不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

人を嫌う理由|なぜあなたはその人が嫌いなのか

あなたは、人を嫌いになることがないだろうか。

人間関係に不器用な人は、人を嫌う傾向がある。同じ学校や会社に通っていても、同じ「仲間」だという意識はない。より小さな単位の同じクラスのクラスメートや部署の同僚でも、仲のいい一部の人を除いては、特に「仲間」だとは思わないのである。もちろん、(不器用な人は人を嫌いやすいが)さほど不器用ではなくても、さまざまな理由で人を嫌うことはある。

今回は、人が人を嫌う理由について書いてみたい。

目次

被害を受けると人を嫌う

人を嫌う理由がある…というイメージ

自分がその人から被害を受けるから嫌だ、というパターンがある。

生意気なのですが、困った時だけ新人面して泣きついてきますし、私達の上司もこの子を新人扱いですので、何かあれば私達がカバーしなければいけないので、たちが悪いです
出典:パート先の新人バイト学生が嫌いです

普段から、イラッとするような言動をする。

さらに、仕事でミスをして、そのミスの尻拭いをさせられる…。でもミスをした本人は、悪びれる様子もなく感謝もしない、ということであれば、大抵の人はイラッとするだろう。

ある人から自分が直接被害を受ける、といういうようなことが続けば、その人のことを嫌いになるのは自然の成り行きだ。※直接被害には、臭い(体臭・タバコ)なども含まれる。

間接被害も嫌う理由になる

自分が直接被害を受けなくても、間接被害で人を嫌いになるケースもある。

たとえば、不快な気分が顔や態度、言葉に出てしまう人がいる。

イラッとしたら感情的になったり、電話を叩きつける(モノにあたる)タイプの人だ。他人に八つ当たりをすることもある。※間接被害には、激しい貧乏ゆすりなどの悪癖も含まれる。

人はそういう様子を目にするだけで、その人のことを嫌いになるのだ。

スポンサーリンク
 

自分の評価と他人の評価に違いがある

たとえば、自分が直接・関節的に被害を受けている人物の「上司ウケ」がいいような場合は、嫌いにブーストがかかる。

たとえば、愛嬌があり、コミュニケーション能力は高いが、(仕事では)チェックを怠るのでミスが多い。ミスの多さを改善するように指導しても、返事だけで自己流を曲げない。なので、同じようなミスを繰り返す…こんなタイプの人だ。

このタイプの人は、人物的な魅力があるために、距離の遠い人からは好感を持たれるのだ。この人物に対する自分の低評価と他人の高評価のギャップが、嫌いを増幅させることになる。

※評価の違いが、人を嫌う理由になることがある。

価値観を共有できない

ある程度仲がよくなってから、仲たがいする…というケースがある。

その原因のひとつが、「価値観を共有できない」とわかったから…というものだ。

たとえば、ゴミをポイ捨てする、モノを借りても返さないなど、生活面や金銭面にルーズなところがある、何かをもらったり、おごってもらっても、キチンとお礼をいうことができない…という相手の言動に気づくということだ。

人に対する行動などもそうかもしれない。内向的な人は、誰とでも友だちになれる…という外向的な人の特長を羨ましく思いながら、遠慮のなさや節操のなさを疎ましく思うこともあるのだ。

相手を知ることが嫌う理由になる

この場合は、自分とは違うな…と思う。

相手の価値観というのは、(相手も最初は取り繕うため)ある程度親しくならないとわからないものだ。なので、価値観を共有できないことが嫌いの原因になる場合は、ある程度仲がよくなってから、仲たがいする…ということになる。

実践的には、価値観を共有できる部分にスポットをあて、共有できない部分はスルーする、という方法があるが、一度、共有できない部分が気になりだすと、その気持ちを抑えることはなかなか難しいものだ。つまり、相手を知ることが、相手を嫌いになる理由になる、ということだ。

関心を共有できない

関心を共有できないから嫌う、というケースもある。

相手の話題に関する知識がないため、相手の関心を共有できない…というケースがあるが、それ以外でも関心を共有できないケースがある。

たとえば、「昨日の○○選手すごかったよね~」と、○○選手のプレーの話をしようとすると、「すごいよね、○○選手の年収ってさ~」とズレた受け答えをしてしまうのだ。これぐらいは些細なことだが、これが毎回だとフラストレーションがたまってくる。

相手の話を否定したり、聞いているのか聞いていないのかわからないような反応しかできない人も、 「関心を共有できない人」というレッテルをはられて、嫌われる可能性が高い。

要するに、「関心を共有できない人」というのは、相手の話したいことを遮断してしまう人のことだ。人はこのようなタイプの人と話すと、フラストレーションがたまるので、嫌うのだ。

気持ちを共有できない

これは、端的にいえば、相手の話に共感できるかどうかだ。

以前の記事で、(聞き上手な)カウンセラーの話をしたが、彼女のような態度で人の話を聞くことができるのであれば、何も問題はない。

※もちろん、カウンセラーは、たいてい聞き上手だ(笑)。

自分の中で「この人は自分を理解し、味方をしてくれるんだな」という安心感や信頼感のようなものが生まれ、またこの人と話をしたいな…という感情を持つに至った。彼女はまさに、相手との距離を共感で埋めるという「ラポールトーク」を実践していたのだ
出典:彼女に会いたい…女性からまた会いたいと思われる会話の仕方

たとえば、勇気を振り絞って悩みを打ち明けたら、一刀両断で、あなたに非がある、考えが甘い、努力が足りないといわれた…実際そうかもしれないが、指摘する前にやることがある。

それは、相手の話に「共感する」ということだ。

これができない人というのは嫌われる。あなたは、こちらの気持ちを理解するつもりがない…または、理解できないんだね…「じゃあ、もういいよ」と思って、相手と心理的に距離をとるのだ。一度そう思ってしまえば、その相手に心を開くことは二度とないかもしれない…。

スポンサーリンク
 

まとめ

今回は、人が人を嫌う理由について書いた。

まずは、自分がその人から被害を受けるから嫌だ、というパターンだ。

被害には、直接的なものと間接的なものがある。自分がミスの尻拭いをさせられる…というものが直接的な被害で、(自分に向けられたものではないが)その人の行為で嫌な気分にさせられる…というのが、間接的な被害だ。※直接的な被害の方が、嫌う程度が強くなる。

ある程度仲がよくなってから、(相手のことが嫌いになり)仲たがいする…というケースは、「価値観を共有できない」ことが原因かもしれない。相手の価値観というのは、(相手も最初は取り繕うため)ある程度親しくならないと、わからないからだ。

関心を共有できない、というケースもある。

端的にいえば、「関心を共有できない人」というのは、相手の話したいことを遮断してしまう人のことだ。人はこのようなタイプの人と話すとフラストレーションがたまるので、嫌うのだ。

最後に、人は自分の話に共感してくれない人を嫌う。

こちらの気持ちを理解するつもりがないんだな…と感じると、心を閉ざして距離をとるのだ。

一度そう思ってしまえば、その相手に心を開くことは二度とないかもしれない…。面倒だと思うかもしれないが、デリケートな人であれば、そうなってしまう可能性が高いだろう。

今回の記事:「人を嫌う理由|なぜあなたはその人のことが嫌いなのか」