読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

会社で言い訳をしない方がいい理由

ビジネス・自己啓発

あなたは、言い訳をする方だろうか。

私生活やビジネスシーンにおいて、「言い訳」はしない方がいいとされる。ではなぜ、「言い訳」をしない方がいいのだろうか?たしかに、人の言い訳を聞くのは気分が良くない。だが、言い訳をしたくなるシチュエーションがあることもたしかだし、思わずしてしまうこともあるだろう。

今回は、言い訳について、少し掘り下げて考えてみたいと思う。

スポンサーリンク
?

 

 「言い訳」は人をイラッとさせる

「言い訳」をすることにより、人をイラッとさせる、ということがある。

先日も注意したら、「いや、違います」とはじめに言われ、つらつらと言い訳を始めました。ほかの人も、「先輩の言うことをや注意された事を良く逆らって言えるよね」と言ってます。
出典:注意されても言い訳から始める人は

自分に非がありながら、「自分には非がない」として、あれこれ言い訳されると、(言い訳をされた方は)イラッとしたり、うんざりしてしまうのだ。

たとえば、あなたの指示で動いた部下や後輩が失敗し、「指示がはっきりしなかったので…」と言い訳をしだすと、「指示したオレのせいかよ」と思って、イラッとする。「指示がはっきりしないと思ったのであれば、そのときちゃんと聞けよ」と思うはずだ。

要は、(人は)他人や環境に責任を転嫁する姿勢に対し、「潔くない」と感じ、イラッとするのだ。責任感のなさや逃げの姿勢を感じて、イラッとすることもある

・そのとき相手はどんな顔をしたのか?

これまでに、あなたもつい言い訳をしてしまった…ということがあるはずだ。

そのときの相手の表情を思い出してほしい。「なんだかな~」という顔をしていたり(そのときは、言い訳をするなよ…と思っている)、表情を曇らせていたり、相手が上司などの場合は、厳しい表情をしていたはずだ。「言い訳」は人をイラッとさせる、と覚えておいた方がいいだろう

 自分本位の思考になっている

言い訳する人は、自分本位の思考になっている。

言い訳をするときは、自分本位の思考になって、自分以外の責任を必死で探そうとしてしまう。自分の感情にのめり込み過ぎて、客観的に物事を評価できなくなっている。ある意味、冷静な状態ではないのだ。※感情的になり、認知の歪みが生じている状態…としてもいいだろう。

ではなぜ、自分本位の思考になってしまうのか?だが、それにはいくつか理由がある。

・責任を取りたくない

まず、「責任を取りたくない」という気持ちがある。

何か失敗をやらかしたときは、(多くの場合)いくつかの原因がある。原因がひとつで、それが自分の言動であれば、あきらめもつくが、自分の言動以外の原因がある場合は、「自分だけのせいではない」、「自分だけが責任を負わされることは、フェアではない」と感じるのだ。

「その気持ちはわかる」という人は、多いのではないだろうか。特に、社内的な地位が低かったり、声が小さいと、責任を押し付けられることがある。自分の権限や非が小さくても、(失敗した場合に限り)責任だけは大きくなっていたりするのだ(笑)。※不条理だが、現実はそんなものだ。

・批判や非難を受けるのが嫌

批判や非難を受けるのが嫌、という心理になる。

自分に関することであれば、的を射た批判でも、耳が痛いものだ。耳を塞いで、「聞きたくない」と思ってしまう。※耳の痛いことでも真摯に聞ける、という人はそう多くない。

ましてや、自分の非は小さいと思っていることについて、それ以上の批判や非難を受けることはどうしても避けたい、「不当な批判を避けたい」と思うことは、ごく自然なことなのだ。ただし、客観的にみて不当かどうかはわからない。自分がそう思っているだけかもしれない。

・謝るのが嫌

謝るのが嫌という人もいる。

謝ることは、自分の間違いを認めることになるので、「自分の間違いを認めたくない」という心理が働くのだ。謝るのが嫌という人は、負けず嫌いの人に多いような気がする。謝ったら損、謝ったら負け、謝ったら自分の評価が落ちる、と考えているのだ。※「謝ること=潔い」という思考がない。

スポンサーリンク
?

 

 自分を傷つけることになる

言い訳する人にも、それなりの理由はある。中には共感できる理由もある。

しかし、考えておかなければいけないことがある。

それは、言い訳をすることにより、相手にどんな影響を与えるのか…ということだ。また、それにより、まわりからどのように評価されるのか…ということだ。

言い訳をすれば、相手は良い顔をしない。これは上で述べた通りだ。言い訳をすれば(その内容がどうあれ)、まわりから、「言い訳がましい人だな」と思われてしまう可能性が高い。「言い訳がましい人」に良い意味はない。※正当な言い訳であっても、まわりはそこまでわからない。

・信頼を失う

責任を逃れるために言い訳をすると、信頼を失う。

自分に非があるにもかかわらず、(自分を守るために)「自分は悪くない」という姿勢を取っていると、まわりからの信頼を失ってしまうのだ。会社など、チームで仕事をしているときに、まわりから信頼を失うということは、致命的なことだ。信頼を失うと、人も仕事も離れていく。信頼できない人と一緒に仕事をしたくないし、信頼できない人に仕事を任せることもできないからだ。

言い訳をしがちな人は、言い訳をすることには大きなリスクが伴うということを、十分に理解しておいた方がいいだろう。言い訳をして自分を守るつもりでも、実は自分を傷つけていることになるのだ

 まとめ

今回は、会社で言い訳をしない方がいい理由について書いた。

言い訳をしたい気持ちはよくわかるが、その際は、自分本位の思考になっていないか、相手をイラッとさせるのではないか、相手にどんな影響を与えるのか、自分を傷つけることにならないか…と考えることだ。不要なプライドだけで、言い訳をするとデメリットの方が大きくなる。

言い訳というのは、人がしているのを見ると嫌な気持ちになるが、自分ではしたくなるものだ。なので、この感情の矛盾のようなものに引きずられてはいけない。仕事でもプライベートでも、基本、「言い訳はNG」としておいた方がいいだろう。