読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

自分の潜在能力を引き出す方法4つ

あなたは、自分の能力を上手く使っているだろうか。

自分の能力を「十分に使って仕事をしている」という人もいると思うが、「十分に使っているとは言えないかも…」という人も多いと思う。私の感覚では、後者の方が多いと感じる。

今回は、自分の潜在能力を引き出す方法について書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 好き+得意な方向に伸びる

自分の「好き+得意な方向」に伸びた方がいい。

「好き」だけでもいけないし、「得意な方向」だけでもいけない。

人が幸せを感じる順番というものがある。
1)好きな仕事をして対価を十分に得る、2)好きな仕事をして必要最低限の対価を得る、3)嫌いな仕事をして対価を十分に得る、4)嫌いな仕事をして必要最低限の対価を得る。他人からみると申し分ないのに、自分では不幸せだと思っている人がいるが、そのタイプの人は3)に属する。
出典:好きこそ物の上手なれを深く読むと…

たとえば、「嫌いな仕事をして対価を十分に得る」ということは、得意な方向に伸びているとはいえるが、好きな方向に伸びているとはいえない。この場合は、「ほかにやりたいことがある」、「自分は不幸せだ」と思いながら仕事をすることになる。

逆に好きだけど得意ではない…というケースもあるだろう。このケースは、プロセスを楽しむことはできるが成果が出ない。(仕事にした場合は)成果が出ないと続けることができないので、そのうちやめてしまう…ということになる。

なので、自分の「好き+得意な方向」に伸びた方がいい。

・好き+得意な分野を見つける

といっても、「それが何なのかわからない」という人も多いだろう。そのためには、自分を知ることが必要だ。たいていの人は、自分の長所が何か…ということをなんとなく理解している。その「なんとなく」から一歩進めて(突き詰めて)考えることが大事だ。

たとえば、長所を過去の出来事とリンクしてみる。あなたも、これまでに他人からほめられた・評価された…ということがあると思う。そのときあなたは、「大したことないよ」、「ほめられるほどのものではないよ」と思ったかもしれない。だが、あなたが大したことないと思ったことが、他人に評価されるということは、その分野にあなたの才能が宿っている可能性がかなりある

なので、そこに目を付ければいいのだ。

好きかどうか…というのは、やってみればわかるだろう。好きなことであれば、時間を忘れて取り組むことができるし、そうでなければ、苦痛や悪いストレスを感じることになる。

 脳がはたらく状態にする

常に、脳がよくはたらく状態にしておきたい。

そのためにはまず、規則正しい生活をすることが大事になる。毎朝、決まった時間に起き、朝食を食べて出かける。脳が活動する時間帯に仕事をし、夜は決まった時間に寝る…ということだ。

睡眠時間は、キッチリ確保したい。

適切な睡眠時間だが、最低でも6時間程度は必要だろう。そして、7時間程度がいいとか7.5時間がいいという説もある。必要な睡眠時間には個人差があるので、ピンポイントで示すことはできない。だが、そのあたりが目安になるだろう
出典:睡眠不足を解消した方がいい大事な理由2つ

最低でも6時間程度は必要だ。

睡眠を十分とらなければ、脳のはたらきが悪くなる。具体的には、記憶の定着や整理に支障がでてしまうのだ。覚えておかなければいけないことも忘れてしまう…、思考の整理ができず頭の中がまとまらない…ということでは、自分の持つ能力を十分に活用できなくなってしまうのだ。

※私の場合は、7.5時間かな…と思っている。

・朝食を食べる

朝食をしっかりとれば、血糖値が上がり脳のはたらきがよくなる。

朝食をしっかりとっている子供は成績がいい…という話を聞いたことがないだろうか。朝食をとる子供ととらない子供の成績を比較した場合、2割程度の差が開くこともあるそうだ。

※90点と72点程度の差だろうか(かなりの差だ)。

結局は、朝食をとる・とらないで、「集中力に差が出る」ということらしい。朝食を抜くと、エネルギー不足により脳のはたらきが悪くなり、集中力を保つことができない…ということだろう。

 良いストレスを利用する

ストレスには、良いストレスと悪いストレスがある。

まず「悪いストレス」だが、たとえば、風邪やインフルエンザ、むし歯、過労や睡眠不足、その他の体調不良などによるストレス。また、自分はやりたくないのに「やらなくてはいけない」ということで、気持ちに反して取り組んだことにより生じるストレス。嫉妬や恨み、トラウマなどから生じるストレスも「悪いストレス」に該当するだろう。

一方「良いストレス」だが、シンプルに言えば、自分の成長に資するストレスのことだ。具体的には適切な目標や「悔しい」という気持ちや「自分はまだまだだ」、「自分は改善すべき問題を抱えている」と思うことがそれに当たる。ただし、後者の思いや気持ちに関するストレスについては、「それを改善しよう」という気持ちとセットになっていなければいけない。

そうでなければ、「悪いストレス」になってしまう。

・適切な目標を良いストレスにする

「適切な目標」についてもう少し細かい話をすれば、今週はこれをする、今日はこれをする、午前中はこれをする…など、スパンに応じて目標を立てることができる。また、内容自体に目標を立てることもできる。ブログでいえば、「30万PVを達成する」などがそれに当たる。

時間と内容を考慮し、現在の実力の2割増し程度(年間ベース)で目標を立てると「良いストレス」になるのではないか…と思う。もしそれが達成できない場合でも、「なぜ達成できなかったのか…」と突き詰めて考えることが、「自分の成長に資する」ということになる。

・負けず嫌いを良いストレスにする

負けず嫌いなどの感情も、良いストレスにすることができる。

古今東西、負けず嫌いの成功者はとても多い。サッカーの原口元気、ゴルフの鈴木愛、将棋の永世称号を持つ羽生善治森内俊之渡辺明などは、かなりの負けず嫌いだ。M.ジョーダンも相当の負けず嫌いだそうだ。

この人たちがなぜ成功しているのかというと、負けず嫌いを良いストレスにしているためだ。ただ「負けたくない」ということだけではなく、「なぜ負けたのだろう…」、「どうすれば勝てるのか…」ということを突き詰めて考えているのだ。「負けを改善しよう」という気持ちがセットになっているため、負けず嫌いが自分の成長に資するストレスになるのだ。

※良いストレスを、積極的に利用したい。

スポンサーリンク
?

 

 セルフイメージを高める

自分の能力を発揮するためには、セルフイメージを高めることも大事だ。

人は自分の限界を、自分で設定してしまうことがある。まわりを見ながら、「まぁ自分はこの程度だね」、「頑張ってもこれぐらいだよね…」と、ある意味悟ったようになってしまうのだ(笑)。

これは、自分の思い込みがボトルネックになる状態だ。

よく自己啓発書などに、「自分が成功するイメージを描きなさい」、「細部までリアルに思い描いてみましょう」と書いてある。成功した姿をリアルに思い描いて成功するのであれば、誰でも成功するではないか…、それで成功するのであれば、誰も苦労しない…と思ってしまうが(笑)、その真意は(私の解釈では)、思い込みによるボトルネックを壊す、セルフイメージを上げる、ということだ。

なので、それなりに意味はあるのだろうと思う。

人はセルフイメージに見合った行動をする。「まぁ自分はこの程度だね」と思い、自分の能力を過小評価すれば、それ以上の努力をしようとしなくなる。その結果、良くて現状維持で成長できなくなってしまうのだ(本当は努力しなければ、現状維持もむずかしいものだ)。

たとえれば、千円出して百円の価値しかないものを買い続けるような話で、ずいぶんともったいないことをしている。なので、自分で自分の手足を縛ったり、頭を押さえつけたりしないことだ(自分の可能性を過小評価しないことだ)。セルフイメージが低いよりは高い方がいい。そのことは、覚えておいた方がいいだろう。

※ただし、高いセルフイメージが勘違いになってはいけない。

 まとめ

今回は、自分の潜在能力を引き出す方法について書いてみた。

今回の記事で書いたのは、1)好き+得意な方向に伸びる、2)脳がはたらく状態にする、3)良いストレスを利用する、4)セルフイメージを高める、の4つだ。2番目の「脳がはたらく状態にする」は、習慣の問題だ。規則正しい生活をし、睡眠時間を十分とり、朝食をとる…というのは、日々の生活習慣の問題になる。

※悪い習慣を良い習慣に置き換えればいい。

不器用な人は、「セルフイメージを高める」ことを考えたい。(そのタイプの人は)何もしなければ萎縮しがちなので、逆の方向に働く何かをしなければいけない。それがセルフイメージを高める…ということだ。そのためには、身だしなみや立ち居振る舞いのグレードを上げてもいいし、「あいさつをする」、「約束を守る」ということを一つ一つ積み重ねて行く…ということでもいいだろう。

自分の潜在能力を引き出すべく、日々努力を続けたいものだ。