不器用な生き方をやめたい

人の心理や特徴を踏まえて合理的に行動したい

器の大きい人の特徴8つ

器の大きい人になりたい、ということがないだろうか。

このタイプの人には、他者に寛容でおうよう・おおらか、というイメージがある。どっしり構えて人の話にじっくり耳を傾ける、というイメージがある。いずれにしても、好印象だろう。

今回は、器の大きい人の特徴について書いてみたい。

目次

器が大きいとは

器の大きい人

器が大きいという意味から考えてみよう。

器の大きい人のイメージは…

重要度の低い些末なことを気にしない、自分の感情を上手に管理できる、他者に寛容である、おおらかである、安心感・安定感がある、言い訳をしない、人のせいにしない…だろうか。

他者に求められるタイプの人であると思う。

 

器の大きい人の特徴は

つまらないことをしない

まず、つまらないことをしない、ということがある。

つまらないこととは、たとえば、人の悪口・陰口を言う、人の失敗を執拗に責める、言い訳をする、人のせいにする、責任逃れをする、感情的になり他者の人格を貶める…ということだ。

都合が悪くなると仁義を切らずさっさと逃げる、ということもそうだ。

スポンサーリンク
 

 

挑戦に伴う失敗を容認する

器の大きい人は、(基本的には)自分および他者の失敗を容認する。

失敗にもいろいろあって、以前と同じ失敗、不用意な失敗、であれば失望する。

※その結果、軽々には容認しないこともある。

だが、チャレンジした結果の失敗であれば、喜んで容認する。人は失敗するものだし、失敗は成功するために必要だ、ということがわかっているためだ。やさしいから容認するわけではない。

他者を許すことができる

誰にも一人や二人「許せない人」がいるだろう。

自分の人格や尊厳を精神的、肉体的に傷つけた人、自分をいいように利用し踏み台にした人、使い捨てにした人…そのときのことを思い出すと、とても嫌な気分になるし、そんな人たちが、自分に対し謝罪も何もなくのうのうと生活している…と思うと、さらに嫌な気分になる
出典:どうしても許せない人を許す方法6つ

これが普通の感情だ。器の大きい人にもそういう感情はある。

ではなぜ許せるのかというと、ひとつは「今現在最も大事なことは何か」という思考ができるためだ。それが自分の健康や人生である、と思えば、相手の未熟さを考えたり、統計的に処理してみたり、時効にしてみたり…などの認知的な手段を用い、過去の染み抜きをすることができる。

このタイプの人は、よく考えているしクレバーだと思う。

聞く耳を持っている

器の大きい人は、聞く耳を持っている。

器の小さい人は、自分の仕事に口を出されたり、自分のことについてあれこれ言われると、「そんなことは聞きたくない…」となるが、器の大きい人は、どんな話でも聞く耳を持っている。何かあれば話してください、わたしはいつでも聞きますよ…という(好ましい)態度をとる。

自分にとって嫌な話を聞けるかどうか…というところがポイントだ。

感情をコントロールできる

器の大きい人は、感情をコントロールできる。

なので、感情的になって声を荒げたり…ということはしない。

以前、これは怒って当然だろう…というシーンで、冷静に話をした人がいた。その人は、他者の失敗により損害を受けていたのだが、「ここで怒っても仕方がない。相手のモチベーションを下げることになるので怒らない」としたようだ。感情を抑えて理性を優先させた…ということだ。

※こういうときは、冷静に自分の気持ちを伝えることが得策だ。

清濁併せ呑むことができる

このタイプの人は、清濁併せ呑むことができる。

先に、器の大きい人は失敗を容認する、聞く耳を持つ、としたが、失敗を容認したり人の話を聞いて理解しようと思えば、人の弱い部分や影の部分についても理解し、認める必要があるのだ。

きれいごとだけでは済まない、ということだ。

たとえば、あなたが会社の上の立場で誰かを厚遇すれば、ほかの人には嫉妬心が芽生えるかもしれない。嫉妬から政治的な動きをする人がいるかもしれない。こういう感情にも理解が必要だ。

素直で柔軟性がある

器の大きい人は、素直で柔軟性がある。

素直だから、人の話をよく聞ける、耳の痛い話でも聞ける、ということがある。

素直さや柔軟さというのは、育った過程で自然に身に付けることができるものだが、大人になってから身に付けることもできる。素直さ柔軟さのメリットを自分の頭で理解&納得すればいい。

そうすれば、そちらの方向に自分の舵をとることができる。

ストレスは悪くない…と考える

このタイプの人は、ストレスは悪くない…と考える。

人は安定性を求めたくなるものかもしれないが、不安定さゆえに大小の軋轢があり、それがストレスの種になっても、悪くない、OKだ…と考える。それにより鍛えられる、ぐらいの心持ちだ。

※知ってか知らずか、ストレスに対し「チャレンジ反応」というものを選択している。

ストレスを感じると、血圧や心拍数が上がり、身体が硬くなり緊張するが、やる気も出る…という反応のことだ。この反応は自分で選択することができ、そうすると、パフォーマンスが上がる。

※そうすると、最高のパフォーマンスを発揮することができる。

スポンサーリンク
 

 

器の大きい人の特徴 - サマリー

まとめ

今回は、器の大きい人の特徴について書いてみた。

今回の記事で書いたのは、1)つまらないことをしない、2)挑戦に伴う失敗を容認する、3)他者を許すことができる、4)聞く耳を持っている、5)感情をコントロールできる、6)清濁併せ呑むことができる、7)素直で柔軟性がある、8)ストレスは悪くない…と考える、の8つだ。

このほかにも、自分の非を認めることができる、という特徴もある。

育つ過程で自然に器が大きくなった、という人もいるだろうが、自己努力により器を大きくした、という人もいるだろう。すべての特徴の根底にあるのが、「今現在自分にとって何が最も重要なのか」ということを考え、言動を選んでいる、ということだ。この点は真似したいものだ。

今回の記事:「器の大きい人の特徴8つ」