読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

一流と呼ばれる人のコミュニケーション術

一流と呼ばれる人がいる。

彼らのコミュニケーションは、普通の人とはやや違うようだ(彼ららしいコミュニケーション術を持っている)。一流になったから、コミュニケーションが変わったのか、もともと優れたコミュニケーションの方法を採用していたため、一流になれたのか…両方あると思うが、後者の比重が大きいと思う。今回は、一流と呼ばれる人のコミュニケーション術について書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 自慢をしない

一流と呼ばれる人は、自慢をしない。

自慢をしないし、自慢につながるような話もしない。

自分を他人に対し、大きく見せたくなることがある。
ありがちなのが、「自慢をする」ということだ。自分の学歴や職歴、所有物などを自慢する人もいれば、自分の親や家柄などを自慢する人もいる。もちろん、自分を大きく見せるための行為だ。人によく思われたい…という気持ちがあるため、自慢をしてしまうのだ。
出典:他人の目が気になる原因5つ

他方、凡庸な人は自慢をする。

「人によく思われたい」、「リスペクトされたい」という気持ちがあるためだ。

また、自分に自信のない人やダメな劣等感を持つ人は、自慢をする。自信のない度合いやダメな劣等感の度合いが大きければ大きいほど、(あらゆる手を使って)自慢をしようとしてしまう。

これは「補償」という行為だ

一流の人は、補償する必要がないから補償しない、ということがあるだろう。気持ちに余裕があるのだ。他方、一流未満の人は、一流とはギャップがあるので、補償したい…という気持ちがある。

なので、凡庸な人が自慢をしたがるのは、自然なことかもしれない。

自慢をしなければ一流になれるのか…といえば、そうではない。ただ、補償にかけるエネルギーを、他人に「自慢する」という形ではなく、自己の成長に費やすことができれば、成功する可能性が高くなると思う。※自慢は他人を不快にさせるので、人間関係においてマイナスに働く…ということもある。

自慢はしない方がいいのだ。

 あいさつをする

一流と呼ばれる人は、あいさつをキチンとする。

この「あいさつ」について、おもしろいエピソードがある。

飛行機に乗るとき、CAが搭乗口で客に対しあいさつをする。CAは、「おはようございます」、「こんにちは」とあいさつをし、搭乗する客を迎えるのだ。このときの客の反応だが、エコノミークラスなどでは、無反応の人が一番多く、CAのあいさつに反応しても、会釈か「どうも」と小声で言う程度だそうだ。わたしも、会釈か「どうも」だ(笑)。

他方、ファーストクラスの客は、CAのあいさつに対し無視する人は皆無で、必ずアイコンタクトをしながら「おはよう」、「よろしく」などと、あいさつをするそうだ。

ただこれは、客に対する扱いの軽重も大きく影響していると思う。

エコノミーとファーストクラスでは、CA1人が受け持つ客数が全く違う。エコノミーでは、客は one of them としてマスで扱われるが、ファーストではCAが、客に1対1に近い形で向き合う形になる(CAは顧客の名前や嗜好も暗記している)。この対応の差が、CAのあいさつに対する反応に表れると思うのだ。

なので、エコノミークラスで、会釈か「どうも」と小声で言う程度の人でも、ファーストを利用するようになると、キチンと声を出してあいさつするようになるだろう。※扱いの軽重や関係の濃淡が、あいさつの違いを生むことはあるのだ。

とは言え、一流と呼ばれる人は、あいさつをキチンとするのだろう。わたしはたまたまある社長とエレベーターで一緒になったことがある。その方は業界の有名人で、一流と目される人だ。私が無言で会釈をしたら、その社長は声を出してあいさつを返してくれた。私のことは知らないはずだが、キチンと声を出してあいさつしてくれたのだ。

一流の人が自分から積極的にあいさつをするのかどうかは知らないが、あいさつをされれば、それ以上にキチンと返す、ということは確かだ。あいさつの重要性を認識し、実践している、ということだ。※もはや、習慣になっているのだろうと思う。

このあたりは、真似をしたいものだ。

 ありがとうと言う

一流と呼ばれる人は、「ありがとう」と言う。

海外に行くと、よく「Thank you」というフレーズを聞く。別に一流の人ではなく普通の人でも「Thank you」という言葉を口にする。なので、「ありがとう」と「Thank you」は違うのだ。

※言葉の意味は同じでも、使う意味合いが違う。

英語では、「Thank you」の一択だが、日本語では、「どうも」、「すみません」、「ありがとう」の三択だ。そのほかにも、無言でうなずく、というボディーランゲージもある。

わたしも海外で扉を押さえてくれたときなどは、「Thank you」と言うが、日本では、「すみません」と言ってしまう。自分のために扉を押さえさせてしまって、申し訳ない…というニュアンスだ。

「ありがとう」では、距離感が近くなり不適切では…という感覚もある。

だが、一流の人は臆せず「ありがとう」と言うそうだ。「どうも」や「すみません」を選択しないようだ。自分に自信があるからだろうか(「すみません」は、やや萎縮した感じがある)。それとも、「ありがとう」が相手の承認欲求を満たす、マジックワードだと知っているからだろうか。

機会があれば、聞いてみたい(笑)。

 相手の話を聞く

一流と呼ばれる人は、相手の話を聞く力がある。

他方、凡庸な人は、相手の話を聞く力のない人が多い。

相手が白けているにもかかわらず、自分の話を「話したいから」ということで話す。そして、相手の話にはあまり関心を示さない。相手の話を聞かないため、会話のキャッチボールができない。

※会話には、相手がいることを忘れている。

スポンサーリンク
?

 

・否定をしない

そして、否定することもよくある。

相手の意見や主張を否定的にとらえ、否定するのだ。

「違う」と思ったら、その感情のまま否定してしまう。否定することで、自分の正しさを際立たせよう、という自己顕示のようなこともあるのかもしれない。未熟なコミュニケーションといえる。※相手が嫌い(相手の権威が嫌い)だから、否定する、ということもある。

一流の人は、否定しない

否定したいときでも、「そういう考え方はあるよね」と一度は肯定するのだ。そして、自分はこう思う、ということで、自分の考えを述べる。わざわざ否定することは、しないのだ。

相手の話を聞くことには、メリットがある。
ひとつは、(相手に主張に同意する・しないは別にして)相手を尊重する・承認する、というメッセージを相手に伝えることができる…ということだ。こうすることにより、相手の感情的な反発を抑えることができ、まともなコミュニケーションが成立する、ということになる。
出典:交渉術|あなたの交渉力を高める方法

一流の人には、相手を尊重する・承認する、という気持ちがある

そうすることで、仮に自分の主張が相手の主張と異なっていても、自分の主張に耳を傾けてもらえる、ということを知っている。「それを実践できる」というところが、一流たる所以だろう。

※知っていても、なかなか実践できないものだ。

・自分を3割に抑える

一流の人は、会話の中で自分を3割に抑えるそうだ。

自分が3割ということは、相手が7割ということになる。この割合を守ると、相手が「会話が楽しかった」と思うそうだ。この割合を相手からみると7:3だが、自分からみると3:7になる。

とすれば、自分は楽しくないのではないだろうか(笑)。

では、一流の人は、自分は楽しくないけれど(相手のために)我慢して会話をしているのだろうか。おそらくそうではない。一流の人は、相手が楽しむこと、気持ちよくなることを目的として会話をしているのだ。言い換えれば、相手が楽しむこと、気持ちよくなることを自分の喜びとする、ということだろう。このように、別の視点を用いて、柔軟に考えることのできる人は強い。

 まとめ

今回は、一流と呼ばれる人のコミュニケーション術について書いた。

今回の記事で述べたのは、1)自慢をしない、2)あいさつをする、3)ありがとうと言う、4)相手の話を聞く、の4つだ。言われてみれば当たり前、と感じることが多いが、結局、当たり前のことを当たり前にできるかどうか…が、一流かそうでないかを分ける分水嶺になるのだ。

当たり前のことを当たり前にできる人は、やはり強いのだ

参考文献:ファーストクラスに乗る人が大切にする51の習慣|毛利 仁美