読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

あいさつをしない部下にあいさつをさせる方法

この記事を読んでいるあなたは、あいさつにうるさい方だろう。

そして、「あいさつをしない部下に困っている…」ということではないだろうか。

あいさつをしない部下は一定の割合でいるし、彼(女)たちにあいさつをさせるためには、どうすればいいのだろうか…と頭を悩ます気持ちもよくわかる。そもそも、どうして社会人として当たり前のことができないのか…とも思うだろう。

今回は、あいさつをしない部下にあいさつをさせる方法について書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 あいさつの強要はNG

まずは、「してはいけないこと」を押さえておきたい。

あいさつをしない部下がいると、「どんな躾(しつけ)を受けてきたのか」、「あいさつぐらいキチンとしろ!」、「あいさつひとつできずに、何ができるのか…」と思うかもしれない。

そう思うと、イラッとして感情的になる。

そして、怒気を込めながら注意したくなる(笑)。昔の人であれば、その場で厳しく注意する、ということがあったかもしれない。しかし、今の時代でそうすることは不適切だ。

そんなことをしても、効果がないためだ。効果がないどころか、「うるさい上司だな…」、「おかげで気分が悪くなった」、「面倒な人だ」と煙たがられたり、嫌われたりすることになりかねない。もちろん、注意する方も嫌な気分になる。お互いに、いいことがないのだ。

・あいさつをするようにとの指示が…

上司が会議で部下たちに「あいさつをするように」と言ったことがある。

正確には、そこまで直接的な言い方はしなかったが、私はそのような主旨であると受け止めた。当時、私が所属するチームは、オフィスと作業する場所が(同じビル内ではあったが)フロア違いで離れていた。そこで、チームのメンバーは、上司がいるオフィスに立ち寄ることなく、(少しでも早く仕事に取り掛かるために)作業場に直行する、というケースが多かったのだ。

上司はそのことに苛立ちを覚えたのだろう。無視されたような気分になったのかもしれない。「一旦、オフィスに立ち寄り自分にあいさつしてから、作業場に行くように」と言いたかったと思う。わたしを含むチームのメンバーの考えは、「毎日毎日残業続きで、滅茶苦茶に忙しいのだから、あいさつだけのためにオフィスに立ち寄る時間がもったいないではないか…」というものだった。

※そのときは、普通の状態ではなく、「1分1秒が惜しい…」という状態だったのだ。

そして、上司の指示はないがしろにされたのだった。

・自分の都合だけを押し付けてもダメ

「あいさつしろ!」と、他人に自分の都合だけを押し付けてもダメだ。

そもそも人は、自分が納得できないと動かないものだ。いくら上司が言うことでも、「それは違う」、「納得できない」と思えば、面従腹背になる。そうなって困るのは、上司の方だ。

なので、相手の事情を考えず、あいさつを強要しても意味がない。

 原因を理解して対策を立てる

あいさつをしない人には、それぞれ理由がある。

その理由を理解し踏まえた上で、対策を立てればいいだろう。

あいさつをしても返さない人がいるが、その理由としては、1)合理性を取り違えている、2)人の好き嫌いが激しい、3)自己肯定感が低い、4)他人とコミュニケーションを取りたくない、などが挙げられる。

1)合理性を取り違えている、については、「お前なんかにあいさつしても無駄だよね・仕方ないよね…」と思うことだ。たとえば、他部署のよく知らない新入社員が、自分にあいさつをしてきた。そんなとき、「いやいや、オレにあいさつする必要はないから」、「オレがお前にあいさつしても意味ないし」と思うのであれば、合理性を取り違えている可能性がある。

※よく知らない新入社員のあいさつを無視する…というのは、ありがちなことだ。

2)人の好き嫌いが激しい、については、「嫌いだから無視をする」というものだ。マナーを守るということよりも、嫌いという感情が優先するため、あいさつができなくなるのだ。

3)自己肯定感が低い、については、自己肯定感が低いため、「自分があいさつをされている、ということに気づかない」ということだ。誰かが自分にあいさつをしても、「自分の後ろにいる人にあいさつをしているのだな」と解釈し無視してしまう。

4)他人とコミュニケーションを取りたくない、については、過去のできごとがトラウマになっているなどの理由で、他人とのコミュニケーションを最低限にしよう、と考えてしまうことだ。

これらの理由から、あいさつをされても、あいさつを返そうとしないのだ。

 あいさつをさせる方法

まず、部下の自己肯定感の低さが原因で、あいさつしない場合だ。

この場合は、部下の自己肯定感の低さをなんとかする必要があるだろう。具体的には、「キミには期待している」というメッセージを送り続ける、マメに気遣って声をかける、「ありがとう」と感謝する、などだろうか。

とにかく、「キミの存在自体に価値がある」ということを知らしめることだ。なかなか面倒だし、他の部下とのバランスの問題もあり、むずかしいことではあるが、そのむずかしい方程式を解くのも上司の役目だ。

・あいさつの「得」を説く

あいさつの「得」を説くことにより、あいさつをするようになる。

1)合理性を取り違えている、2)人の好き嫌いが激しい、4)他人とコミュニケーションを取りたくない、という人には、あいさつのメリットを本当の意味で理解させる、という方法が有効だ。

あいさつをすることには、大きなメリットがある。

まず、誰かとあいさつを交わすことができれば、気分が良くなる。もちろん、自分があいさつをして相手に無視されると気分が悪くなるが(笑)、そのマイナスを考えても、トータルではプラスになるのだ。そもそも、あいさつを返してくれる人の割合の方が多いし、(最初から)一定の割合で無視する人がいる、と想定していれば、「統計どおりだよね」と意に介さずにすむ。

また、セルフイメージが高くなる、ということもある。「自分はあいさつできる人間であり、無視する人に対しても大人の対応ができる人間だ…」と思えば、セルフイメージが高くなる。

このことは、大きなプラスになる。

さらに、あいさつで、人間関係が良くなる。

笑顔であいさつをする人と無表情であいさつをしない人がいれば、ほとんどの人が前者に好感を抱く。どちらかに話しかけるとすれば、当然好感を抱く前者の人になる。笑顔であいさつをする人には、話しかけやすいのだ。

もちろんどちらが良い人なのかはわからない(笑)。一見とっつきにくい人の方が良い人だった…ということはあるだろう。だが、同程度の人であれば、笑顔であいさつをする人の方が、(人間関係の点で)はるかに有利になる。社内外の人脈という点でも、こちらの方の人が優れる。会社で出世するのも、笑顔であいさつをする人の方だ。

・あいさつしない「損」を説く

あいさつの「損」を説く、という方法もある。

人には、損失回避性があるので、こちらの方が有効に働くかもしれない。

損は得の裏返しだ。あいさつしないことで、自分の気分が悪くなったり、セルフイメージが低くなったりする。「自分はあいさつひとつ満足にできない人間だ…」と思えば、セルフイメージが低くなってしまい、そのイメージが行動に反映されるようになってしまうのだ。

また、あいさつをしないことで、人に嫌われたり、無用な敵を作ることになる。当初はあまり気にならないかもしれないが、このマイナスはボディーブローのように効いてくる。「なんでこの人は自分を嫌っているのだろう…」、「妙に自分の足を引っ張る奴がいるな…」と思うときは、非礼を恨みに思っている…ということがあるのだ。

※後々あきらかになってくる。

スポンサーリンク
?

 

 自分からあいさつをする

部下にあいさつさせようと思えば、自分からあいさつすればいい。

なぜ目下のものに、自分からあいさつをしなければいけないのか…と思うかもしれないが、相手を変えるためには、自分が変わる、自分から働きかける、ということが必要になる

親子関係を考えてもそうだろう。

あいさつをする子供に育てようと思えば、親があいさつをすることが必要になる。自分があいさつをしないのに、子供にだけ「あいさつをしろ」と言っても、子供は従わないだろう。

上司にあいさつをされて、意図的にあいさつを返さない部下はいないと思うが(笑)、意図的ではなく(結果的に)無視してしまう…ということがある。あいさつをされても、「自分があいさつをされたのではない」と思ってしまうことがあるのだ。

私はこれをやってしまったことがある。

私が歩いているとき、横から突然あいさつの言葉が聞こえてきたのだが、「まさか、自分にあいさつをしているわけではないだろう…」と思い、目線すらそちらに向けることなくスルーしてしまったのだ。私はそのまま歩き続けたのだが、背中に妙な視線を感じた。そのとき、突然「これはヤバい…」と冷や汗が出た。「あの人は、自分にあいさつをしたのだ…」とわかったからだ。

このようなつまらない行き違いを防ぐためには、名前を呼ぶことが有効だ

「おはようございます」だけではなく、「○○さん、おはようございます」と言えばいい。人は自分の名前には強く反応を示す。なので、名前を呼ばれれば、必ずこちらを向くことになる。また、名前を呼ばれれば、「リスペクトされているな」と感じることもある。

名前を呼ぶことには、いいことが多いのだ。

 まとめ

今回は、あいさつをしない部下にあいさつをさせる方法について書いた。

あいさつをさせると言っても、あいさつをするよう無理強いしたところで、気持ちの良いあいさつはしないだろう。あくまでも部下が、「あいさつした方がいいよね」と自分から思い、納得して行動しないと良いあいさつにならない。なので、相手の自律性を毀損しない形で、あいさつをうながす、という手段が必要になるのだ。

一番手っ取り早いのは、自分から部下にあいさつすることだ。そのとき、名前を入れるとなおいいだろう。また、モゴモゴしている部下がいれば、「あいさつすると、気分が良くなるね」、「セルフイメージが上がって、いいことがあるよ」と、笑顔でひと声かければいいだろう。