読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

世の中は生存バイアスでできている

生存バイアスという言葉をご存じだろうか。

実は世の中にあふれている情報というのは、生存バイアスがかかったものが多い。語れるのは生存者だけであり、それ以外のものは、語るチャンスさえない( or 著しく限られる)ためだ。

※敗者が語っても関心を持ってもらえない…ということもある。

今回は、生存バイアスについて書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 生存バイアスとは

生存バイアスは、生存者バイアスと呼ばれることもある。

生存バイアスとは、脱落したもの、淘汰されたものを評価することなく、生き残ったもののみを評価する…というバイアスのことだ。敗者を無視し、勝者のみを評価する偏り、としてもいいだろう。※そのため、その偏った評価に基づく判断は間違いになりやすい。

たとえば、公に体罰を肯定する成功者がいるとしよう。

※成功者の話は、メディアにのりやすい。

その人は、自らの体験から「体罰は必要だ」という主張をするだろう。

自分は体罰があったからこそ、道を誤らずにすんだ、精神的に強くなった、などとし、子供に対し愛情があれば、時には手をあげても構わない、そのとき子供が(体罰の意味を)わからなくても、あとで必ず理解してくれる…と言うかもしれない。

もし、公にこのような主張をする人(成功者)が多ければ、実際に体罰を受けて嫌な思いをした人以外は、「そんなものかな」と思い、体罰を肯定する方向に気持ちが動くかもしれない。

体罰により人生を狂わされた人の話が、考慮されていないためだ

体罰の場合は、世の中の流れやそれを否定する成功者もいるので、実際にはこのようなことはないと思うが、もし体罰を肯定する成功者が多ければ、そうなってしまうだろう。

・生き残った人のデータでは?

営業活動を有利に運ぶための恣意的なデータがある。

たとえば株式やFXを売り込む際の、顧客の声やデータなどが典型的です。証券会社やFX会社は、マーケティングのツールとして、たとえば3年以上利用している顧客の平均リターンの数字を示すかもしれません。その数字はおそらく、初心者には魅力的な数字と映るでしょう。
出典:ホントにそんなにうまくいく?――生存バイアスの罠

3年以上利用している、という点が肝だ。

投資の場合、損を出して3年以内に撤退する…という人が一定の割合で存在する。得した場合はほとんど撤退しないので、損をして撤退する人と得をして撤退する人が同じ割合だとは考えにくい。

したがって、これは生き残った人のデータ、ということになるのだ。

・歴史にもバイアスがかかっている

我々が学ぶ歴史にも、バイアスがかかっている。

歴史上の勝者が、自分たちに有利な歴史を残すためだ。よく死人に口なしというが、歴史上の敗者が歴史を残すことは困難だ。仮に残せたとしても、歴史のメインストリームにくることはない。

※影響力が小さいためだ。

このことについては、当然認識されている。したがって、勝者でも敗者でもない第三者が語る歴史などにより、バイアスを修正しようとする試みがなされるのだろうと思う。

 勝者に注目する心理

われわれには、勝者に注目する心理がある。

勝者を称賛し、勝者の言葉を重く、ありがたく受け止めるが、敗者は(ある意味)なかったかのように扱われ、敗者の言葉を重く、ありがたく受け止めようとする人は少ないと思う。

※このことが、生存バイアスの後押しをすることになっている。

著名な経営者が書いた本はベストセラーになるが、失敗した経営者は、本を書く機会さえ与えられない。例外的に失敗本を書く経営者がいるが、その場合でも、後に成功しているから書けるのだ。

本当に失敗して、その後ジリ貧で終わる人の言葉は世に出ない。

 敗者のことを考える

ここからは、生存バイアスに嵌らないための対策を書いてみたい。

まずは、脱落したもの、淘汰されたものについて考える、ということだ。たとえば、オリンピックのひとりのメダリストの背後には、決勝で敗れたもの、予選で敗れたもの、国内の選考の試合で敗れたもの、その前の段階の試合で敗れたもの…無数の敗者がいるのだ。(メディアによる特集などがなければ)目に入るのは、せいぜいオリンピックの予選で敗れたものぐらいまでだ。

※ちなみに、それを伝えるキャスターなどにも、同様の構図がある。

その敗者のことに思いをはせれば、生存バイアスを補正できるかもしれない。

 期待値を求める

ざっくりでもいいので、期待値を求めたい。

たとえば、先に株式やFXなどの投資の例を挙げたが、ある個人がFXで長期間安定的に利益を上げることがあるにしても、全体が長期間安定的に利益を上げる、ということはありえない。

FXは、ゼロサム(またはマイナスサム)になるためだ。

※期待値は、ゼロかマイナスになる。

このことが計算できていれば、FXの投資家全体が長期間安定的に利益を上げる、というデータには、「生存バイアスがかかっているのでは…」と思うことができるだろう。

大体でも期待値がわかれば、大きく判断を間違うことはないのだ

※生存バイアスの罠に落ちることがなくなる。

スポンサーリンク
?

 

 自分の頭で考える

生存バイアスの存在を理解して、よく自分の頭で考えたい。

わたしたちがメディアを通じて受けとる情報というのは、淘汰された後の情報なのだ。

したがって、淘汰された部分は自分の頭で補うしかない。

上でも書いたが、成功者の言葉は重く、ありがたく受け止めがちだ。成功者の言葉が自分の考えを代弁するようなものであれば、「わが意を得たり」とばかりうれしくなるが、それが正しいとは限らない。また、成功者の方法論やアドバイスが正しいのかどうか、成功者のやり方が自分に合うかどうかもわからない

わたしもよく記事の中で、成功者のコメントなどを引用することがあるが(笑)、それを頭から絶対的に正しいものだとはせず、自分の頭でよく考えてみることだ。

※本質を見極める、ということも大事だと思う。

 聞く耳を持つことは大事

同時に、素直に聞く耳を持つ態度も必要だ。

素直な人は、人の話をインプットとして(自分に)取り込むことができる。人の話を自身の成長の糧にすることができる、と言ってもいいだろう(非常に効率がいいのだ)。これが素直な人が伸びる理由のひとつだ。
出典:会社で伸びる人の特徴!共通点があります

成功者の言葉であっても、それが正しいかどうかはわからない。

だからと言って、「聞く耳を持たなくてもいい…」ということではない。

彼らの言葉は、インプットとして素直に取り込みたい。ただ、それを鵜呑みにせず、自分の頭で考えることが必要だ。そして、その人の特徴とマッチした部分や特化した部分ではなく、汎用性のある本質の部分を抽出して、自分用にカスタマイズすればいいのではないかと思う

それが、「糧にする」ということだろう。

 まとめ

世の中は、生存バイアスで満ち溢れている。

影響力の強い人(勝者)が発する言葉や情報が、伝わりやすくなるためだ。なので、ぼんやりしていると、それが正しいのかな…と思ってしまう。このバイアスを正すために、わたしたちは、期待値を求めたり、自分の頭でよく考えたり、本質を見極める…という作業をしなければいけないのだ。

今回の記事:「世の中は生存バイアスでできている」