不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

皮肉なことに損失回避性で損をしている

損をすることが好き…という人はいないだろう。

だが、「損をしたくないので、損に対する感度を上げる…」ということにも問題がある。そうすることにより、自己に認知の歪みが生じ、行動に合理性を欠くことになるためだ。その結果、思わぬ形で損をすることになる。もともと人には損失回避性があるので、損に対する感度を上げることは不適切だろう。今回は、損失回避性で損をする、ということについて書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 人は損に痛みを感じる

人は損することに、大きな痛みを感じる。

等価の損得があっても、得よりも損の方に大きく反応するのだ

このことを「損失回避性」という。

たとえば、1万円得ることと1万円失うことを考えてみよう。

同じ金額の損得であれば、人は「損」の方により強く反応してしまうのだ。たとえば、1万円得ることと1万円失うこと…どちらが感情のブレ(方向が逆なので絶対値で考える)が大きいだろうか?
少し考えればわかるが、感情のブレが大きいのは、1万円失うことの方だ
1万円得た喜びはすぐに消化されるが、1万円損したダメージは、尾を引いてなかなか消化されないのだ。
出典:あなたが現状を変えられない理由

方向は真逆だが、どちらの感情のブレが大きいのか…と考えると、1万円失う方だ。

1万円得た喜びは比較的すぐに消化されるが、1万円損したダメージは、尾を引いてなかなか消化されない…ということがある。負ったダメージは残りやすく、回復に時間がかかるのだ

※どうしても、後に引きずってしまうのだ。

このあたりのことを本能的に理解しているせいか、次の質問に対しては…

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。
出典:ウィキペディア

Aと答え、この質問に対しては、

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

出典:ウィキペディア

Bと答える。

いずれの質問も期待値は同額であるため、どちらを選んでも同じことだ。

それにもかかわらず、選択に偏りが生じる。

質問1の場合、堅く利益を手に入れるため、選択肢Aを選ぶ…ということになるが、言い換えれば、損をすることが怖いのだ。選択肢Bを選んで0になったとき損をする…と考えるため、選択肢Aを選ぶことになるのだ。つまり、損に対し過剰反応している、ということだ。

質問2の場合は、選択肢Aを選べば確実に損をする。それが嫌で損をしない可能性のある選択肢Bを選ぶ、ということになる。実は選択肢Aを選んでも損ではないのだが(減額されているため)、全額免除と比較して、損だと思ってしまうのだろう。

・認知の歪みが生じている

このことから、認知の歪みが生じていることがわかるだろう。

ここではわかりやすく金銭の例を出したが、金銭だけの話ではない。自分の時間や労力を使って損をすることなど、自分のリソースを使うことにもいえることだ。人は損することに大きな痛みを感じ、それを回避しようとする、ということだ。そのために、合理性を失うのだ

 損失回避性で損をする

皮肉なことに、人を損を避けようとして、損をしてしまう。

損に対する感度の高さが原因になり、合理性を失うため、損をしてしまうのだ。

たとえば、先の金銭の例では、期待値が同じだったため、どちらを選んでも結果は同じだった。だが、たとえば質問1、選択肢Aの金額をこう変えたらどうだろうか。

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:90万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

この場合は期待値が変わってくるので、選択肢Bを選ぶことが正解になる

しかし、選択肢Aを選ぶ人は多いはずだ。90万が95万、98万になれば、さらにその数は増えるはずだ。期待値を計算できる人でも、99万であれば、選択肢Aを選ぶかもしれない。

この例はシンプルな例で、期待値が計算できるのでわかりやすいが、実際の事象では、期待値がよくわからない…というケースがある。そんな場合は、損失回避性で損をしていることがあるのだ。

※損失回避性に引っ張られていないか、チェックする必要がある。

 投資でよくあるパターン

その例として、投資でよくあるパターンを紹介しよう。

株式投資などで、時価が買値を上回り、利益がのったときは、その利益を失うことが怖くなる。「利益を失うこと=損」だと考え、「早く利益を確定したい」と思ってしまうのだ。そのため、些少の利益を確定するために「売る」ということになる。

逆に、時価が買値を下回り、損が出たときは、「損を確定したくない」という気持ちになる。したがって、含み損が出ても、「それは含み損で、確定損ではないから…」ということで放置し、含み損が拡大していく…ということになる。買った株などが、いわゆる「塩漬け」になってしまうのだ。このような、小さく儲けて大きく損をする取引をしていると、結局は損をしてしまう

これは、損失回避性で損をする、ということだ。

・余計なリスクをとりがちになる

損に対する感度が高いと、余計なリスクをとりがちになる。

損をしたときに感情的になり、その損を取り返そうとする気持ちが大きくなるためだ。ラスベガスに行ったときなど、ギャンブルをする機会があると思うが、損を取り返そうと熱くなっても、上手くいくことはない小さな損を取り返すため、余計なリスクを取って、さらに損を拡大する…というパターンが圧倒的に多い

一度や二度、たまたま上手く行っても、それが続く…ということはない。結局は、(浅慮で余計なリスクをとることは)非合理的な行動になるため、損をしてしまうのだ。

このことは、上で述べた株式投資などでも同様だ。

スポンサーリンク
?

 

 どの程度の歪みがあるのか

損失回避性により、どの程度の歪みが生じるのだろうか。

その歪みには、個人差があるのだろうと思う。

それを知りたければ、選択肢Aの金額を動かして、考えてみればいいと思う

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:[ ] 万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

90万なのか、95万なのか、98万なのか…または、90万以下でもOKの人もいるだろう。

※あなたが選択肢Aを選ぶ金額の下限は?

これには、そのときの懐事情など、その人が持つ純粋な損失回避性のみならず、他の要素も入ってくる。極端な例かもしれないが、生活やビジネスの資金繰りに困っており、どうしても現金が必要だという人の場合は、30万程度でもOKかもしれない。

損失回避性は、同じ人でも諸条件により変化する…ということだ。

 まとめ

今回は、損失回避性で損をする、ということについて書いてみた。

損失回避性により、自己に認知の歪みが生じ、行動に合理性を欠くことになるため、損をすることになるのだ。なので、実践的には、自分に損失回避性があることを認識し、それに(意図的に)補正をかける必要がありそうだ。※もちろん、期待値も可能であれば計算したい

今回の記事:「皮肉なことに損失回避性で損をしている」