読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

ハロウィーンは「ハロウィン」だと思えば腹が立たない

日本の「ハロウィン」に対して、不快に感じている人が結構いるようだ。

その不快になる気持ちを理解することはできるのだが、不快になっても仕方がないとも思う。ここでは、どうすれば「ハロウィン」を不快に感じなくなるのか、その方法について書いてみたい。

※こんなことで不快になっても損だと思う(笑)。

スポンサーリンク
?

 

 「ハロウィーン」のイメージ

ハロウィーンといえば、このようなイメージだ。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある
出典:ウィキペディア

たとえば、アメリカでは、ハロウィーンのシーズンになると、カボチャの中身をくりぬいて、ハロウィーンのお化け(?)の顔を模したモノを、家の庭に飾ったりしている光景をよく見かける。また、子どもたちが仮装するイベントとしてもよく知られている。

※子供が仮装してお菓子をもらうイメージだ。

Children go in costume from house to house, asking for treats such as candy or sometimes money, with the question, "Trick or treat?" The word "trick" refers to "threat" to perform mischief on the homeowners or their property if no treat is given.
出典:WIKIPEDIA

Trick or treat?」というやつだ。「Treat」というのは、キャンディや(時には)小銭を意味するそうだ。「Trick」というのは、ここではある種の「脅迫」としている。つまり、「キャンディをくれないと、不幸になるよ(だからキャンディちょうだい)」というニュアンスだ。もちろん、本気でそういっているわけではなく、お約束のセリフだ。

この「Trick or treat?」には、(想像だが)1)子どもたちが仮装をして楽しむ、2)子どもたちが近所の人たちとコミュニケーションをとる、という目的があるのではなないか…と思う。「ハロウィーン」は、どちらかといえば、ほほえましいイメージだ。

※子供たちのイベントなのだろう。

 日本のハロウィン

では、日本のハロウィンはどうだろうか。

日本のハロウィンは、2010年前後ぐらいから盛り上がってきたそうだ。たしかに10年前は、今日のような盛り上がりはなかったように思う。5年前でもたいしたことがなかったはずだ。※ただし、今現在は、盛り上がっているのは大都市だけ、という気がしないでもないが…

そのうち、地方にも波及するのだろうか?

特に20代の成人による仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが定着した
出典:ウィキペディア

その「ハロウィン」の内容だが、本家のハロウィーンとは異なり、成人が仮装やコスプレを楽しむイベントになっている。※本家とは違い、20代の成人がメインだそうだ。

その経済効果はたいしたもので、

2014年のハロウィンの経済効果は1100億円に上り、バレンタインデーの1080億円、ホワイトデーの730億円を抜き去って、すでに6740億円のクリスマスに次ぐビッグイベントとなった
出典:ウィキペディア

すでに、商業的にはクリスマスに次ぐビッグイベントになっているそうだ。

(特に日本のハロウィンは)ツイッターなどのSNSにのりやすいイベントであるため、短期間で急速に広がった…という背景もあるのだろうと思う。いつの間に…という感じではある。

 日本のハロウィンに対する批判

日本のハロウィンに対しては、批判が結構ある。

いろいろな批判があるのだが、本質的な批判は、オリジナルを理解&リスペクトしているのか?ということだ。※ゴミがどうとかという批判は、本質から外れるのでおいておく。

西川貴教さん がツイートしたように、

「本来ハロウィンというのは小さな子供たちが仮装をするものであり、大人たちが仮装して我が物顔で歩き回るものではない」

出典:ウィキペディア

こう考えるのは自然なことだと思う。ハロウィーンというのは、先に述べたように、子どもたちの微笑ましいイベントなのだ。もう一度いうが、「本家を理解&リスペクトしているのか?」ということだ。※結果的には、そうなっていないのだろう。

 ローカライズされて当然

その批判に対する反論もある。

他国の文化は(輸入されて広がるとき)ローカライズされて当然というものだ。

外国にしかない独特のお寿司。寿司は日本の文化。しかし文化は海外に伝わればローカライズされて当然。
出典:メディアとオッサン達によるハロウィン叩きが始まった

この方は「カリフォルニアロール」 とプロ野球の応援の例をひいて説明されている。

プロ野球の鳴り物の応援については、日本では賛否両論あり(否の方が優勢?)、鳴り物を禁止する球場が増えているはずだが、基本的にはアメリカ人がその鳴り物の応援をみて、不快になることはないだろう。また、「カリフォルニアロール」を提供する店舗やそれを食べるアメリカ人をみて、不快になる日本人もあまりいないだろう。少しはいるかもしれないが(笑)。

なので、文化のローカライズをお互い許容しているともいえる。

 ただし、名称を変えることが条件になる

ただし、「許容」には条件がある。それは名称を変えるということだ。

カリフォルニアロール」の例では、「カリフォルニア」という固有名詞を名前に入れて、固有のモノにしている。日本の野球は、ベースボールではなく、あくまでも「野球」だ。特に、昭和の時代の狭く泥臭い球場+鳴り物の応援は「野球」文化そのものだ。※輸入された当初は(そのまま)「ベースボール」だったようだが、その後「野球」になったようだ。

名称をオリジナルから変更すれば、「オリジナルとは違いますよ」ということになる。

・Judoの話

たとえば、日本には「柔道」というものがある。スポーツではあるが、武道であり、日本の文化といってもいいだろう。柔道は世界のどこでも、「Judo」と呼ばれる。※名称変更がない。

柔道には「礼に始まり礼に終わる」という精神があるが、もし日本の柔道が他国でローカライズされて、この精神がないがしろにされたら…「礼」をせずに試合を始めたり、「礼」をせずに試合を終了したら、少なくとも柔道関係者は不快に感じるだろう。それは柔道ではない、と思うはずだ。

それは、(ローカライズした人たちが)柔道を理解していないし、リスペクトしていないと感じるからだ。余談だが、国際大会でのカラー柔道着の導入の際も、日本の柔道関係者は不快に感じたらしい。

当時会場にいた講道館国際部長の安部一郎は「ひとめ見ていやーな予感がした」としていた
出典:ウィキペディア

それは、名称が「Judo」だからだ。もし、「柔道」が他国でローカライズされたときに名称が変わり、「Iodo」だとか「Kodo」であれば、(柔道に対するリスペクトがなくても)日本の関係者は何とも思わないはずだ。柔道とは違うものだと認識するためだ。

スポンサーリンク
?

 

 結論

日本の「ハロウィン」をハロウィーンだと思うから不快に感じるのだ。

ハロウィーンではなく、「ハロウィン」だと思えばいいのだ。ハロウィーンが日本に輸入されて広がる過程で、「ハロウィン」というモノに名称変更され、ローカライズされたと考えればいいのだ。※実際、ハロウィーンではなく、「ハロウィン」とする報道も多い。

もともと、ハロウィンなんてモノはない。正しくはハロウィーンだ。

Halloween(hæ̀ləwíːn)


英単語 Halloween 発音と読み方 - YouTube

したがって、このロジックに問題はない(笑)。現在の「ハロウィン」を不快に感じている人は、このロジックで、オリジナルを理解&リスペクトしているのか?という疑問や憤りを回避できるはずだ。「ハロウィン」は、子供が主役のほほえましいハロウィーンとは別物なのだ。

多少こじつけでも、考え方を変えれば、腹を立てることもなくなるのだ(笑)。