不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

独創性のある仕事をするために必要なこと

独創性のある仕事をしたい、と思うことがないだろうか。

自分の長所を活かしながら独創性のある仕事ができれば、他者との差別化につながり、成果につながるかもしれない。では、そのタイプの仕事をするためには、何が必要なのだろうか。

前回の独創性に関する記事では、1)量を出す、2)ポジティブな気分になる環境を作る、3)インプットを工夫する(本を読み返すなど)、ということについて書いた。

今回は、その続きを書いてみたい。

 目次

 情報や知識を視覚化する

視覚化する

情報や知識を視覚化するといいと思う。情報や知識を図や絵にするのだ。

たとえば、やりたいことを決めるときには、1)嗜好(好きかどうか)、2)能力、3)市場、を考慮して考えるといいとされるが、この情報を視覚化する。

それぞれの円を描いて、3つの円が交わる部分に色を塗る。それぞれの円には、それぞれの意味を象徴するイラストをつけておけばいいだろう。

図や絵にしておくと、文字で記憶するよりも、記憶しやすいというメリットがあるのだ。

もう少し、複雑な例を挙げてみよう。たとえば、ビジネスでよく出てくる「SMARTの法則」だ。この法則を知っていても、「S]は「Specific」で、「M」は「Measurable 」で…などと考えて翻訳までしていたのでは、日が暮れてしまう(事実上使えないということ)。

 イメージで覚える

目標を立てるときに使う、SMARTの法則であれば、

柱にジャンプすれば届く位置に線が引かれている。その線までの距離は、(柱に目盛りがあるため)数値でわかるようになっている。自分の横にあるサイドテーブルの上には砂時計があり、砂が落ちている…という絵で覚えておけば、いちいちSMARTから英単語を引き出して翻訳するという、時間のかかかるプロセスを踏む必要がなくなる(実践で使えるようになるということ)。

その方が記憶しやすいし、記憶の再現も簡単で合理的なのだ。情報や知識というものは、いつでも使える形で記憶しておくことが望ましい。本を手を伸ばせば届く本棚に入れておくというイメージだ。そういう意味では、情報や知識を「視覚化する」ということには、大きな意味がある。

スポンサーリンク
 

 絵を組み合わせることでアイデアになる

絵と絵を組み合わせることで、独創的なアイデアになることがある。

情報や知識を図や絵にして記憶しておけば、何かの刺激を受けたとき、それがきっかけになって、新しい組み合わせができるということがあるのだ。または、情報や知識を図や絵にして紙に描いておけば、それらをながめることにより、新しい組み合わせができることがある。

つまり、情報や知識を図や絵にしておけば、組み合わせをしやすくなるということだ。

イデアは組み合わせなので、それを容易にできる状態にしておけば、結果的に(出せる)アイデアの量が多くなり、独創的なアイデアが生まれる確率も高くなるのだ。

 自分には価値があると思う

独創性のある仕事をしようと思えば、自分には価値がある、と思うことも大事だ。

自分は独創的な人間で、自分には価値があると思ってもいいし、自分のアイデアには価値があると思ってもいい。ある社会実験では、「自分には価値がある」と感じる人の方が、「自分には価値がない」と感じる人よりも、創造性が豊かになるという結論が導かれている

これは、心理学の言葉で言うと、「プライミングする」ということだ。

たとえば、ネガティブな言葉を(ある程度)聞いたり書いたりしたあとに人と接すると、ネガティブな言動をとりがちになる。逆に、ポジティブな言葉を(ある程度)聞いたり書いたりしたあとに人と接すると、ポジティブな言動をとりがちになることがある。

 独創性の高い仕事につながる

さらに、アクション映画を観終わったあとに、気持ちが高揚したり、失恋をテーマにした映画を観終わったあとに、感傷的な気分になったりすることがある。

人はインプットに気持ちが同調し、それをベースにしてアウトプット(行動)するようになるのだ。つまり、インプットがポジティブなもので、それを素直に信じることができるのであれば、アウトプットも良いものが期待できるということだ。

「ほめれば伸びる」という現象も、その理屈で説明できる。

したがって、「自分には価値がある」と思った方がいいだろう。そう思えば、何も考えないか、「自分には価値がない」と思う人よりは、独創性のある仕事ができる可能性が高くなる。

 もし~だったら?と考えてみる

これは、ドラえもんの「もしもボックス」的な思考だ。

ドラえもんでは、「もし、お金がなかったら?」、「もし、あやとりがメジャーなエンタメだったら?」、「もし、音がなかったら?」などの「もし~だったら?」が出てくる。

このことを難しい言葉では、「反実仮想」という。

反実仮想は、大きくわけると、1)事実とは違うが、(理屈には敵っており)ありそうなこと、2)事実にも理屈にも反し、ありそうにないこと、の二つに分類できる。1)は、何かの変数が少し変わればありそうなことで、2)は完全なフィクションで、ファンタジーだ。

どちらの仮想でもかまわないが、「もし~だったら?」と想像を巡らせてみることだ。それは、パラレルワールドを覗いてみる、という行為でもある。もしかすると、そこに独創的な仕事につながるヒントが、落ちているかもしれない。

スポンサーリンク
 

 まとめ:独創性のある仕事をするためには

今回は、独創性のある仕事をするために必要なことを書いてみた。

独創性のある仕事をするためには、職種を選ぶことも必要だが、自分自身の考え方や工夫というものが大事になってくる。後者をなおざりにして、職種のせいだけにするのは、フェアではない。

独創性については、これまで2回記事を書いている。参考になると思うので、それらの内容を簡単に整理しておきたい。 

独創的なアイデアを出せる人になるには?」では、1)自分を否定しない、2)複数の専門性を持つ、3)インプットを工夫する、ということについて書いた。

独創的なアイデアを出せる人になるには?#2」では、4)量を出す、5)ポジティブな気分になる環境を作る、6)インプットを工夫する(補足)、ということについて書いた。

そして、今回の記事で書いたのは、7)情報や知識を視覚化する、8)自分には価値があると思う、9) 「もし~だったら?」と考えてみる、だ。全部で9つになる。

 気持ちの持ち方が大事

初回に書いた、1)自分を否定しない、と、今回書いた、8)自分には価値があると思う、は、やや被ると思う。実は、この気持ちの持ち方というのは、とても大事なのだ

昔から言われている心技体の、「心」に当たる部分だ。昔の人は、おそらく経験則から、心が大事だと考えるようになったのだと思うが、今では心理学や脳科学による裏付けも取れている。

未熟な指導者が、精神論(心)に頼ったせいで、心の部分が不当に評価されることがあるが、実はかなり大事な部分なのだ。まずは、その部分から、しっかり整えるようにしたい。

今回の記事:「独創性のある仕事をするために必要なこと」