読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

職場で使ってはいけない言葉|代表的なのがこの言葉です

職場に限ることではないが、「使わない方がいい言葉」というものがある。

使えばロクな結果を生まないことがわかっているのだが、つい使いそうになってしまう魔の言葉だ。ただし、(以前の私のように)使えばロクな結果を生まないことがわかっていない人もいる。今回は、使わない方がいい言葉のひとつである、「忙しい」について書いてみたい。

※使いそうになるけれど、使ってはいけない代表的な言葉になる。

スポンサーリンク
?

 

 「忙しい」を使ってはいけない

仕事でもプライベートでも、「忙しい」という言葉を使わないようにしたい。

「忙しい」は、恋愛でもよく出るフレーズだ。恋愛では、男性が女性に対し、「忙しい」という言葉を使う(逆もある)。その場合は、「あなたに興味はありません」、「あなたに対する優先順位は低いです」という意味だ。決して、「忙しい」にいい意味は込められていないのだ。

※そもそも「忙しい」は、いい言葉ではない。

・「忙しい」と口にすると、気持ちに余裕がなくなる

不思議なことに、「忙しい」と口にすると、気持ちに余裕がなくなる。

本当は大して忙しくなくても、「忙しい」と口にすると、なぜか慌ただしく感じ、気持ちに余裕を持てなくなってしまうのだ。忙しいは、心を亡くすと書くが、「忙しい」と口にすることで、自らそのような状態(心を亡くす・失う状態)を作ってしまうということだ

気持ちに余裕がなくなると、物事が上手く行かなくなる…ということは、ご存じのとおりだ。※逆に、忙しいときでも、「それほどでもないな」と口にしたり、思うと、気持ちに余裕が出てくる。

どんなときも、余裕(遊び)は必要だ。

「忙しい」で評価が下がる

「忙しい」と口にすると、まわりの評価が下がる。

仕事を依頼する立場から考えると、「忙しい」と口にする人には仕事を振りにくい。仕事の依頼を拒否しているように感じるのだ(事実、拒否していることが多い)。できる人には仕事が集まり、常に忙しくなるが、できる人は、どんなに忙しくても、「忙しい」とは決して口にしない

では、できる人が本当に忙しいと言いたいときは、どうするのか?

唯一私が実際に見聞したのは、「これ以上は、健康を害する可能性が高くなります…」という言葉だ(その人は、本当にまわりの人たちよりもハードワークをしていた)。「健康が…」というのは、やむにやまれずの苦肉の表現だったと思う。ただし、その人が「忙しいから…」と口にすることは一切なかった。

「忙しい」と口にすることは、間接的な拒否に当たるのだ。拒否する人の評価が高くなることはない。まわりにいる評価の高い人を見ればわかると思うが、基本的に「拒否」の姿勢はないと思う。拒否をすれば、評価が下がる、と思っていた方がいいだろう。※ある種のトレードオフだ。

 段取りを改善できない

「忙しい」と口にすると、「流入」をストップすることになる。

手持ちの仕事で一杯だから、新しいことはしません・考えません、ということだ。

本当に忙しいのであれば、そこには理由がある。

まず、「自分のキャパに比して、仕事量が多すぎる」という理由が考えられるが、「仕事の段取りが悪いため、処理が遅くなっている」、「重要性の低い仕事に、時間をかけすぎている」という理由もあるかもしれない。また、何らかの(自分では気が付いていない)ボトルネックがあるのかもしれない。

スポンサーリンク
?

 

忙しい思考では、「自分のキャパに比して、仕事量が多すぎる」という点ばかりに目が行って、仕事の段取りや「やり方」について、スルーしてしまう可能性がある。※前者に注目するあまり、上司を逆恨みしたりする(笑)。

なので、「流入」をストップせず、改善や工夫をしようとした方がいいのだ

よく忙しい人は、分刻みのスケジュールで動いている、という。実際は、そこまでスケジュールを詰め込んでも、動けるのだ。なので、「まだまだ自分のやり方には、改善する余地があるのではないか?」と考えた方が、自己の成長につながるだろう。

※ただし、この話はホワイト企業などでの業務を前提としている。

 人として魅力を欠くことになる

あなたは、忙しいアピールをしている同僚を見て、どう感じるだろうか。

少なくとも、魅力的な人だとは思わないだろう。もしかすると、「忙しいのはみんな同じだ、そんなもんアピってどうするの?」と思うかもしれないし、「悪い意味で自己顕示欲の強い人だな」、「底の浅い人だな、器の小さい人だな…」と思うかもしれない。

「忙しい」と言う人は、自分が「忙しい」と口にすることで、相手がどう思うのか・どう感じるのか、という視点や想像力が欠けているのだ。自分本位の自己中心的な人だと言えるかもしれない(自分本位にならざるを得ないほど、余裕を失っている…ともいえる)。このタイプの人が、「魅力的な人だ」と思われることはない。なので、社内人脈を作ることがむずかしくなるだろう。

 「忙しい」と口にしてしまう理由

「忙しい」と思わず口にしてしまう理由がある。「拒否したい」という気持ちがあることについては少し触れたが、それ以外にも理由があるのだ。

・頑張っていると評価してもらいたい

人から評価を受けたい、というスケベ心がある。「忙しい」と口にする人は、自分が有能である、と思いたがっている。有能な自分がこれだけ頑張っているのだから、評価してほしい、と思っているのだ。また、忙しそうに振舞うことで、自分を有能に見せたいという気持ちもある。※この点では、他人の目を必要以上に気にする、という傾向がある。

だが実際は、上で述べたように、誰も評価しないし、有能だとも思わない。意図と結果が全く違うという残念なことになるのだ。※このことに自ら気が付かなければ、裸の王様だ。

・都合の悪いことを隠したい

都合の悪いことを隠したいという気持ちもある。

「都合の悪いこと」というのは、仕事に対する意欲に欠けることであったり、思うような成果を上げることのできないことであったり、不本意な(社内的な)ポジションであったりする。※比較的暇だ、ということもあるかもしれない(遊んでいることを隠したい)。

そのような都合の悪いことを糊塗するために、「忙しい」と口にし、忙しいアピールをしてしまうのだ。自分に自信のない人(自己肯定できていない人)、フラストレーションをためている人、負けず嫌いで見栄っ張りの人などが、そうしがちである。そのようなタイプの人は、都合の悪いことを隠そうとして、自滅してしまうのだ。

 まとめ

今回は、職場で使ってはいけない言葉である「忙しい」について書いてみた。

「忙しい」には、デメリットが多いことがよくわかると思う。なので、もちろん、職場だけではなく、プライベートでも使わない方がいい。もし、「忙しい」が口癖になっていたり、「忙しい」と口にすることのデメリットを理解していない人がいれば、(そのことについてよく考え)今日から改めた方がいいだろう。そうすれば、自分にプラスになるだろう。