不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

井上尚弥の強さの秘密|パンチ力だけではない井上の強さ

井上尚弥というボクシング選手をご存じだろうか。

井上尚弥の強さは本物だ。彼はボクシングという競技の枠を超えて、世界的なスターになる可能性があるし、将来的には世界ボクシング殿堂入りするぐらいの選手になる可能性がある。

ただし、そのためには、いわゆる「ガラスの拳」の問題をクリアする必要がある。

今回は、井上尚弥の強さの秘密などについて書いてみたい。

目次

これまでの実績がすごい

井上尚弥の強さは、これまでの実績が物語っている。

・アマチュア時代

アマ時代の成績は、75勝6敗。48KO・RSC。

※勝率は9割3分。6敗しているが、中には「?」の負けもあったようだ。

高校1年で国体、インターハイなど三冠を達成。高校3年で全日本アマチュア選手権などを制し、高校生初のアマチュア7冠を達成している。※それまでは、6冠が最高記録だった。

アマ時代に、前人未到の記録を達成している

※オリンピックには出場していない。アジア選手権で決勝まで進むが、世界選手権で銅メダルを取ったことのある地元の選手に判定で敗れたため、惜しくも出場を逃した。

プロ入り後

プロ四戦目で日本タイトルを獲得。

五戦目でOPBF東洋太平洋タイトルを獲得、六戦目で世界王者になり、八戦目で二階級制覇を達成。それまで159戦してダウンをしたことのないナルバエスから4度ダウンを奪いKO勝ち。プロ8戦目での二階級制覇は、ワシル・ロマチェンコの7戦目に次ぐ記録になる

その後防衛を重ね、現在まで14戦14勝(12KO)という成績だ。

※戦績などはアップデートしています。

アメリカデビューに成功

2017年9月、井上尚弥がアメリカデビューに成功した。 

ロマゴンとシーサケットがメインで、井上はセミファイナルで試合を行った。結果は、7位のアントニオ・ニエベスに6回TKO勝ち。大方の予想通りとなり、6度目の防衛に成功した。

傍目には見事な勝利だったが、長谷川穂積さんが興味深い指摘をしている。もっとパンチの強弱をつければ、連打しやすくなるし、強いパンチが活きてくる、という指摘だ。たしかに、単調になると相手が強打に慣れる、ということがあるので、この指摘は的を射ていると思う。

※パンチに強弱をつければ、さらに相手を倒しやすくなるだろう。

キャリアが長く経験値が高い

井上尚弥は6歳でボクシングを始めているので、ボクシングのキャリアが長い。

父親の指導のもと、正しい身体の使い方やボクシング技術を幼いころから学んでいる

父親の真吾さんは、小さいころから身体の使い方やボクシング技術を覚えるべき、という考え方をとっている。小さいころは基礎体力をつけ、技術は高校以上で…という考え方はとらない。

それには、子供は頭で理解する前に身体で覚えるから…という理由と、技術を覚えれば、それを大会でアウトプットすることで、上手くできれば達成感を得られるから…という理由がある。

※手続き記憶を利用する、ということだ。

井上尚弥が技術面でしっかりしているのは、この考えに基づく指導の賜物だろう。ボクシングに限らずそうだと思うが、高度な技術を自分のものにするには、長い時間がかかるのだ

井上尚弥はプロ入りした時点で、経験値の高いベテランだったのだ。

武井壮が語る井上尚弥の強さ

井上尚弥の「運動を処理するスピードの速さがケタ違い」だと評価している。

以下は、武井壮井上尚弥の強さに関するコメントと評価だ。

1秒間に何個の運動をしようかという、縦割りの区割りがすごく細かくできる選手(これは、運動の処理がすさまじく早いためにできることだ)。

他の選手が、「よし隙がある打っていこう」と考える間に、「このへんに打ってきそうだから、ここにパンチを引っ掛けて、そのあと右打って、そのあとボディ打ったら入るんじゃないかな、でもちょっと待てよ、あやしい動きしているから、どうしようかな、一旦よけて左からカウンター入れてみようか…」このぐらいは考えている。

これらのことを言葉にせずに、身体で反応して一瞬で動いている…と評価している。具志堅用高氏も、井上はボクシングを知り尽くした上で、(あれこれ考えるよりも)身体で反応し打ちに行くからパンチが当たる、と評している。

スポンサーリンク
 

普段の生活の中に秘密がある

なぜそんなことができるのか…それは、普段の生活の中に秘密がある、としている。

お父さんが授けたトレーニングメニューの中に、そのための「何か」が含まれているか、普段の生活の中に、何か早く処理しなければいけない行動が含まれているか…ということだ。

練習時間は限られている、その練習時間以外の時間に、どれだけ頭を働かせて身体を使うかによって、スポーツ選手の能力はほぼ決まるそうだ。スポーツに役立つ身体の使い方、ということだ。なので、生活の中に何か他のボクサーを上回る要素がある、と考えられるそうだ。

※以上は、武井壮井上尚弥が世界チャンピオンになる前の評価。

生活の中にボクシングがある

この想像は、当たっていると思う。普通のボクシング選手は、試合後しばらく休むそうだ。

特に世界戦などの大きな試合では、仮に試合で肉体的なダメージがなかったり、少なくても、準備~試合終了までの間、選手には大きな負担がかかる。なので、試合後はしばらく休むのだ。

だが、井上尚弥の場合は、試合の翌日に他の選手のボクシングの試合を観戦したり、二日後にロードワークをしたり、ということがあるそうだ。もちろん、誰かに強いられてそうするわけではなく、「もっと強くなりたい」という一心で、自分から自然な形で行うそうだ。

このエピソードからも、井上が普通のボクサーとは違うことがわかる。

井上尚弥のフィジカル

井上尚弥のフィジカル面はどうだろうか。

2013年にプロデビュー4戦目を控えた当時20歳の井上の体力測定を行ったところ、左手の握力は47.8kg(一般人の平均は46kg)、瞬発力を測る左右への動きは54回(一般人平均値は48回)、身体の柔軟性を測る長座前屈に至っては43cmと一般人の平均値45cmを下回っていた。唯一、体幹のみが突出して強かったが、それ以外の筋力や反射神経、動体視力などの数値は一般人とさほど変わらない普通のレベルだった。
出典:ウィキペディア

柔軟性に欠ける、というのは、かなり意外だ。

一流のスポーツ選手というのは、例外なく柔軟性に優れる…と思っていたが、間違いなのかもしれない。もしかすると、その柔軟性と引き換えに他の能力が伸びている…ということも考えられる。※トレードオフがあるかもしれない。伸びたのは(後述する)体幹の強さかもしれない

握力は平均よりやや良い程度だが、さすがに瞬発力はあるようだ。

父親の井上真吾さんは、井上尚弥のことを運動神経にはそれなりに恵まれているが、「抜群の身体能力を持つタイプではない」と評価している。ずば抜けた(肉体的な)資質はないそうだ。

反射神経や動体視力も一般人と変わらないようだ。これも意外だ。

体幹の強さに特徴がある

ただし井上尚弥の場合、体幹の強さに特徴がある。

井上家では、自家用車を押すトレーニングをしているそうだ。

ゆるい傾斜のある坂を利用し、坂の下から坂の上まで自動車を押し上げるそうだ。重い車でも、一度動き出すと、慣性の法則により、押すのが楽になってくる。その楽さを打ち消すために、車に乗っている父親がブレーキを踏むそうだ。※このブレーキのことを「愛情ブレーキ」という。

このようなトレーニングが、筋力アップ+体幹の強さにつながっているのかもしれない。

体幹の強さは、バランスを保ったり、パンチを打ち抜くために必要になる。

自分は最も注目すべきところは、アイスピックが刺さってんじゃないかと思うくらいの足腰の強さと安定感です。普通、世界戦レベルでもリゴンドーでも無い限りは大概は足がぶれたりしてバランスが崩れてる場合がかなりのボクサーでもあります。それは相手も当然、技術が半端無いので当たり前の事でもあります。しかし井上に関してはそれが全くと言っていいほど無いんですよね。

出典:ベトナム・ホーチミンでキックボクシングの普及を

井上は、足腰の強さと安定感が半端ないそうだ(足のブレやバランスの崩れがない)。

素人目でみても、「バランスがいいな…」ということは感じるが、見る人が見れば、さらに色々とわかるのだろう。このあたりも、筋力の強さとともに、体幹の強さが関係しているのだろう。

打たせずに打つディフェンス

井上尚弥は、打たせずに打つボクシングをしようとしている。

左手1本の試合の中にも進化の跡が見えたという。
「井上は、これまでステップバックを主にしたディフェンスだったが、この日は、ヘッドスリップやスウェー、ブロックなど、より相手との距離が近い中での新しいディフェンス技術を見せた」
出典:井上尚弥がまた怪物伝説。両拳を痛めながらもダウンを奪い大差V2!

打たれると、脳や身体にダメージを受けることになるためだ。

ボクシングのディフェンスは奥が深く、ウィービング、ダッキングスウェーバックブロッキング、パーリング、ステップワークなどがある。

井上尚弥の強さ・凄さは、攻防一体を具現化できることだ

左フックのところでも述べるが、スウェーでかわしてから左フックを放つ、ヘッドスリップからストレートでカウンターを入れる、という攻防一体の動きができるのだ。

※高いレベルで攻防一体の動きができる選手は、そう多くない。

スポンサーリンク
 

左フックが強い

井上尚弥の得意は、左フックだ。

「フックと同じ動き」と話す腕相撲では、利き腕の右より、左の方が強い。その持ち前のパワーをさらに生かすのが、相手の「こめかみ」を的確に捉える技術だ。「人さし指と中指の付け根を相手のテンプルにねじ込むイメージ」と話す。試合に向けたスパーリングでは、被弾したパートナーが軽い脳振とうを起こし、足をもつれさせながら倒れるシーンを何度も作った。
出典:日刊スポーツ 井上尚弥、怪物左フックでこめかみ捉えKO防衛だ

井上の場合、腕相撲は左の方が強いそうだ。

そして、「人さし指と中指の付け根を相手のテンプルにねじ込むイメージ」で打ち込む。

井上尚弥の左フックには、バリエーションがある。

いきなり打つこともあるし、バックステップで誘ってから打つこともある。また、右を意識させて打つこともある。相手のパンチをスウェーでかわしてから、そのためを利用してカウンター気味に放つ左フックもある。バリエーションが豊富であるため、相手は対応がむずかしくなるのだ。

・芸術的な左フックは練習の賜物

ちなみに、相手のパンチをスウェーでかわしてカウンター気味に放つ左フックは、練習の賜物だそうだ。普通の選手であれば、スウェーでかわすことで精一杯かもしれないが、明確なイメージをしながら練習を長時間重ねることで、あの芸術的な動きができるようになるそうだ。

攻防一体でカウンターをキレイに打てるボクサーは、質の高い練習を長時間行っているのだ。見ている方は、天才とか天性のセンスで片付けてしまいがちだが、実際はそうではないのだ。

井上尚弥のパンチ力

井上尚弥には、パンチ力がある。

ナルバエスのトレーナーが、試合後、(ナルバエスが)こんなに簡単にダウンするとは信じられない、グローブに細工をしているのではないか、とクレームをつけたエピソードが有名だ。

※鉛などを仕込んでいるのでは…と疑われた。

ナルバエス自身は、「二階級下だった選手のパンチだとは思えない」というコメントを残している。それまで159戦してダウンをしたことがなかっただけに、井上のパンチ力に驚愕したのだろう。筋力と体幹の強さにより、体重の乗った強いパンチを打てるのではないだろうか

※井上のパンチは、無駄なく相手に伝わっている。そういう工夫もしているようだ。

井上尚弥の課題が見えた試合

井上の底はまだ見えないが、課題が見えた試合はある。

・V2:カルモナ戦(1位)

3-0の判定勝ち。この戦いでは、両方の拳を痛めてしまった。

2Rで右の拳を痛め、中盤で左の拳を痛めたそうだ。

こめかみあたりを打ったパンチだったが、痛めるようなパンチには見えなかった。額をハードヒットした、というようなものではなかった。右の拳は、2Rで痛めたことを認識し、6Rで強く打てない、と思ったそうだ

出典:井上尚弥の課題が見えた日

 痛めるようなパンチには見えなかったのだが、痛めてしまった。

また、対応力の問題もあった。カルモナは井上をよく研究し、井上のいいところを消し、序盤を耐えて反攻する…という作戦を立てていたように思う。井上とカルモナには地力の差があるので、勝負は井上が勝ったが、カルモナの作戦自体はうまく当たったと思う。井上は、拳を痛めた後、左フックでKOする…というプランを立てたが、うまくいかなかったようだ。

・V3:ゴーキャットジム戦(1位)

10回KO勝ち。この試合でも、右の拳を痛めた。

ゴーキャットジムは、(井上が拳を痛めたことに)5回ぐらいに気づいたそうだ。カルモナは気づかなかったが、ゴーキャットジムは気づいている。今後は、「井上の右が少なくなった=拳を痛めた」と解釈されることになるだろう。拳の負傷を知られることは、当然不利なことだ。

また、この試合は「ディフェンス重視」で臨んだはずだが、思ったより打たれている。接近戦でパンチをもらう…というシーンや、足や上体の動きを止めたときに、不用意にパンチをもらう…というシーンがあった。試合中の集中力に、ムラがあるようにも感じた。 

井上尚弥 vs. ロマゴン

余談になるが、井上尚弥 vs. ロマゴンは、2017年末までにあるだろう。この対戦が実現すると、世界が注目するビッグマッチになるが、そう思う根拠を示したい。

ひとつは、「強い相手以外とは戦わない」というポリシーだ。

・強い相手以外とは戦わない

強い相手以外とは戦わない、というフレーズが有名だ。

このことは、井上本人の希望でジムとの契約書にも入れたそうだ。「強い相手と戦う」、「弱い相手とは戦わない」というのは、見栄やカッコをつけてそう言っているわけではない。勝てるとハッキリわかっている相手と戦うことには、1)弱い相手に勝ってもそれほど意味がない、2)選手のモチベーションなどにマイナスに働く、という理由があるためだ。

また、強すぎる相手とやっても意味がない。同等の相手かやや上の相手と戦うことに意味がある、ということだ。ただ、世界王者になると、防衛戦で自分より力の落ちる相手と戦うということがある。そのときは、その戦いに意味を持たせるために、テーマを設定して戦うことになる。

井上尚弥がS・フライ級でチャンピオンになるまでは、ロマゴンは(世界戦の実績や経験値の差などからも)強すぎる相手ということになり、戦うのは時期尚早ということだったと思う。だが現在はそうでもない。2017年末までには、このビッグマッチの対戦の機が熟すはずだ。

スポンサーリンク
 

大橋会長にはチャレンジ精神がある

井上のジムの大橋会長自身が、最強の相手と戦っている。リカルド・ロペスのことだ。

リカルド・ロペスは、アマで40戦、プロで52戦して無敗で引退した伝説の選手だ。対戦時は、大橋会長がチャンピオンで、ロペスが挑戦者という位置づけだったが、ロペスは(アマ40戦無敗+)プロ26勝無敗で、「軽量級最強」という評価を受けていた。

そのロペスを回避することができたにもかかわらず、あえて「強い選手と勝負したい」ということで、挑戦者に選んだのだ。また、強いチャンピオンである張正九と敵地で戦ったりもした。要するに、大橋会長自身が強い選手と戦いたい、という気持ちを持つチャレンジャーなのだ。

なので、井上にもロマゴンと勝負させたい、という気持ちが当然あるだろう。

バンタム級への転身が迫っている

井上尚弥には、バンタム級への転身の可能性がある。

ロマゴンは、S・フライ級に階級を上げたが、これ以上階級を上げるとは考えにくい。

井上尚弥の場合は、S・フライ級への減量も、身体の成長とともに厳しくなってきているようだ。なので、ベストパフォーマンスを求めて、数年以内にバンタム級へ転身する可能性がある。※井上本人が、2018年からバンタム級以上に階級を上げる、とコメントしているようだ。

そうなると、ロマゴンとの対戦は消滅する。

したがって、井上尚弥がS・フライ級を主戦場にしている間に、ロマゴンと戦う必要があるのだ。そう考えると、井上尚弥 vs. ロマゴンは、2017年末までに行われる可能性が高いのだ。

※ロマゴン=ローマン・ゴンザレス

ロマゴン戦は消失? ⇒ 次戦はIBF王者のアンカハスか

・ロマゴン戦は年末か(11/7/16)

井上尚弥 vs. ロマゴンが現実味を帯びてきたようだ。

やはり、2017年末を想定しているようだ。

それ以上延ばせば、年齢や疲労の蓄積によりロマゴンのパフォーマンスが落ちる可能性もあり、旬の時期を逃してしまうかもしれない。なので、いいタイミングだと思う。

この試合の前提は、それまで両者が負けない…ということだ。そして(できれば)、井上がアメリカのリングで試合をすることだ。そうすれば、世界的なビッグマッチになる可能性がある。

※9日の井上尚弥 vs. 河野公平戦の発表の席で、大橋会長が「来年に大きな試合を計画している」と述べている。これは当然、ロマゴン戦のことだ。その一戦に向けて着々と進んでいる…ということだろう。井上も河野戦を「次の大きな舞台へのステップ」と位置付けている。

・次戦の相手はアンカハスか(9/12/17)

ロマゴンがシーサケットに連敗したため、井上尚弥とロマゴンが戦う可能性はほぼなくなってしまった。井上は、17年末の次戦で統一戦を希望しているようだ。

この一戦が井上尚弥のS・フライ級での最終戦になるかもしれない。現時点で可能性が高いのはアンカハスとの一戦だが、相手がシーサケットであれば危険な戦いになりそうだ。シーサケットの硬くて強いパンチの連打、誰にも臆さない強いメンタルは脅威だ。

まとめ

上手くいけば、井上尚弥は日本ボクシング史上、最高の選手になるかもしれない。

井上尚弥の強さに、もはや疑いの余地はない。

ガラスの拳の問題を解決する必要があるが、その可能性がある…というだけでもワクワクする。もしかすると、すでにそのレベルに手をかけている状態かもしれない。2017年は、井上にとって飛躍の年になるはずだ。井上尚弥の強さを、世界に知らしめて欲しいものだ。

井上尚弥は、2017年9月にまずまずのアメリカデビューを遂げた(自己評価は70点)。ファンや関係者の評価も上々で、世界的なスターになる足がかりをつかんだとしていいだろう。

今回の記事:「井上尚弥の強さの秘密|パンチ力だけではない井上の強さ」