不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

美人なのにモテない・アプローチされない理由7つ

美人なのにモテない人がいますね。

美人というのは大きな武器ですが、それだけの武器があってもモテない場合があります。「いやいや美人であればモテるはず!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。美人という特長を相殺してしまうような要素があれば、美人なのにモテない、ということになります。

また、結婚のことを考えると、「美しい」だけでは不十分です。

と言うより、結婚にはもっと大事な要素があります。「美しさ」は必ず衰えるものなので、若いうちはそれで欠点をカバーできても、だんだんとそうはいかなくなります。そう考えると美しさというのは、期間限定の武器なんですね。このことには、早めに気づいた方がいいと思います。

今回は、美人なのにモテない理由を書いてみます。

目次

無駄にプライドが高い

プライドの高く美人なのにモテない女性

美人なのにモテない女性の中には、プライドの高い女性がいます。

このタイプの人は、美意識が高く、身だしなみは完璧に整えています。なので、見た目は申し分ありません。ただ、性格が悪いというか、やさしくないというか…人当たりが悪いんですね。

自分のまわりに一線を引いて、「自分が認めた男以外は入ってくるな!」というオーラを出しています。話すときも(意中の男性以外の場合は)人の目を見て話そうとしません。人として、残念なタイプの人です。なので、周囲の人からは、「あの人はちょっと…」と思われています

※相手に敬意を払うということが、できない人です。

スペックにこだわる

このタイプの人には、男性のスペックにこだわる、という特徴があります。

プライドの高い女性は、自分が他人からどう見られるのか…ということを気にします。ここでいう他人とは、自分と同ランク以上だと思う他人のことです。自分より下だと思う他人については、歯牙にもかけません。低ランクの人にどう思われようが、平気なのです(笑)。

なので、低スペックの男性とくっつく…ということはありません。それにより、自分の評価が下がってしまう、負けてしまう…と思うからです。プライドが傷ついてしまうのです。

※このタイプの人は、勝ち負けで判断しがちです。

疑り深く警戒心を丸出しにする

美人なのにモテない人の中には、疑り深く警戒心を丸出しにする人がいます。

よく知らない男性を、警戒するのは大切なことです。しかし、「あなたを警戒していますよ」というメッセージを、あからさまに出してはいけません。

人は自分を警戒している人や疑っている人に対しては、心を開きません。心を開かないどころか、その態度を不快にすら感じるでしょう。逆の立場に立って考えれば、わかると思います。

コミュニケーション能力の高い人は、自分の負の感情を上手に隠したり、加工したりします。それだけ、相手の感情に配慮しているということです。気配りをしている、ということです。

警戒することと、それを表現することは別物です

笑顔がない

美人なのにモテない女性には、笑顔のないタイプが多いような気がします。

これまで述べた、無駄にプライドの高いタイプや疑り深いタイプの人は、笑顔を見せません。前者は、「何であなたに笑顔を見せなければいけないの」と思っていそうで、怖いです(笑)。

後者は、相手を警戒しているので、笑顔は出ないでしょう。これら以外のタイプの女性でも、笑顔をほとんど見せない…という人がいます。どういう理由なのかわかりませんが、笑顔を見せないとはっきり「損」になります。笑顔のない美人よりも、笑顔のある普通の人の方が勝ります。

スポンサーリンク
 

頭もいいスーパーウーマンタイプである

頭が良くて仕事もできる、スーパーウーマンタイプの女性がいます。

一般に、男性は自分より頭の良い女性を好みません。記憶力も論理的な思考力も自分より上では、意思決定の場面で自分の出る幕がありません。社会的な地位や年収も女性の方が高い場合、男性は「ちょっとないな…」と考えるかもしません。自尊心を維持することが難しくなるからです。

※男性は、つまらないプライドを持っています(笑)。

「自分より頭の悪い男性や、年収の低い男性からモテても意味なし!」と思う女性にとっては、ちょうどいいかもしれませんね…。しかし、相手を見つけるのは困難だと思います。

ちなみに、ずば抜けて頭のいい女性は、自分より頭の悪い男性と結婚するケースが多いそうです。それには、興味深い理由がありますが、その理由を考えてみるといいでしょう。

男性の友達が多くサバサバしている

男性の友達が多い女性がいます。サバけているタイプの女性ですね。

同性にも好かれるタイプです。女子力を押し出すような女性よりも、サバけた女性は同性に好かれます。裏を返せば、美人なのにモテない、ということになります(友達としてはモテます)。

※同性に好かれるのは、ライバル視されないからでしょうか。

男性はある意味単純ですから、女子力をちらつかせている女性に惹かれるんですね(笑)。女性からは評判の悪い女性が、なぜか男性にはモテる…ということは、よくありますね(笑)。

男性はサバサバ女子を、異性は異性ですが、男性サイドに寄った異性ととらえます。男性からみると、美人であっても、恋愛対象になりにくい…ということですね。

美人ゆえにアプローチされない

美人ゆえにアプローチされないこともあります。

人は傷つくのが嫌いです。「傷つくのが嫌なので、自分から告白をしない…」という男性が増えている、とも聞きます。相手が美人であれば、はなから自分は相手にされないだろう…なので、アプローチもしない。そう男性が考えても、不思議はありません。

※男性が気後れする状態です。

女性にも同様のことがあると思います。相手がイケメンでハイスペックの男性であれば、「ちょっと自分とは釣り合わないのでやめておこう…」ということがあると思います。「手に入らないものは、最初から欲しいとは思わない」ということです。

美人は、「すっぱい葡萄」ということですね。

そのほかの「美人なのにモテない理由」

そのほかにも、美人なのにモテない理由があります。

美人と付き合うと金銭的に大変そうだ…四六時中ほかの男からのアプローチを心配しないといけないのではないか…すぐに振られるんじゃないか…などの考えが、頭をよぎるわけです。

ほかの男性からのアプローチが気になって仕方がない…というのは、精神的に相当苦しいです。付き合って苦しくなるぐらいだったら、最初からやめておこうとなります。苦しいことや面倒なことが好きな人は、あまりいませんよね。※「面倒だ」と思えば、アプローチをやめます。

スポンサーリンク
 

まとめ

今回は、美人なのにモテない理由を挙げてみました。

今回の記事で述べた美人なのにモテない理由は、1)無駄にプライドが高い、2)スペックにこだわる、3)疑り深く警戒心を丸出しにする、4)笑顔がない、5)頭もいいスーパーウーマンタイプである、6)男性の友達が多くサバけている、7)美人ゆえにモテない、の7つです。

個人の負の特徴が複数あります。無駄にプライドが高い、疑り深い、笑顔がない、がそれに当たります。ここはほかの要素より、(モテないという)結果に与える影響が大きいと思います。

したがって、ここを改善すれば、モテるようになるはずです。美人の女性は、経済力のある男性同様、基本的にはモテます。大きなアドバンテージを持っている…ということですね。

それにもかかわらず、モテないとすれば、「プライドが高い」などの個人の負の特徴に原因があるのかもしれません。該当する人は、自分を見つめなおした方がいいかもしれません。

今回の記事:「美人なのにモテない・アプローチされない理由7つ」