読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

高学歴なのになぜ仕事ができないのか?#2

ビジネス・自己啓発

高学歴なのになぜ仕事ができないのか?の続きです。

前回の記事では、高学歴なのに仕事ができない人には、1)組織人として問題がある、2)仕事に対する考え方に問題がある、ということを書いた。今回は、その続きを書いてみたい。

 想像力がない

想像力を使えない・使わない人がいる。

話を聞くと教科書的な正論ばかりで、洞察やオリジナリティーがなく深みに欠けるという人がいる。自分がよく知らないことに関して洞察しようと思えば、どうしても想像力が必要になるのだが、その想像力がないか使う意思に欠けるか、(使う意思があっても)上手く使えないのだ。

スポンサーリンク
?

 

どういう人がどう考えて、この商品を買うのか、サービスを利用するのか、どうしてこんな質問をしてくるのか、その背景にはどんな心理があるのか…供給者サイドは、このようなことを(自分が消費者だったらと考え)リアルに想像しなければいけない。しかし、ほとんどできない人がいるのだ(恐らく、学歴と想像力の間には相関がないのだろう)。

普段の私的な生活の中では、消費者であるはずなのに、供給者サイドに立つとその感覚を失ってしまうのだ。想像力を駆使できないために、物事を「今」自分が立っている場所からしか見ることができないのだ。

能力は高いけれど、想像力がない…というタイプの人は、情報をフレームワークに落とし込んで整理&分析することは得意なのだが、想像力がないために、(大学院生がやる程度の)表面的な作業になってしまい、深みの欠けるアウトプットしか出せないのだ。

 事例研究で想像力は養えない

ビジネススクールでは、ケース・スタディ(事例研究)というものを行う。

事実をベースにして作ったストーリー(ノンフィクション)と実際の経済&経営の数値をベースにして、そのケース(事例)を分析&研究し、クラスで議論するというものだ。

私はケース・スタディを否定するつもりは毛頭ないが、ケース・スタディに足りないものはあると考えている。「創造的な商品やサービスを生み出す仕組みとプロセス」を学べない(そのような商品やサービスを生み出す力を養えない)ことと、上で述べたような「想像力を養えないこと」だ。

既存の情報や結果の数字をみて分析したり、あれこれ議論する力は養えるのだが、実際のビジネスにおいては、それだけでは(極めて)不十分なのだ。

・一次情報を自分の五感で獲得することが大事

3Dアニメで有名なピクサーは、作品を制作する前に、制作スタッフを作品の舞台になる場所(または、参考になる場所)へ送り込むそうだ。その目的は、一次情報を自分の五感で獲得し、そこから得たインスピレーションなどを作品に反映させることだ。コスト(時間とお金)がかかるため、なかなかできないことだが、そうすることで作品のクオリティがグッと上がるそうだ。

想像力を養うにはどうすればいいのか?というのは、難しい問いだが、一次情報を自分の五感で獲得する経験を積むということが、ひとつの答えになるのではないだろうか。

 自分の頭で考えることができない

自分の頭で考えることができない人も仕事ができない。

どういう人かというと、すぐに教科書をめくって、答えを探してしまうタイプの人だ。

もちろん(非定型的な要素のある仕事でも)、ある問題に対し、教科書的なものがあって、そこに答えらしきものが載っていることもあるだろう。だが、それをそのまま答えとして採用するのでは、「剽窃」にすぎない。

自分の頭で考えることができない人は、このそのまんまの「剽窃」をやってしまうのだ。この剽窃の何がよくないかというと、剽窃した本人が、「どのようなプロセスを経て、その結論が導かれたのか」という点について、ほとんど理解していないことだ。

・根拠を説明することができない

剽窃の場合は、都合よく結論だけポンと右から左に持ってくるために、外形的には整っているように見えても、中身がスカスカなのだ。自分の理解や思考という中身が詰まっていないために、実が伴っていないのだ。

チーティング(カンニング)をして、ペーパーの試験では合格点を取ったが、口頭で試問してみると、サッパリ…というイメージだ。自分の頭で考えていないため、根拠の説明を求められても、上手く答えられない(要領を得ない答えしか返ってこない)。これでは、「仕事ができない奴だ…」と思われても仕方がない(実際にできてもいない)。

ある人の言葉に、「優れた学生は、教師から学んだことを鵜呑みにしない学生だ」というものがある。つまり、自分の頭で考える学生が、優れた学生だということだ。

学歴というのは、極端な言い方をすれば、「要領と記憶力+ある程度の努力」で獲得することが可能だ(もっと言えば、記憶力もテクニックだ)。したがって、自分の頭で考えないタイプの人は、高学歴であっても、仕事ができないのだ。

スポンサーリンク
?

 

 まとめ

高学歴なのになぜ仕事ができないのか?というテーマで二回に分けて書いた。

※ここで言う仕事とは、非定型的な要素のある仕事のこと。

二回分をまとめると、以下のようになる。

1.組織人として問題がある
2.仕事に対する考え方に問題がある
3.想像力がない
4.自分の頭で考えることができない

3番目の「想像力がない」について、補足してみたい。たとえば、(あなたが)ある会社が「経費を削減している」と噂で聞いたとしよう。あなたはそこで何を想像するだろうか?

私であれば、噂になるぐらいだから、かなり大胆なことをやっているのだろう…したがって、費用に占める割合の大きい人件費などの固定費を削減しているのかな?と単純に考える。だが、想像力のある人は、ミクロの部分についても、鮮明にイメージするのだろうと思う。

たとえば、昼休みに消灯しだしたのではないか、残業を原則禁止して早朝出社シフトに変えたのではないか、コピーにかかる費用をチーム or 部門別の管理に変えたのではないか、業務用のPCやスマホなどの使用期間を延ばしているのではないか、物品の購入申請が通りにくくなっているのではないか…など現場レベルの仮説を、サクサクと立てることができるのだろうと思う。

想像力のある人は、未知の問題に対しても想像力を駆使し、仮説を立てることができる。その結果、行動が人より早くなり、それが成果につながる…ということがよくあるのだ。

想像力のない人が、漠然とした情報集めに勤しんでいる間に、想像力のある人はすでに(仮説検証のために)動き出している。このスピードの差が、成果の差になるのだ。いい仕事をしようと思えば、「分析脳」だけではダメで、人の情動に対する理解も含めた「想像力」が必要になるのだ

↓ 合わせて読んでみてください。

self-esteem.hatenablog.jp