不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

自分に自信がない|~ができれば自信がつくは誤り

~ができれば、本当に自信がつくのだろうか?

自分に自信のない人で、○○ができるようになれば自信がつく、と考える人がいる。これは、今は自分に自信がないけれど、自分の努力または他人のチカラを借りて、自分の目指す状態になれば、自信を得ることができる、自信を持つことができる、という意味だ。

※そうなってはじめて、自信を持てる…ということ。

スポンサーリンク
?

 

自信がつくは本当か?

前者の例(自分の努力がベース)は、たとえば「ブログを書くこと」で説明できる。

ブログを書き始める前の段階では、「自分の書いたものを読む人がいるのだろうか?」、「自分の書いたものに価値があるのだろうか?」などの思いが頭をめぐる。これは、自信のない状態だ。

※私もそうだったが、多くの人がそんな思いに囚われるだろう。

自信のない状態からブログを書き始めるが…

それでも日々ブログを書いていくうちに、ブログを書くスキルが上がってきた、最初はゼロに近かったアクセスが少しずつ増えてきた、スターやブクマがつく、SNSで拡散されることが出てきた…などの小さな「成功体験」を重ねることで、少しずつ自信が培(つちか)われていく。

後者の例(他人のチカラがベース)は、たとえば「美容整形」だ。そこまで行かなくても、「歯列矯正」などでもいい。自身のコンプレックスを解消することにより自信を得る、という理屈だ。

私はどちらのケースも否定はしないが、「そう単純な話でもないよ」と考えている。自信を得たはいいけれど、得た自信を、「本当に維持できるのか?」という問題があるからだ。

以下、理由を詳しく述べる。

 順応の問題がある

人はいいことにもそうでないことにも慣れてしまう。

ただ、恐ろしいのは嬉しい出来事が続くと嬉しい出来事に慣れてしまうことです。嬉しい出来事がいつの間にか「当たり前」になってしまうのです。これは嬉しい出来事のインフレ化だと思います
出典:http://shukuzawa.com/blog/archives/2014/07/post-2832.html

努力を積み重ねて目指す学校・会社に入ることができた。確かにそのときはうれしい。

小躍りするぐらいの気持ちかもしれない。しかしその気持ちは続かない。意中の人と付き合うことができた、結婚できた、子どもができたなど、うれしいイベント(成功体験)があっても、その時感じる気持ちがずっと続くことはない。その状況に慣れて当たり前になってしまうからだ。

この現象は、感情の「平均への回帰」だと思っている。

失恋などで気持ちが深く傷ついても、時間の経過で癒されるというのはこの現象だろう。もし、失恋直後の気持ちが将来までずっと続く…というのであれば、人生お先真っ暗になってしまう。そう考えると、「慣れ」というのはカラダの防衛反応のようなものかもしれない。

※人にはどんなことにも慣れる、という特徴がある。

・自信を維持することはむずかしい

先の「美容整形」や「歯列矯正」の例でも同じである。

施術によりコンプレックスがなくなった、これで自分に自信が持てる…と当初は考えると思う。事実、自信を持つだろう。問題はその自信をずっと保てるかどうかだ。その状態が当たり前になってしまった後、(慣れを乗り越えて)当初の「獲得した自信」を維持できるのだろうか?

もしかすると、そのうち別のコンプレックスが気になり始め、以前のように悩むかもしれない。そうなってしまうと、元の木阿弥に近いのではないか?せっかく得た自身も霧散してしまうのではないか…一度獲得した自信が、そのまま続けばいいが、あまり期待できないと思う。

※新たに獲得した自信を維持することは、思うよりむずかしいのだ。

スポンサーリンク
?

 

 高原状態の問題がある

「学習高原」というものがある。

学習時間をどれだけ延長しても学習効果が殆ど上がらなくなる現象を『高原現象(plateau phenomenon)』という
出典:http://digitalword.seesaa.net/article/54682373.html

何であれ、いくら努力しても成果が出ない、という時期はある。

ブログを書く例でいえば、毎日のように記事を書いているが、PVが頭打ち。なぜか、これまでのように伸びない…伸びないどころか、むしろ減ることもある…そういう時期のことだ。

努力しても成果が出ない…という状態は、かなりキツイ。

そんなときは、これまで正しい努力をしてきたつもりだが、努力の仕方が間違っているのではないか…書くスキルが上がったと思っていたが、自分が思うほどではないのではないか…自分の書いたものにはそれほど価値がないのではないか…などと、自分を疑う疑心暗鬼の状態になると思う。

※ブログであれば、やめてしまう…ということにつながる。

こうなってしまうと、せっかくそれまで積み上げてきた自信が一気に崩れかねないのだ。なので、この時期を乗り越える術を持っていないと、自信を保つことは難しいのではないか。

※高原状態をどう乗り切るか…が問題になる。

 自信のない自分を許す・認める

自信のない自分を許す、認める、という考え方がある。

自分に自信がないという人は、「○○ができるようになれば自信がつく」という発想よりも、「自信のない(今の)自分を許して認める」という発想の方がいいのではないかと思う

自信のない人というのは、もともと長所よりも欠点を見つけるのがうまく、疑心暗鬼に陥りやすいタイプだ。このタイプが、「順応」や「高原状態」の問題をクリアできるとは考えにくい。

つまり、一時的に自信を持つことができても、それを維持することはできない。そうであれば、はじめから自信のない自分を許して認めることだ。そうすれば、順応も高原状態も関係なくなる。

自信のあることはいいことだけれど、自信があるように見せる必要はない(逆にカッコ悪い)し、自信がなくてもOKだ、とすればいい。それで気持ちが楽になるのではないだろうか?気持ちの上でリラックスできれば、成果にもつながると思う。肩肘を張って生きても、仕方がないのだ。

ぜひ、無条件で自信のない自分を許し、認めたいものだ。