不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

人脈の広げ方|人脈が作れないのには理由がある

人脈を広げたい…と思う人は多いと思います。

この記事にも、人脈の広げ方はないか…ということでアクセスされたのではないでしょうか。人脈の大切さについては、あらためて述べる必要はないでしょう。人脈のある人とない人の差は、時間がたつにつれてジワジワと広がっていきます。ボディーブローのように効く、と考えてもいいでしょう。人脈は「無形の財産」だと思います。今回は、人脈について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 人脈と目に見える財産には相関がある

目に見える財産を築くことに熱心な人でも、人脈を軽視する人はたくさんいます。

特に若いころは、人の助けを借りなくても、自分の力で成功することができる…と思ってしまいますが、「自分の力だけで成功することはない…」ということが、そのうちわかってきます。

人脈を軽視すれば、成功することはむずかしくなるし、目に見える財産も築くことができないのですが、(未熟なときは)このあたりの関係性がわかっていないのかもしれません。もしくは、わかっていてもできないか…です。後者のパターンも、結構あると思います。

※人脈と有形財産には関連があります。

 人脈は景気と関係のない無形の財産

人脈は、無形の財産です。

この財産の優れた点は、景気に左右されないということです。

景気が減速すれば、目減りする資産は結構ありますよね?

たとえば、株(投資信託なども含む)、不動産など。金(きん)はやや性格が違いますが、景気の減速により価値が目減りすることがあります。会社との雇用関係など(正社員という身分は無形資産とも考えられる)もそうかもしれませんね。※リストラで失う可能性がある。

人脈の場合は、景気に左右されるということはほとんどありません。なので、ヘッジする役割を持たすことができます。たとえば、不景気で会社をリストラされた…でも、知り合いの助けを借りて別の会社に再就職することができた。これは、人脈でヘッジできた例ではないでしょうか。

※人脈は、景気などに左右されない確かな財産です。

 あなた自身が他の人から見て人脈になり得ない

人脈が広がらない…と嘆く人は、このことを考えてみてください。

自分自身が他の人から見た場合、人脈になり得ない…ということがあります。

他人から見て、自分は人脈にカウントされるのだろうか…このことを考えてみたことはありますか?「人脈が作れない」と嘆く人には、このことを真剣に考えない人が多いように思います。悪く言えば、他人を利用することを考えているため、自分が利用されることは想定していないのです。

※自分を利用してほしい…という気持ちがありますか?

まずは、「相手が何をしてくれるのか?」よりも、「自分は相手に対し何ができるのか?」を考えた方がいいと思います。自分がまず(他人から見て)良い人脈にならないと、人脈を作ることはできない、ということです。誰しも「強み」はありますので、そこに注目することですね。

※エゴイストは、人脈を築くことができません。

 人に助けを求めることができない

人に助けを求めることのできない人は、人脈を築くことができません。

何でも自分の力でやろうとする人がいます。

他人に頼らず自分でやる、といえばカッコいいのですが、このタイプの人は大成しません。なぜなら、何かを成し遂げようとするためには、他人の力を借りることが必要になるからです。

この種の人は、自力でなんでもやろうとするために、人脈の価値を無意識に軽く考えてしまいます。また、中途半端に能力があるため、何でもそこそこできてしまうんですね…(笑)。

なので、人脈の必要性をあまり感じないのかもしれません。

さらに、プライドが高かったり、気が弱かったりで、人に助けを求めることができない人もいます。こういう人は現実を見た方がいいと思います。「成功者」と呼ばれる人は、必ず助け合いをしています。彼らが属する社会の「助け合いの輪」の中に入っているということです

彼らにとって助け合うことは、食事をすることぐらい当たり前のことです。

スポンサーリンク
?

 

 人として信頼されていない

人として信頼されない人も、人脈を築くことはできません。

時間に遅れたり、口先だけで約束を守らなかったり…ネガティブ思考だったり、妙なプライドを持っていたり、人を無視したり…仕事では、自分の利益のことばかり考えていませんか?

あなたも、そんな人と付き合いたくありませんよね?要は、人として他人から信頼されていないということです。※人のことはよく見えても、自分のことになると見えなくなります。

信頼されていない人が、ある日突然信頼される人になることはできませんので、時間をかけて改善していくほか道がありません。まずは、マイナスだと思われる部分を直すことです。上記の例では、時間を守る、約束を守る、ネガティブな言葉を発しない、自分からあいさつする…。そうすれば、いつの間にか「あの人(いい方向に)変わったね」と言われるようになるでしょう。

この場合は、善い言動を習慣にして積み重ねるしかありません。

※少なからず、時間が必要になります。

 人脈の広げ方のまとめ

人脈を広げることができない…という場合は、理由があります。

新しく人脈を作りたくていろいろ動いているのに作れない・広がらない…という人は、人として信頼されていないのか、(現状では)あなた自身が他の人から見て人脈になり得る何かを持っていない、ということです。

自分を他人目線で見て、(自分と)交友したいか評価してみましょう。「交友したい」と思うのであれば、人脈を作ることができるでしょう。もし「それほどでもないな」、「交友したくないな」と思うのであれば、なぜそう思うのか、その理由を突き詰めて考えてみましょう。

※そうすると、改善すべき点がみえてくるはずです。

相手が望むものを持っていても、上手く表現できていない、という場合もあります。その場合は、相手に伝わっていない…ということですので、相手に伝える方法を考えた方がいいでしょう。

※その場合は、自分をプレゼンする能力を磨きましょう。

逆接的になりますが、(この記事で述べたような)人脈を作る・広げることができない理由を潰せば、新たな人脈ができ、人脈は広がると思います。※わが身を振り返ることが大事です。

自分が人から求められるような人になる、ということですね。

※人脈は、結果としてできるものかもしれませんね。