読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

会話でボディランゲージを有効に使いたい

コミュ障を改善する

あなたは会話中に、ボディランゲージを使う方だろうか?

もしそうであれば、コミュニケーションが得意な方ではないだろうか。コミュニケーション下手、という人は、会話の中で上手にボディランゲージを使えていないことが多い。なので、伝えたいことが伝わらなかったり、伝えなくていいメッセージを相手に伝えてしまう(笑)。

今回は、会話の中でボディランゲージを使うこと、について書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 ボディーランゲージを使う

コミュニケーションでは、ボディーランゲージを有効に使いたい。

外国人は会話する時に上半身を頻繁に活用しています。誰が見てもひと目でわかる表現方法です。喜怒哀楽を身体で表すので、その時々の感情がわかりやすいのです。ボディーランゲージは言葉だけでは伝わりづらいものを、わかりやすく明確に伝えてくれる手段と言えます。
出典:会話が続くコツ

1)わかりやすい人、と、2)何を考えているのかわかりにくい人、がいるとしよう。※あなたのまわりにも、両方のタイプの人がいると思う。

どちらが(一般的に)人に好まれるか?といえば、1)の「わかりやすい人」だ。

そもそも、わかりやすい人の方がとっつきやすいし、会話をしても、わかりやすい反応が返ってくるのでやりやすいのだ。こちらの話に対し、表情を変えず、リアクションもほとんどない、という人とは会話をしにくい。※このことは、あなたの経験からもわかるだろう。

ボディーランゲージを使えば、相手から見た自分がわかりやすくなる。

なので、会話の中では、ある程度積極的にボディーランゲージを使う方が、相手に好印象を与えることができるのだ。どうも相手に好かれない…という人は、自分のボディーランゲージがどうなのか、考えてみるといいだろう。※動画で会話中の自分の姿をとって確認すればいい。

人には、わかりやすいものに惹かれる、という特徴がある

 してはいけない仕草

ただし、マイナスになるボディランゲージもある。

・腕組み

よく言われるのが、腕組みだ。

腕組みには、「防御」という意味がある。相手に対する警戒心がある、ということだ。

また、「話がよくわからない」、「何か気に入らない」という意味が含まれることもある。悪い意味ではなく、「よく自分で考えたい」という場合にも腕組みをすることがあるが、カジュアルな会話の中で、そのようなケースはあまりないだろう。

なので、腕組みはたいていの場合、相手に悪い印象を与える。※中にはクセで腕組みをする人もいるが(腕組みが落ち着くのでクセになっている)、そのクセは改めた方がいいだろう。

・相手との距離をとる

人には、好きな人には近づきたい、嫌いな人からは離れたい、という欲求がある。

自分が好意を持つ相手には少しでも近づきたい、逆に、自分が嫌いな相手からはできるだけ遠ざかりたい。これは極めて自然な人の感情だ。
出典:相手がとる距離で、相手の気持ちがわかります

なので、もしあなたが相手との距離をとるような仕草をすると、相手は「嫌われているのかな…」と感じる。たとえば、あなたがテーブルをはさんで異性と話をするとしよう。

もし相手が、身を乗り出すような姿勢でこちらの話を聞いてくれると、「脈があるのかな…」と感じるはずだ。逆に、椅子にもたれかかるようにして(後傾で)話を聞いているのであれば、「こちらの話に興味がないんだな」、「嫌われているのかな」と感じるはずだ。

なので、相手との距離をとろうとしてはいけない。

・顔や首をさわる

落ち着きのない感じで、顔や首をさわるのもNGだ。

緊張しているときに出やすい仕草だが、これをやると相手に「緊張しているのかな?」、「落ち着かないのかな?」と思われてしまう。自意識過剰な人であれば、相手にそう思われてしまうかもしれないと感じるだけで、テンパってしまうだろう(笑)。

また、「落ち着きのない人だな」、「繊細な人なのかな」、「自信のない人なのかな」と思われる可能性もある。いずれにしても、この仕草が相手に与える印象は、あまり良くない。※もちろん、何とも思わない人もいるが、安全をみてそう考えておく方がいいだろう。

 どんな仕草が有効なのか

どんな仕草が有効なのか…だが、何か特別な仕草があるわけではない。

比較的わかりやすく、こちらの感情を率直に反映する(NG以外の)ボディランゲージをする、ということだ。※素直さが必要かもしれない。

たとえば、相手の話に共感または肯定したいのであれば、「なるほど、そうなんですか」、「そのとおりだと思います」と深くうなづく、おもしろい話だと、表情を崩し、文字通り手を打って笑う、ということだ。※相手に伝えることを意識するといいだろう。

もちろん、わざとらしくなってはいけないが、普段の2~3割増しぐらいの感覚で行うと、これまでよりはコミュニケーションが上手くいくようになるだろう。ボディランゲージは、会話に彩(いろどり)を添えるので、結果的に会話が豊かになるのだ。

スポンサーリンク
?

 

 困ったときのボディランゲージ

困ったときのボディランゲージがある。

そのひとつは、笑顔を無理にでも作ることだ。

そんなときには、無理やりにでも笑顔をつくりましょう。本当に効果があります。
笑顔のもうひとつのメリットは、笑顔をつくれば、周囲の人のストレスも下がるということです。多くの人は、周囲の人の行動を鏡のように反映します。あなたが笑顔をつくれば、周囲も笑顔になるのです。あなたが頷けば、周囲も頷きます。
出典:コミュニケーションで得をするボディーランゲージ8つの技

以前、嫌いな人と相対するときは、意識的に笑顔を作るようにする、という女性がいたが、その対応は正しい。ネガティブな表情をすると、逆にストレスを生じさせることになるのだ。

ストレスを緩和するためには、(無理にでも)笑顔を作ることが肝要だ。

・後ろ手を組む

後ろ手を組む、という方法もある。

後ろ手を組むことが不自然ではないシチュエーションに限るが、後ろ手を組めば、胸を少し張ることになる。また、顔や首をさわる、ということもなくなる。すなわち、緊張しても、その緊張を表現するボディランゲージをしなくてすむ、ということだ。胸を張って、自分を相手にさらせば、肝も据わるだろう。緊張しがちなスピーチなどで有効ではないか、と思う。

 まとめ

今回は、会話の中でボディーランゲージを使うことについて書いた。

まずは、好ましくないボディーランゲージはやめよう。具体的には、腕を組んだり、相手を遠ざけよう、相手から離れようとする仕草のことだ。また顔や首をさわるなどの、落ち着きのない仕草も好ましくない。そして、相手にわかりやすく、こちらの感情を反映するボディーランゲージをしよう。具体的には、うなづいたり笑ったり…ということだ。そうすることで、会話がスムーズに進んだり、盛り上がったり…ということになるだろう。上手なコミュニケーションになるのだ。

今回の記事:「会話でボディーランゲージを有効に使いたい」