読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

相手がとる距離で、相手の気持ちがわかります

相手が自分に対してとる距離で、相手の気持ちが大体わかる。

自分が好意を持つ相手には少しでも近づきたい、逆に、自分が嫌いな相手からはできるだけ遠ざかりたい。これは極めて自然な人の感情だ。たとえば、男女で食事をするデートのような場面があると思う。自分は相手のことを気に入っているが、相手が自分のことをどう思っているのかわからない。

スポンサーリンク
?

 

 行動でウソはつけない

そんなときは、相手が自分に対してとる距離が、相手の感情を知るひとつの目安になる。相手のあなたに対するボディランゲージだと言っていいだろう。人は言葉ではウソをつけるが、行動でウソをつくことはできない。なので、この相手のボディランゲージを見逃さないようにすることだ。

コミュニケーション能力が高い人の場合は、上手に態度を加工したり、取り繕ったり…ということがあり、紛らわしいこともあるが、細かく観察すると動作に本音が出ている。相手がそのタイプの人の場合は、わかりやすい動作ではなく、細かい動作に注目するといいだろう(瞳孔など、ごまかせない部分に注目してもいい)。

※人はボディランゲージでウソをつくことはできない。

 パーソナルスペース

動物に縄張りがあるように、人にはテリトリーがある。

他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある
出典:ウィキペディア

パーソナルスペースは、個人的な空間だ。

この空間の大きさは、性別によっても違うし、性格によっても違う。また、同じ人でも相手との関係性により大きさが変化する。相手が好きな人だと小さくなる(接近を許す)し、嫌いな人だと大きくなる(接近を拒む)、というわけだ。あなたも、嫌いな人とは接近したくないはずだ(笑)。

※女性よりも男性の方が、テリトリーを広くとるようだ。

 友達であれば、45~120センチ

やや幅があるが(笑)、友達であればこれぐらいの距離になる。

※この幅は、性別のためだ。

これは、相手の表情が読み取れる距離だ。双方が手を伸ばせば届く距離が、大体120センチ。

友達だとこれぐらいが普通だ。(一般に)パーソナルスペースが広い男性同士だと120センチ寄り、狭い女性同士だと45センチ寄りになる。まだ親しくない男女が食事をするデートのような場面でも、だいたいこれぐらいの距離(120センチ寄り)だろう。

 恋人であれば、0~45センチ

恋人であれば、当然距離が近くなる。

これは、ごく親しい人にのみ許される距離になる。

片方が手を伸ばせばすぐに届く距離だ。なので、それほど親しくない人がこの距離に入ると、入られた方は不快になる。満員電車や混雑したエレベーターなどでそのようなシチュエーションがあるが、事前に予想できることであってもいい気持ちはしないはずだ。

とりあえず、この45センチを目安として覚えてほしい。

 相手が内向的な男性の場合

この距離は、性格により変わるものだ。

あなたが女性で相手の男性の気持ちを知りたいとする。相手の男性が内向的な場合は、彼のパーソナルスペースは広い。内向的な人は慎重で警戒心が強く、他人の接近を容易に許さないためだ。

そんな彼があなたを45センチ以内に入れるようであれば、脈ありだ。これは、非常にわかりやすいサインだと思う。45センチより多少距離があっても、脈ありかもしれない。内向的な男性は、そう簡単に他人を近づけないからだ。

もし、会うのが二回目なら、一回目と距離がどうなっているか比較してみる。

二回目の方が近づいているようだと脈ありだ。彼は物理的な距離だけではなく、心の距離も縮めたいと考えている。距離が変わらなければなんとも言えないが、そんな時はあなたの方から近づいてみて反応を見るのもいいかもしれない。

・カウンター席を選ぶかどうか

具体的な行動でわかりやすいのがこれだ。

カウンター席というのは、テーブル席よりも二人の距離が接近する。右利きと左利きだと肘が当たるような距離になるので、45センチ以内だ。お店に入ったとき、カウンター席とテーブル席が両方空いていて、内向的な男性が自らカウンター席を選ぶようであれば、脈ありだ。

あなたがカウンター席に誘ってみてOKならば、これも脈ありだ。男性が嫌そうにしたり、テーブル席がいいと主張するようであれば、(その時点では)脈はない。好意よりも警戒心が勝っている状態だろう。広くてゆったり座れるのでテーブル席がいい、と主張する場合があるかもしれないが、その場合もその時点では脈はない、とした方がいい。

 相手が外向的な男性の場合

相手の男性が外向的な場合は、内向的な男性とは違って、脈があるかどうかわかりにくい。外向的な男性のパーソナルスペースは小さい(相手の接近を許す)からだ。なので、上述した内向的な男性の基準は使えない。

だが、脈があるかどうかはわからなくても、脈がない場合ははっきりわかる。この点は、内向的な男性の場合とは逆になる。もともとパーソナルスペースが小さい外向的な男性が、あなたと対峙して距離をとるようであれば、脈はない。

このタイプの男性は、向かい合う場面では、やや前のめり(そうすることで相手との距離を縮める)になって話をする傾向にあるが、背もたれにぺったり背をつけているようだと、あなたには全く関心がない、ということだ。

一方で、脈があるかどうかの判断は困難だ。普通の状態でも、相手との距離を詰めるため、積極的でやる気があるように見えるからだ。なので、以下注意点だけ挙げておく。

・あなた(女性)が内向的な場合

あなたは内向的な性格で、相手の(外向的な)男性に対して好意を抱いている(または好意を抱く前の段階)、というシチュエーションだ。

外向的な男性は、あなたを友達としか見ていない場合でも、あなたとの距離を詰めようとする。あなたはその様子を感じて、この男性は自分に好意を持っているのではないか…と思いやすい。ドキドキして恋の予感を感じるかもしれないが、その感覚が間違いであることはしばしばある。

特に、あなたが男性に対して、好意を抱くか抱かないか微妙な心持ちでいる場合、男性がスッとあなたのパーソナルスペースに入ってきたら、ドキッとする。内向的なあなたのパーソナルスペースは大きいので、このようなシチュエーションが起こりがちだ。だが、勘違いしないようにしたい。

あなたが外交的な性格の場合は、こうした勘違いはほとんど起らない。

あなたのパーソナルスペースがもともと小さいからだ。相手の男性が多少距離を詰めたところで、ドキドキすることなく普通で自然なことだと解釈するだろう。

 目の表情も合わせて観察する

本記事の主旨は、相手がとる距離に注目して相手の気持ちを読み取るということだが、他のモノサシを合わせて使えば、読み取りの精度が上がる。たとえば、相手の目の表情だ。

目の表情については、以前の記事でこう書いたことがある。

会話中に相手の目がキラキラし、表情がイキイキしているのであれば、「脈あり」の可能性が高い。逆に、眼に光がなく、細く小さく見えたり、無表情で死んだ魚のような顔になっていれば、「脈なし」で間違いない。そんな時は、相手は早く帰りたがっているので、さっさと切り上げた方がいいだろう

出典:会話中にわかる脈ありの態度

簡単にいえば、目が生きていれば「脈あり」で、死んでいれば「脈なし」だ。

目の表情については、コミュニケーション能力が高い人でも(一部の例外を除けば)ごまかすことがむずかしい。特に瞳孔の開閉などは意志の力でできるものではないので、本音がそのまま出るのだ。なので、目が生きていれば脈ありだし、そうでなければ脈なしなのだ。

 まとめ

今回は、相手がとる距離と好意の関係について書いた。

人には、自分が好意を持つ相手には少しでも近づきたい、逆に、自分が嫌いな相手からはできるだけ遠ざかりたい…という自然な気持ちがある。この気持ちは必ず行動にあらわれる。なので、その行動を見逃さなければ、相手の気持ちもある程度わかる、というのが本記事の主旨だ。

スポンサーリンク
?

 

人は言葉ではウソをつけるが、行動でウソをつくことはできないのだ。

人にはパーソナルスペースと呼ばれるテリトリーがあり、それは性別や性格、相手との関係性などにより変化する。一般に、相手が恋人などごく親しい人の場合は、45センチだとされる。なので、この45センチが特別な感情がある・ないの目安になる(もちろん個人差はある)。

・相手の性格で補正する

ただし、性格により距離が変わるので、補正して考える必要がある。

内向的な男性のパーソナルスペースは大きい(相手を寄せ付けない+相手と距離をとる)。なので、内向的な男性が、あなたを45センチ以内に入れるようであれば、「脈あり」と考えていい。

逆に、外交的な男性のパーソナルスペースは小さい(相手を受け入れる+相手との距離を縮める)。なので、相手が45センチ以内に近づいてきたからといって、「脈あり」だとは限らない。そのドキドキは勘違いである可能性がかなりある。

外交的な男性が距離をとるようだと、脈はない。この点ははっきりしている。

相手の気持ちを正確に知るためには、「距離」とともに、「目の表情」というモノサシも同時に使いたい。二つの異なるモノサシではかった結果が同じであれば、その結果から導かれる結論は正しいだろう。※合わせて見ることで、精度が上がる。