読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

人に好かれる会話術|話を聞く力を向上させる方法

コミュ障を改善する

あなたは人の話を聞ける方だろうか?

もし、「聞けない」ということであれば、まわりの人たちとのコミュニケーションに苦労しているはずだ。それに伴い、良好な人間関係を築けていない可能性が高い(人間関係で悩むタイプだ)。逆に人の話を聞けるのであれば、人に好かれ良好な人間関係を築けている可能性が高い。人の話を聞けるか・聞けないか、このことはコミュニケーションにおいて、分水嶺になる。

※会話においては、軽視できないことなのだ。

スポンサーリンク
?

 

今回は、話を聞く力を向上させる方法について書いてみたい。

 正しいマインドを持つ

マインドはとても大事だ。それが雰囲気やボディランゲージとなり、相手に伝わるからだ。

・否定的なマインドを持たない

相手に対して、否定的なマインドは持たない方がいい。

相手のことが嫌いだったり、「お前の話を聞いても意味がない」と思っていると、まともに聞けなくなってしまう。そんなときは、相手のことが嫌いであっても、「自分の感情と話は別だ」と考えればいいだろう。相手ではなく、話の内容に集中するようにすればいいのだ。

※感情的に難しいかもしれないが、そういう意識を持つだけで、少しは変わるものだ。

「お前の話を聞いても意味がない」と思うのであれば、それは思い上がりだろう。相手の問題ではなく、自分の問題だと思った方がいい(自分が問題を抱えているのだ)

※自分が有意義なことを見い出せないだけ、の可能性がある。

・相手を尊重する気持ちを持つ

コミュニケーションでは、相手を尊重する気持ちを持つことが基本だ。

相手を尊重できない、ということもあると思うが、それもあなたの問題だ。たとえば、もしあなたが、自分自身を尊重していなければ、他人を尊重することはできない。自分が持っていないものを、相手に与えることはできないからだ。※自尊心の低い人は、他人の話を聞くのが苦手だ。

なので、相手を尊重できないのであれば、自分を尊重することから始める

そして、相手の悪い部分ではなく、良い部分を積極的に評価するようにする。これらを心がけるだけでも、マインドは良い方に変化する。※自分比の改善でいい。

 正しいボディランゲージを使う

意図的なボディランゲージについて述べる。

・相手の方向にヘソを向ける

これは、相手の方向に身体を向ける、ということだ。

※全身で聞く、というイメージだ。

よく、身体をPCの方に向けながら、顔だけ相手に向けて話をする、という人がいる。このボディランゲージを訳すと、「今作業中で忙しいのです。仕方がないので話はしますが、少しだけですよ」ということになる。これは、「あなたの話をキチンと聞きますよ」という姿勢ではない。※相手にも、マイナスの印象が伝わる。

会社の会議などでも、(面倒でも)発言者の方に身体を向けたい

たったそれだけで、話し手は、「この人は話を聞いてくれているな」という感触を得る。もちろんこれは、プラスの印象だ(印象が良くなるだろう)。相手にマイナスの印象を与えることと、プラスの印象を与えることは全く違う。マイナスをプラスに変えれば、大きな効果が期待できる(費用対効果の大きい行為になる)。

・相手の目を見る

相手の目を見ることは、「聞いていますよ」というシグナルを相手に送ることだ。

コミュニケーション下手な人には、相手の目を見ることに抵抗がある、と感じる人が多いと思う。そんなときは、無理をして目を見る必要はない。以下のような工夫をすればいいのだ。

相手の目をみて話したり、聞くことは緊張につながる(緊張する部分に焦点を合わせている状態だ)。なので、(焦点をややずらして)相手の片方の目だけを見る、眉間を見る、鼻を見る、さらにはズームインして、目の瞳孔の部分(黒目)だけを見る、眉毛の1本1本を見る、肌の毛穴を見る(笑)ようにすればいいのだ。
出典:緊張をほぐす方法

ただ、相手の目を見る、といっても、凝視してはいけない(笑)。真顔で凝視されると、怖く感じるものだ(話しにくくなる)。また、キョロキョロして、目線が落ち着かないのも問題だ。

相手は「挙動不審な人だな」、「何かほかのことを気にして、こちらの話を聞いていないのではないか?」と思うだろう。したがって、節目節目で相手の目を数秒見つつ、目をキョロキョロさせない(目の動作を落ち着かせる)、という行動がいいのではないかと思う

スポンサーリンク
?

 

・笑顔を見せる

シリアスな話でなければ、相手に笑顔を見せたい。

営業の人と話をするとき、「もったいないな」と感じることがある。

話の内容は完璧なのだが、笑顔がないのだ。人には、損得勘定は当然あるが、「好きな人からモノやサービスを買いたい」という気持ちもある。笑顔のない人というのは、なかなか好きになってはもらえない。好感度がどうしても下がってしまうのだ。これは、人の感情の問題だ。なので、相手が話しやすいような表情や雰囲気を作る、ということは大事なことだ。

※笑顔は、聞くときにも、話すときにも使いたい。

・うなづく、相づちを入れる

うなづきと相づちは、聞くときの必須ツールだ。

ときどき、あいづちを打たない人がいる。
自分が話す立場に立てばわかると思うが、何人かで話している最中に、(自分の話に対し)「うなずかない」、「あいづちを打たない」、「表情を変えない(無表情)」という人がひとりでもいると、話しにくくなる。勢い(気になりながらも、話しにくいので)その人を無視して話してしまう…ということになってしまう。
出典:相槌(あいづち)を打たない人は損をしている

話し手からすると、「うなずかない」、「あいづちを打たない」という人は、困った人だ。

「暖簾に腕押し」のような感覚になって、手ごたえを感じることができず、話しにくくなるのだ。「あなたが言っていることを私は聞いています・理解しています」というサインが相手から出ないため、不安になったり居心地が悪くなったりして、話しにくくなるのだ

なので、効果的にうなづきと相づちを使いたい。

ちなみに、あいづちには、「さしすせそ」というものがあるそうだ。

さ ⇒ 「さすがですね」
し ⇒ 「知りませんでした」、「自分にはない視点でした」
す ⇒ 「すごいですね」、「素敵ですね」
せ ⇒ 「センスがいいですね」
そ ⇒ 「そうなんですね」、「それはすごいですね」

相手を持ち上げることがポイントだ。

 まとめ

今回は、話を聞く力を向上させる方法について書いた。

マインドとボディランゲージに分けて書いたが、まずは、相手や相手の話に対し、否定的なマインドを持たないことだ。そして、相手を尊重する気持ちを持とうとすることだ。そうすれば、ボディランゲージも、おのずとその気持ちに沿うものになる。※良い流れができる。

テクニックだけで乗り切ろうとしてもダメなのだ。