読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

会話が続かない…をすぐに何とかする方法6つ

会話が続かない…と感じることがないだろうか。

誰と話しても会話が続かない…と悩んでいる人がいれば、慣れている人とは会話できるけれど、初対面の人とは会話が続かない…という人もいるだろう。さらに、同性だと大丈夫だけれど、異性とは会話が続かない…という人もいると思う(男性に多いのではないだろうか)。

今回は、「会話が続かない」を何とかする方法について書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 自分のテンポで話す

会話が続かない…と悩む人は、自分のテンポで話ができない。

相手の話に適当な返しが思いつかないと、焦ってしまう。焦って頭を回転させようとするけれど、焦りがあるのでなかなか上手くいかない。ようやく返しを思いついたときには、やや時間が経っており、返しのタイミングとしてはズレている。なので、「今から返してもな…」と感じ、口をつぐんでしまうことになる。

これでは、会話を続けることができない。

テンポよく当意即妙で返す人は、コミュニケーション能力が高い。そんな人に憧れる気持ちはわかるが、自分と比較して自分を卑下する必要はない。「返しのテンポが遅い」ということも、味になり得る。ズレが面白味になるのだ。会話のテンポが遅い人は、それを味にすることを目指した方がいい。

そのためには、臆さず自分のテンポで話をすることだ。 「返しのタイミングとしてはズレている…」と思っても、「何も話さないよりはマシ」と考えて、口にしてみよう

そうすると、その独特の間が持ち味になるだろう。

 意味のないことでも口に出す

会話が続かない人の中には、「意味のないことを話したくない…」という人がいる。

オチがないと話せない…という人もいるだろう。だが、オチまで考えた上でないと話せない、意味のないことを話したくない・内容のあることだけを話したい…と考えていると、会話は続かない。

また、「この話を広げてもつまらないだろう…」とか、「この話を広げても、すぐに行き詰まるしおもしろくない」と先回りして、会話を続けようとしない…ということもある。

・相手との共同作業だと考える

このタイプの人は、会話を相手との共同作業だと考えた方がいい。

会話は、自分が意図したとおりに進んでいくものではない。相手と絡み合いながら、話が思わぬ方向へ進む…ということも普通にあることだ。なので、オチがないと話せない…と考えることはない。オチを思いつかなくても、相手がオトしてくれるかもしれないし、「この話はオチがないんだけどね…」と自分でオトすこともできる。

また、自分が意味がないと思うことを話しても、相手が意味付けしてくれるかもしれない。また、相手による意味付けがなくても、意味のあることを考えるための時間稼ぎをすることができる。

なので、意味がないと思うことでも口にしてみればいいのだ。

 相手の言葉に前向きに反応する

会話が続かない人の中には、相手の言葉を冷淡に受け取る人がいる。

会話を相手との共同作業だと考えていないためだ。「意味のないことを話したくない…」と思うと同時に、相手から「意味のない話も聞きたくない」、「内容のない話も聞きたくない」と思うのだ。

なので、相手の話がつまらないと思うと、話さなくなってしまう。ひどい場合は、自分の時間を無駄にしているので、早く会話を打ち切りたい…と思うこともある。これで会話が弾めば奇跡だ(笑)。

・相手の言葉にポジティブに反応する

なので、会話を続けたいのであれば、相手の言葉にポジティブに反応したい。そのためには、先に述べたように、会話を相手との共同作業だと考え、相手の話にオチがなければ、自分がオチをつけようと考えてみる。「意味がないな…」と思えば、意味付けをしてみる

※いろいろな角度から考えてみればいい。

 質問をしてみる

会話を続けたければ、質問をすればいい。

質問は、「相手に話してもらう」ということだ。人は基本的に自分語りが好きだ。初対面などで相手を警戒しているときはその限りではないが、そうでない場合は、自分のことを話したいものだ。

※異性との会話などで、緊張で話せない…というケースはある。

なので質問で相手の話を引き出す、ということが有効になる。相手の話を引き出すことができれば、相手の情報を得られる、ということだ。その情報はフックとして、頭の中に入れておく。フックを起点にして話を広げる、ということは可能だ。

※その後の会話で、いつでも引っ掛けられるようにしておく。

・質問されたら質問を返す

相手に質問されたら、同じ質問を相手に返す。

相手がなぜその質問をするかというと、相手の関心がそこにあるためだ。もし相手が「何かスポーツはされますか?」と質問するのであれば、相手はスポーツに興味がある。なので、同じ質問を相手に返せば、いろいろな話が出てくる可能性がある

※聞いてもらいたいから質問することもある。

よく、天気や季節、暑さ寒さの話題で質問したりするが、それは相手も興味がある(と思う)と同時に、自分も多少なりとも興味があるためだ。全く興味がなければ、そんな話はしないだろう。

 会話のNG行為をやめる

会話を続けるためには、会話のNG行為をやめる必要がある。

話がわからないのに、わかったフリをすることがないだろうか。わかったフリとは、(相手の話がわからないのに)相手の話にうなづいたりすることだが、相手の話がわかっていないので、うなづく以上の反応ができない。※聞こえていないのに、聞こえたフリをすることもある。

勘のいい相手であれば、「この人は今の話を理解していない」と感じるだろう。その場合、相手が話す気をなくすこともある。話を聞かない相手に話しても仕方がない…と思うのだ。

・逆接の接続詞を使わない

逆接の接続詞を使うと、会話は続かない。

逆接の接続詞とは、「でも」、「だけど」、「しかし」だ。

逆接の接続詞(から続く言葉)は、会話のスパイスになり得るし、別の視点/観点から事象をとらえる助けにもなるが、あくまでも「スパイス」だ。スパイスをかけすぎると、料理がおいしくなくなってしまうことは自明だ。
出典:会話が続かない人の特徴5つ

逆接の接続詞は、スパイスだと考えればいいだろう。

スパイスが料理の味を引き立てる、ということがある。しかしそれは、適量であれば…ということだ。また、スパイスが苦手だ…という人もいる。そんな人にスパイスをすすめてもダメなのだ。

・ひと言返し

質問に対するひと言返しもやめた方がいい。

質問にはひと言で返せるものがある(クローズド・クエスチョン)。「~が好きですか」と聞かれて、「はい、好きです」とだけ答えることは可能だ。だが、それでは会話が終わってしまう。

一瞬で話題が消費されてしまうので、もったいない話だ(笑)。

それが好きな理由であったり、食べ物であれば食べる頻度であったり場所であったり、どんなときに食べるのか…という話もできるだろう。派生的な話をしようと思えば、結構できるのだ。

※なので、する気があるかどうかの問題になる。

スポンサーリンク
?

 

 話そうという姿勢を持つ

会話を続けたければ、相手と話そうという姿勢を持つことが大事だ。

この姿勢は必ず相手に伝わる。たとえば、テーブルをはさんだ1対1の対面トークの場合、相手が自分と話したいのかそうではないのか、相手の雰囲気からなんとなくわかるものだ。

質問に対する表情やリアクションからもわかるが、それ以外でも、相手が引き気味で距離を取ろうとしている感じであれば、「あまり話したくない」、相手が乗り出し気味であれば、「話したい」という相手の気持ちが察知できる。

この人は自分とはあまり話したくないのだな…と思えば、おのずから会話を続けようとは思わない。(本当は緊張から話せなくても)相手の誤解でそう思われてしまっても、会話は続かないだろう。いずれにしても、相手と話そうという姿勢を持たなければ、会話が続くはずもないのだ。

・導入ネタを準備しておく

会話の導入ネタを、準備しておくといいだろう。

誰もが多少は興味を持つような、かんたんな話題で十分だ。

「今日は暑い」、「今日は寒い」、「今日は天気が悪い」などのネタで十分だ。多くの人が関心を持つようなニュースネタがあれば、その話をしてもいいだろう。たとえば、不倫ネタであれば、そこから「不倫についてどう思う」みたいな話に落とし込むことも可能だ。

 まとめ

今回は、会話が続かないを何とかする方法について書いてみた。

今回の記事で書いたのは、1)自分のテンポで話す、2)意味のないことでも口に出す、3)相手の言葉に前向きに反応する、4)質問をしてみる、5)会話のNG行為をやめる、6)話そうという姿勢を持つ、の6つだ。会話は、相手との共同作業だと考えた方がいい。

共同作業である以上、相手と息を合わせていいものを作り上げようとする姿勢が大事だ。相手にその姿勢がない場合でも、「こりゃダメだ…」と突き放すのではなく、ある程度粘ってみたい。

そうすることで、コミュニケーション能力が上がるのだと思う。