不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

人の評価を間違えないようにする方法7つ

人の評価を間違えた…ということがないだろうか。

恋愛でもビジネスでも、人の評価はつきもので、人の評価を正確にできるかどうかで人生が変わる…ということは、めずらしくないことだと思う。だが、人の評価というのはむずかしい。付き合いが深くなるにつれ、「あれ、こんな人だったのか…」ということは普通にあることだ。

今回は、人の評価を間違えないようにする方法について書いてみたい。

スポンサーリンク
 

 

 目次

 自分が嫌う人の傾向を知っておく

人の評価をフェアにするためには、自分が嫌う人の傾向を知っておいた方がいい。

単純に自分と違うから嫌うのか、相手の見た目が嫌だから嫌うのか、それとも、自分が相手から承認されないから嫌うのか、相手を妬んで嫌うのか、相手のある種の特徴(非礼、偉ぶる、無表情、自己中心的、話し過ぎる・話さないなど)に反応して嫌うのか…ということだ。

自分の「嫌う感度」が高いせいで、相手を理不尽に嫌っている…ということもある。自分が狭量であったり、協調性に欠ける方であったり、人一倍劣等感を持つタイプであれば、他人を嫌う感度は高くなる。したがって、このある種の歪みを意識的に補正する必要があるのだ。

※もちろん、好きになる人の傾向も把握しておいた方がいい。

 都合の悪い情報を軽視しない

人の評価を間違えないためには、都合の悪い情報も集めなければいけない。

そして、その情報をキチンと評価することだ。人には、「見たいものしか見ない」ということがある。確証バイアスと呼ばれるものだが、都合の悪い情報があっても、それをスルーしてしまうのだ。根拠なく「そんなことはない」と否定したり、軽視してしまう…ということだ。

たとえば、投資で買いポジションをとっているときは、買いに有利な情報ばかり見ようとする。逆に、売りポジションをとっているときは、売りに有利な情報ばかり見ようとする。そのときの自分の都合により、インプットする情報を主観でえり好みしてしまう…ということだ。

※都合の悪い情報もしっかり評価する、という態度が必要だ。

 ルックスや属性を過大評価しない

人の評価を間違えないためには、ルックスや属性を過大評価しないことが大事だ。

わたしたちは、人を評価する際、どうしてもルックスや属性に引っ張られがちになる。イケメンで身なりもイケていると、「できる人ではないか」と思ってしまう。学歴や勤務先、役職を伝えると、それまでとは相手の見る目が変わった…という経験をしたことのある人もいるだろう。もちろん、変わらない、もしくは悪く変わることもあるが(笑)。

・ハロー効果(後光効果)に注意する

言い換えれば、ハロー効果(後光効果)に注意する、ということだ。

ハローとは、hello ではなく、halo(後光)のことだ。ハロー効果とは、目立つ特徴(自分が重要だと思う特徴)に引きずられて、他の特徴に関する評価が歪められる…という現象のことを指す。たとえば、学歴を重視する人であれば、すばらしい学歴を持つ人を見て、この人はコミュニケーション能力も高く、仕事もできると思い込んでしまう、ということだ。

※評価が単純で簡単にできるので、やりがちになってしまう。

 信頼できるパターンを持つ

人の評価を間違えないために、信頼できるパターンを持っておきたい。

たとえば、以前の記事でも書いたが、できる人は靴がキレイ、できない人は靴が汚い、というものがある。その靴が高級かどうかではなく、手入れが行き届いているかどうか…という問題だ。「足元まで気が回る=できる人」ということだろう。これは、比較的信頼できる指標とされる。

また、会話をするときに人の目を全く見ようとしない人、表情や笑顔が全くない人、会話において否定から入りがちな人、人の話を聴こうとしない人などは、コミュニケーション能力に問題がある、としていいだろう。このあたりのパターンは、定番的なもので比較的信頼できる。

※パターンを組み合わせて使えば、より信頼性が高くなる。

 悪いところばかり見ない

他人の悪いところが目につく、ということがある。

その人に好意を持っていれば、悪いところをスルーする、ということになりがちだが、フラットかやや悪い印象を持っていれば、悪いところが目についてしまう。後者のやや悪い印象を持っている場合は、その悪い印象の裏付けを求める、ということがあるのかもしれない。

それを発見し、「それみたことか、自分の印象は正しかった」ということにしたいのだ。また、人は損失に敏感に反応する、というところがあるので、欠点を問題にしやすいのかもしれない。加点主義よりも減点主義で相手を評価する…という人は、結構多いのだろうと思う。

※なので、このバイアスを補正する必要がある。

 自分との比較で考えすぎない

他人の評価をする際に、自分との比較で考えてしまうことがある。

これは、対比誤差と呼ばれるものだ。自分との比較で評価するために、相手の評価が不当に高くなったり低くなったりする可能性がある。自分が得意な分野では、相手の評価が低くなり、苦手な分野では、相手の評価が高くなる、ということになりやすい。

自分が得意な分野では、「こんなことも知らないのか」、「こんなこともできないのか」となりやすく、苦手な分野では、「ほぉ~そんなこともできるんだね」、「すごいね」となりやすい。たとえば、自分の「話す」コミュ力が低ければ、上手に話すことのできる人を高く評価し、自分の「書く」コミュ力が低ければ、上手な文章を書ける人を高く評価する、ということになる。

※自分のできないことをサラッとできる人を、高く評価しがちなのだ。

 見る目に自信があるとしない

自分は人を見る目に自信がある、とはしない方がいいだろう(笑)。

先に述べた信頼できるパターンをたくさん持っており、適切に組み合わせて使うことができる、ということであれば、比較的人を見る目がある、としてもいいのかもしれない。

だが、そうできる人は多くないし、これまで書いてきた様々なバイアスのことを考えると、もう少し謙虚になった方がいいだろう。バイアスのことを知っていても、バイアスにはまる…ということは普通にあることなのだ(笑)。人を見る目に自信がないので、バイアスを回避しながら慎重に評価する…ぐらいの方が、正確な評価につながるだろう。

スポンサーリンク
 

 

 まとめ

今回は、人の評価を間違えないようにする方法について書いてみた。

今回の記事で書いたのは、1)自分が嫌う人の傾向を知っておく、2)都合の悪い情報を軽視しない、3)ルックスや属性を過大評価しない(ハロー効果(後光効果)に注意する)、4)信頼できるパターンを持つ、5)悪いところばかり見ない、6)自分との比較で考えすぎない、7)人を見る目に自信があるとしない、の7つだ。6番目の「自分との比較で考えること」は、よくあることだ。

比較という手がかりがあった方が、簡単に評価できるためだ。自分のできないことをサラッとできる人を、「すごい」と高く評価することはよくあることだ。だが、好き嫌いやリソースのかけかたの違いが結果の違いに結びついているだけで、すごいと思いすぎない方がいいだろう(笑)。

今回の記事:「人の評価を間違えないようにする方法7つ」