不器用な生き方をやめたい

人の心理や特徴を踏まえて合理的に行動したい

コミュ障を改善する

上手な話の聞き方とは…嫌われる会話行動を潰す

上手に人の話を聞きたい、というニーズがあると思う。 話の聞き方が、コミュニケーションの成否に大きくかかわってくるためだ。 上手に人の話を聞くことは、案外むずかしい。仮に、その聞き方を(知識として)知っていたとしても、実践するのはむずかしい。…

攻撃的な人の心理と特徴8つ

一定の割合で、攻撃的な人がいる。 ちょっとしたことで、鉾(ほこ)を相手に向ける人がいる。 そんな人を見ると、どうしてそんなに攻撃的になる必要があるのか、攻撃的になっても、人に嫌われるだけでしょ、人間関係もコミュニケーションも上手く行かなくな…

共感の仕方を深く考える

共感の仕方について、考えることがないだろうか。 共感を上手く使えば、コミュニケーションが上手く行き、人間関係も良くなる…と思うためだ。 たいていの人は共感を求めているため、こちらが共感を与えれば、相手はいい気持ちになる。また、相手の立場から考…

スピーチの緊張対策5つ – 震えや緊張を克服する

スピーチをする前に、緊張対策を講じておきたい。 特に、過度に緊張しやすい…という人は、しっかり対策を講じておく必要がある。 ある程度の緊張は必要なのだが、過度に緊張すると、口元や声が震えたり足が震えたり…と、緊張が表にあらわれてくるし、思考も…

語先後礼の読み方や使い方など

語先後礼というものをご存じだろうか。 ビジネスマナーとして教えてもらった、という人がいるかもしれない。 この言葉を知らない人でも、言葉を発し終わった後に頭を下げた方がいいのか、言葉と同時に頭を下げた方がいいのか、それとも中間ぐらいがいいのだ…

いい声の出し方6つ – 声で印象を変える

声について考えることがないだろうか。 私生活でもビジネスでも、いい声を出すことができれば得するような気がする。 人はいい声に好印象を持つためだ。なので、普段から悪い声を出している人は、不当に損をしているかもしれない。悪い印象を持たれたり、軽…

繊細な人と相性がいい人と悪い人がいる

割合は少ないが、繊細な人がいる。 身近にいれば、「余計な気を遣わされる」、「面倒な人だな…」と思う人もいるだろうし、そんな人が気になる…という人もいるだろう。このタイプの人はどんな人と相性がいいのだろうか。 今回は、繊細な人と相性がいい人と悪…

目上の人の話は聞いておいた方がいい

あなたは、目上の人の話を聞く方だろうか。 かなり上の人とはできるだけコミュニケーションを避ける、という人もいると思う。 おじさんやおばさんの昔話や自慢話は聞きたくないし、上から目線的な話も聞きたくない…という気持ちはよくわかる。だが、目上の人…

好かれたい心理はわかるけど…そう思わない方がいい

人に好かれたい、という心理がないだろうか。 人に嫌われるよりは好かれた方がいい。当たり前のことだ。 だが、人に好かれたいがために、わざわざ特別な言動を選ぶ、ということであれば違うだろう。 もちろん、一般的に好印象だ…とされる言動を選ぶことはい…

友達が少ない人の特徴9つ – 悪いことではない

友達の少ない人がいるだろう。 そのタイプの人には、「友達が少ないのは恥ずかしいことだ」とか、「自分はダメな奴ではないか…」という思いがあるかもしれない。子供のころから「友達は多い方がいい」という考え方にふれており、なんとなく正しい考え方だな……

声が小さい人の心理8つ – 嫌い?イライラする?

声の小さい人がいる。 声が小さくても発音が明瞭であればいいが、そうでないと二重苦になる。 このタイプの人は、相手に嫌われたりイライラされる…ということがある。声の小さい人からすれば、控えめにしているのになぜ…という思いかもしれないが、実際には…

感じがいい人の特徴8つ – いい感じには理由がある

感じのいい人がいる。 よくも悪くもなく普通だ…という人が一番多いと思うが、中にはそういう人がいる。 感じのいい人は得をするし、成功しやすくなるだろう。多くの人が頭を悩ます人間関係が上手くいきやすいためだ。ただし、感じよくして傷つくこともあるの…

早口で話す人の心理と特徴8つ|頭の回転は関係ある?

早口で話す人がいる。 このタイプの人に対する印象は2つに分かれる。 頭の回転が速い、などのポジティブな印象と、自分が話すことは好きだけれど、人の話を聞けないのではないか…、聞き手のことをあまり考えない人ではないか…というネガティブな印象だ。自…

スピーチのコツ|緊張を克服する

スピーチをする際、最初に克服すべきは「過度な緊張」だろう。 過度に緊張すると、極端な守りの姿勢に入り、蚊の鳴くような声になったり、聞き手をまともに見ることができず、視線を下に落としたままボソボソ話す…ということになりかねない。スピーチの最中…

無口な人の心理と特徴9つ - 苦手で嫌い?仲良くなりたい?

無口な人にあまりいいイメージはないと思う。 たとえば、不機嫌な印象、怒っているように見える、何を考えているのかわからない、話すべきときに十分話さないのは、相手に対し失礼だ…という感じだ。無口な人はやや不機嫌そうに見えるので、「言いたいことが…

人の顔と名前を覚えるコツ

人の顔と名前が覚えられない…ということがある。 会社に入ったとき、人の顔と名前を覚えるのに苦労した…という記憶がないだろうか。学校でもそういうことがあるだろう。覚えるのが得意な人は、さっさと要領よく覚えてしまうのだが、苦手な人はぐずぐずと時間…

アウトプット力を高める方法6つ

アウトプット力を高めたい、ということがあると思う。 そうすれば、成果につながるためだ。 ブログであれば、そうすることで、記事の質や量が上がる、という結果になる。ひいては、執筆者の影響力が大きくなるだろう。プレゼンやスピーチでも、(説得力が増…

イライラさせる人の特徴9つ

学校にも会社にも、他人をイライラさせる人がいる。 このタイプの人は、他者と良好な人間関係を築けなくなり、人間関係の広がりもかなり限定される。よって、自身の影響力も拡大することができない。なかなかしんどい人生になり、自分に対しイライラする、と…

アサーション権を行使してもう少し楽に生きる

アサーションという言葉を耳にしたことがあると思う。 コミュニケーションに関する話題のとき、よく登場する言葉だ。アサーティブな表現、会話、コミュニケーション、などとして出てくることがよくある。これに権利の権をつけて、アサーション権がどうの…と…

社交的になりたい…と思う必要はない

もっと社交的になりたい…と思うことがあるかもしれない。 社交的になれば、人と出会う機会が多くなり、チャンスをつかめる確率が上がるだろう。 社交的な人には、明るく元気である、わかりやすい、という特徴がある。表情も豊かなので、人に好かれやすくなる…

対人関係が苦手な人の心理と特徴7つ

対人関係が苦手な人がいる。 というより、わたしも含めてそう思っている人の方が多いだろう。 ある調査では、7割弱の人がそう思っている、とのことだ。なので、そう思っている人は、自分は多数派に属する、と考えた方がよさそうだ。あとは程度の問題、とい…

余計なことを言う人の心理と特徴7つ

余計なことを言う人がいる。 そういう人にその種のことを言われると、何でわざわざそんなことを言うのだろう…と思う。 何か含むところがあるのか、とも思う。だが自分の過去の言動を振り返ってみると、余計なことを言ったことはある。自分が気付いていないだ…

頭が真っ白になる状態を避ける方法5つ

頭が真っ白になることがある。 これは、自分が感じるストレスの値が閾値を超えてしまい、もはや自分をコントロールすることができない…という状態のことだ。 こういう状態になると、身体が機能停止に近い状態になり、短時間でパフォーマンスが著しく落ちてし…

挨拶したい人へ…挨拶する方法5つ

挨拶したいけれどできない…という人がいると思う。 そういう人は、誰とでも明るく挨拶を交わす人を見て、羨ましく思うはずだ。 だが、挨拶することに生得的な才能が必要なわけではない。挨拶に対する論理を構築することや認知を変えることで、誰でも同じよう…

ノンバーバルコミュニケーションの例5つ

ノンバーバルコミュニケーションという言葉を聞いたことがあると思う。 わたしたちは、誰かとコミュニケーションをとるとき、あまり意識していないが言語と非言語を用いてそうしている。両者は車の両輪のようなもので、双方のバランスがとれていなければ効果…

相槌の効果を高める方法4つ

会話では、相槌を効果的に使いたい。 そうすることで、相槌の効果を享受できるようになるためだ。 コミュニケーション下手な人は、相槌を上手く使うことができない。無駄なプライドを持つ人の中には、相槌はつまらない、何で自分が打たなければいけないのか…

アイコンタクトの意味と目を合わせる心理

あなたは気軽に他人とアイコンタクトする方だろうか。 そうであれば、外向的でコミュニケーション能力が高い人だろう。 友達や知り合いも多いのではないだろうか。というのは、それが人間関係の起点になる行動であるからだ。起点を多く作れば、そこから関係…

聞き方のコツ6つ|これで会話が上手くいく

話の聞き方にはコツのようなものがある。それは、聞き方の手筋と言ってもいいかもしれない。 人の話を上手く聞けない、という人は、このコツを知らないか、知っていても実践できない、ということだろう。知識としてコツを知っていても、実践できない…という…

ディスられた時の対処法6つ

誰かにディスられる…ということがあるだろう。 何らかの関係性のある身近な人にディスられる、ということが普通だと思うが、ネットを通じてアウトプットしていれば、見ず知らずの人にディスられる、ということもあるだろう。 そうされると気持ちが沈む。こう…

もっと上手く共感する…共感力を高める方法がある

他人に上手く共感したい、と思うことがないだろうか。 他者に共感できれば、他者とのコミュニケーションが上手く行き良い関係を築くことができる。 また、他人の言動を理不尽だと感じ腹が立つ、他人の言動を理解することができなくてイライラする、というこ…