについて書いたが、信頼できる人に対しては、どんどん自分から与えればいいのだ。

※それが成功するための秘訣だ。

スポンサーリンク
?

 

 まとめ

今回は、「他人に対する気配り」について書いてみた。

まず、人間関係に不器用な人は繊細だ。人間関係のことについてもあれこれ考えるが、その思考を(いい方向に)生かすことができない。では、せっかくの思考を「なぜ生かせないのか?」と考えると、「自分本位」、「自分大好き」というキーワードが浮かび上がる。思考の方向が自分にしか向いていないため、残念な状況ができてしまうのだ

改善する方法としては、以下の3つだ。

1)人間関係のルールを守る、
2)他人に寛容になる、
3)興味の視線をまわりの人に向ける

簡単にいえば、自分本位にならないこと(視野を狭くしないこと)だ。これらを言い換えれば、1)世の中の常識(慣習)を認め守る、2)他人にやさしくなる、3)まわりの人に気配りをする、ということだ。これらを意識して実践すれば、人間関係は確実に良くなるだろう。

30過ぎて、オレは不器用だから人間関係が上手く行かない…というのは、自分に対する言い訳だと思った方がいい。どうせ不器用なんだからこんな生き方しかできない、放っておいてくれ…と開き直るのも情けない話だ。言い訳をしたり開き直るのではなく、改善する努力をしたい。

※正しい努力は、報われるはずだ。