読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な生き方をやめたい

無駄なプライドは捨てた方がいいんじゃない?

後悔しやすい人へ…くよくよしない方法5つ

あなたは、くよくよする方だろうか。 くよくよする、というのは、終わったこと(過去のこと)をいつまでも引きずり、反芻する必要もないのに反芻し、あれこれ思い悩む…ということだ。これは、自分に苦痛を与える行為だ。なので、いつまでもくよくよしている…

世の中は生存バイアスでできている

生存バイアスという言葉をご存じだろうか。 実は世の中にあふれている情報というのは、生存バイアスがかかったものが多い。語れるのは生存者だけであり、それ以外のものは、語るチャンスさえない( or 著しく限られる)ためだ。 ※敗者が語っても関心を持って…

結果は後からついてくるの落とし穴

前回、「結果は後からついてくる」について書いた。 時系列から考えても、結果が後からついてくることは間違いない。ただ、ここで言う「結果」とは、「良い結果」のことだ。なので、良い結果を出すために、何をするか…ということが大事になる。ただ単純に、…

食事をおごられる時のマナーをまとめる

食事をおごってもらう、というシチュエーションがある。 異性間であれば、男性が女性におごる、というシーンがよくある。同性間であれば、先輩が後輩におごる、会社の上司が部下におごる、というシーンが(減っているとは思うが)あると思う。 今回は、食事…

ネガティブな人がポジティブになる方法5つ

もっとポジティブになりたい、前向きになりたい…と思うことがないだろうか。 もともとネガティブな人や、そうでない人でも気分がネガティブに傾いたときは、「ネガティブをやめて、もっとポジティブに(前向きに)なりたい…」と思うことがあるはずだ。 今回…

頑固なエゴを捨てる方法5つ

あなたは、自分のエゴを捨てたい、と思ったことがないだろうか。 多くの人は、エゴが適正な範囲で留まっていればいいが、そこからはみ出してしまうとまずい…と思うはずだ。そして、行き過ぎたエゴは捨てた方がいい、とも思うはずだ。 ※行き過ぎると、エゴに…

利己的な人の心理と特徴5つ

あなたのまわりに、利己的な人がいないだろうか。 誰しも利己的な部分はあるが、「利己的な部分を持つ」を超えて、利己的な人が上司や同僚になったりすると、苦労することになる。現在進行形で苦労している人も、いるのではないだろうか。 今回は、利己的な…

皮肉なことに損失回避性で損をしている

損をすることが好き…という人はいないだろう。 だが、「損をしたくないので、損に対する感度を上げる…」ということにも問題がある。そうすることにより、自己に認知の歪みが生じ、行動に合理性を欠くことになるためだ。その結果、思わぬ形で損をすることにな…

メタ認知能力を高めればいいことがあります

あなたは、メタ認知能力という人の能力を知っているだろうか。 メタ認知能力という言葉を知らない人でも、「自分を客観視する能力」と言い換えれば、ピンとくる人も多いだろう。「自分を客観視する」ということはなかなか難しいものだ。 車を運転しながら、…

職場の面倒な人や厄介な人との付き合い方

前回の記事で、職場の面倒な人や厄介な人の特徴について書いた。 そこで挙げたのは、1)利己的な人、2)気分にムラのある人、3)何かと批判的な人、4)無責任な人、5)好き嫌いで動く人、6)余計なプライドの高い人、の6つのタイプの人だ。 今回は、…

職場の面倒な人や厄介な人の特徴6つ

職場に面倒な人や厄介な人がいないだろうか。 職場に面倒な人がいれば、「あんな人は、どこにでもいるから…」ということで、我慢するということになるだろうか。相手を変えることはできるが、面倒なのでやらない人が多いだろう。相手を変えることは、難易度…

どんなときに断ればいいのか…断わるケースを決めておく

あなたは、他人からの依頼を断れる方だろうか。 ちょっと「嫌だな」と思っても、断ることができない…という人も結構いると思う。それは、「相手が気分を害するのではないか…」、「相手にいい顔をしたい」などと思ってしまうためだ。 今回は、断わるべきケー…

後悔しない人生にしたい|後悔しない生き方をする方法5つ

後悔しない生き方をしたい…と思ったことがないだろうか。 誰しも1度ぐらいは、思ったことがあるのではないだろうか。また、「後悔しない生き方」というのは理想であり、その理想に近づきたい…という気持ちは、多くの人が持つものだろう。 ただ、「そのため…

友達を断捨離する方法など

友達を断捨離したい、と思ったことがないだろうか。 友達を整理するほど友達がいない…という人もいると思うが、知人まで枠を広げると、断捨離したい人がいるはずだ。仕事上のつき合いであれば、それもなかなかむずかしいが…。 今回は、友達を断捨離する方法…

やる気が出ない時にやる気を出す方法4つ

誰しも、やる気が出ないときがあると思う。 自分自身のことを客観的に観察していると、1日の中でもやる気にムラがあることがわかる。やる気に満ちて集中力が高まっているときと、やる気が薄れて集中力を失っているときがあるのだ。やる気を出す方法について…

自分に自信を持つ方法5つ

前回、自分に自信がない人の特徴について書いた。 そこでは、自信がない人の特徴として、人の話を聞かない、自慢をしたがる、デリケートである、他人と比較する、ネガティブ思考を持つ、行動しない、の6つを取り上げた。 今回はそれを踏まえ、自分に自信を…

自分に自信がない人の特徴6つ

自分に自信がない人がいると思う。 ひと口に「自信がない」と言っても、レベルはさまざまだろう。 ときには自信を失うことがある、という程度の人から、「常に自信がない…」というレベルの人までいると思う。前者は普通だが、後者はさすがに問題で、改善する…

他人を変える方法|他人は変えられない…は決めつけにすぎない

他人を変えたい…と思うことがあると思う。 この手の話でよくあるのは、他人を変えることはできないので、「自分が変わろう」とするものだ。この理屈は理解できるが、やり方次第で、他人を変えることはできると思う。 今回は、他人を変える方法について書いて…

本の選び方5つ

あなたは読む本を、どのように選んでいるだろうか。 本を読む、という行為はインプットであり、インプットの効率を上げようと思えば、上手に読む本を選ばなければいけない。この部分の良し悪しで、インプットの効率が決まってしまうのだ。 今回は、私がいい…

本質とは何か…をよく考えた方がいい

本質とは、ものごとの根本的で最も大事な性質、ということだ。 ものごとや出来事を正しく解釈するためには、「本質を見抜くこと」が必要になるのだろうと思う。本質を見抜けず、枝葉の部分に囚われていると、判断を間違うことになるのだろう。 ※本質を見失い…

自分らしく生きる方法4つ

あなたは、「自分らしく生きている」と感じているだろうか。 どんなときでも、「自分らしく生きている」という人もいれば、そうではないな…と感じている人もいるだろう。また、シチュエーションにより自分らしさを出せたり、出せなかったり…という人もいるだ…

教養を身につける方法

教養を身につけたい…と思ったことがないだろうか。 人としてのレベルを上げるために、教養を身につけたいが、その方法がわからない、知識を身につけることと、教養を身につけることの違いがよくわからない…という人もいるだろう。 今回は、教養を身につける…

目標の立て方|仕事や人生に役に立つ

あなたは、目標を立てて仕事や勉強に取り組むタイプだろうか。 キチンと目標を立てている人もいると思うが、なんとなくの目標はあるけれど、それほどしっかりとした目標を立てているわけではない…とする人も多いのではないだろうか。 目標を立てたはいいけれ…

劣等感の強い人は劣等感を克服した方がいいのか?

劣等感を持ったことがない…という人はいないだろう。 では、その劣等感を克服した方がいいのだろうか。それとも、克服する必要はないのだろうか。克服した方がいいとすれば、劣等感をどのように処理すればいいのだろうか。 今回は、「劣等感」について考えて…

なぜ自分が嫌いなのか|自己嫌悪の原因はコレだった

自分が嫌いだ、という人がいると思う。 自分が嫌いだ…と思う人は、自分の欠点や短所が目について仕方がない。その結果、自分を必要以上に貶めて、自分を嫌いになる…というパターンではないだろうか。 今回は、なぜ自分が嫌いなのか…について書いてみたい。 …

決断力なし…優柔不断な人の特徴6つ

自分には決断力がなく、優柔不断だな…と思うことがないだろうか。 決断しようとしても、「先送りをしよう」という意識の方が強くなって、決断を見送ってしまった…ということがあると思う。それだけ、先送りの誘惑は強い…ということだろう。「先送り」は、チ…

人と比べない生き方へ|他人と比較しない方法5つ

他人と自分を比較してしまう…という人は多いと思う。 人と比べない生き方をするために、「他人と比較しないようにする」と心の中で思っても、ついつい(無意識に)他人と比較してしまうものだ。なので、他人との比較を避けるためには、何らかの工夫が必要に…

否定的な人に批判されたときの対処法6つ

誰かから批判をされることがあると思う。 あなたを批判するのは、家族の場合もあるし、友人や恋人、仕事関係の人かもしれない。 批判をされる、というシチュエーションには、他人の粗や欠点は目につきやすいので、ほめるよりも批判をしやすい…という背景があ…

やる気を出す方法5つ|やる気の出し方とは…

人である限り、やる気が出ない…というときはあるものだ。 なので、やる気が出ないときがあるのは仕方がないが(誰にでもあることだ)、そのときの対処法が問題になる。ここの優劣で、個々人のパフォーマンスに差が出るのだろうと思う。 今回は、やる気を出す…

決断できない人が決断する方法3つ

あなたは、決断できる人だろうか、それとも決断できない人だろうか。 ズバッと決断できる人もいるだろうが、なかなか決断できなくて、「自分は優柔不断だ…」と自覚している人も多いのではないだろうか。※先送りする、という決断をしたくなるものだ(笑)。 …

最善策でなくてもOK|次善の策をとればいい

最善の選択をしたい…と思うのは、自然なことだ。 だが、最善策をとりたいと思っても、そうは問屋が卸さない…というケースがある。自分がコントロールできること(生活習慣など)でもそうなのだから、相手があることで、常に最善策をとる、ということは不可能…

自尊心を高める簡単な方法3つ

あなたは、自尊心が低いな…と思ったことがないだろうか。 自尊心の高い人は、良い人間関係を築くことができ、成功する可能性が高くなる。一方、自尊心の低い人は、人間関係のトラブルに悩まされがちになり、成功する可能性は低くなる。 今回は、自尊心を高め…

柔軟な思考をする|もっと柔軟な人になる方法4つ

自分は柔軟性に欠けるな、柔軟な思考ができていないな…と思うことがないだろうか。 柔軟性を欠く人は、困難に直面すると、ポッキリ折れやすいが、柔軟性を持つ人は、折れずにしのぐことができる(逆境に強い)。なので、自分の柔軟性を高めるような工夫をす…

周りからどう思われているか気になる

あなたは、周りからどう思われているのか気になる…ということがないだろうか。 相手が自分に対して抱く印象次第で、ビジネスやプライベートが上手く行ったり、そうでなかったりするため、相手の自分に対する印象が気になるのは、当たり前のことかもしれない…

仕事が嫌だを変える|仕事を楽しむ方法4つ

あなたは、日々の仕事を楽しんでいるだろうか? 「仕事を少しでも楽しめている」ということであれば問題ないが、「仕事を全く楽しめない」、「仕事にストレスしか感じない」、「仕事が嫌だ・嫌いだ」ということであれば問題がある。早めに手を打った方がいい…

インプットをアウトプットにつなげる方法3つ

あなたは、読書などのインプットをアウトプットにつなげているだろうか? 純粋に楽しむことが目的の、その場限りの「消費型のインプット」であれば、アウトプットにつなげる必要はない。だが、仕事などの成果につなげたいと思うインプットであれば、アウトプ…

自分嫌いをやめる|自己嫌悪を克服する方法3つ

人であれば、自己嫌悪に陥ったことがあると思う。 そんなときは、どうしても「自分が嫌いだ…」と思ってしまう。特に、まだ経験が浅く未熟だ…という時期には、自己嫌悪に陥りやすいと思う。自己嫌悪に陥ったときの感情は、とても嫌なものだし自己嫌悪に陥るこ…

仕事のやり方|仕事における足し算と掛け算

仕事のやり方において、足し算や掛け算がどうこう…と言われることがある。 これらは、いろいろな意味合いで使われるので、一概に「掛け算」が良くて、「足し算」が悪い…ということはできない。また、自分のいるステージによっても、必要になるものが変わって…

機嫌が悪いをやめる|自分を機嫌がいい状態にする

あなたは、機嫌が良い方だろうか?それとも機嫌が悪い方だろうか。 毎日、機嫌よく過ごしたり、仕事をしたりしているだろうか?それとも、良くも悪くもないだろうか?中には、「笑うことがなく、機嫌が悪いことの方が多いかも…」という人もいるだろう。機嫌…

自分の非を認めない人が損をする理由

自分の非を認めない…という人がいると思う。 もしかすると、あなた自身かもしれないし、あなたのまわりにいる人かもしれない。ただ、だれにでも、自分の非を認めたくない…という気持ちはあるだろう(なので、程度問題になる)。 今回は、自分の非を認めない…

自己啓発本を読むことは無駄なのか?

自己啓発本を読むことは無駄だ、とする意見がある。 たしかに、読むのが無駄な自己啓発本はたくさんあるだろうし、(有益な本でも)読み方によっては、読書自体が娯楽以上の意味がないものになってしまう可能性もある。 今回は、自己啓発本を読むことは無駄…

仕事の上手な断り方としてはいけないこと

仕事の断り方について、考えたことがあるだろうか。 会社員でもフリーランスでも、仕事の依頼を断るシーンというものがある。仕事の依頼を断ることができずに、憤りを感じたり、嫌な思いをした…という経験をした人は、たくさんいると思う。なので、断るべき…

自分を許す方法を考えた方がいい

自分を許す、ということをしているだろうか。 自分を許せない…と思うことがある。「自分を許せない」とまではいかなくても、自分に対してイラッとしたり、自分がとった言動に対し、後悔したり、自己嫌悪に陥ったりすることは、あるのではないだろうか。※ここ…

本の読み方|もっと上手に本を読む

もっといい読書をする方法の続きです。 本の読み方を工夫すれば、今よりも上手に本を読めるようになります。 前回の記事で書いたのは、1)まえがきを読む、2)見切りをつける、の2つだ。まえがきは、いわゆる「つかみ」の部分なので、筆者は力を入れて書…

読書術|もっといい読書をする方法

本を読む人であれば、自分なりの読書術を持っていると思う。 私もここ数年で、かなりの本を読んできた。本を読みながら、「もっといい読書の方法はないのか?」ということも同時に考えている。そして、「いい読書の方法」についての考え方は、微妙に変化する…

背信行為かも…自尊心が低い人の特徴6つ

自尊心が低い人の特徴の続きです。 前回の記事で述べたのは、1)チャンスを生かせない、2)萎縮する、3)メンタルが不安定になる、4)人間関係を築けない、の4つだ。自尊心が低ければ、何もいいことがない、と書いた(苦笑)。前回の内容と被る部分もあ…

自尊心が低い人の特徴4つ

あなたは、適度な自尊心を持ち合わせているだろうか? 世の中には、「自分には自尊心が欠けている」と感じる人が結構多いのでは…という気がする。人は、(自分の中で)自分の評価が落ちてしまうような、失敗や不快な経験をすることがよくあるし、その種のネ…

劣等感/コンプレックスを利用する

自分の劣等感やコンプレックスをなくそう、と思っていないだろうか? 自分の劣等感を克服したいとか、なくしたい…と思うことは、自然なことだと思う。劣等感やコンプレックスというのは、やっかいなもので、自分をくすませる原因になってしまうからだ。劣等…

会社をやめたい…あなたが会社をやめるときに考えたいこと

会社をやめたい…と思うことがないだろうか? だれしも会社員であれば、「会社をやめたい」、「今の仕事をやめたい」と思うことは、あるのだろうと思う。特に若いうちは、比較的選択肢があるため、転職によりキャリアアップできる可能性がある。なので、「今…

握手のマナー|してはいけないNG行為

だれかと握手をする、というケースがある。 相手が日本人の場合もあるし、外国人の場合もある。また、男性の場合も女性の場合もある。相手との関係性もさまざまだろう。初対面の人もいれば、友人、知人の場合もある。 相手をどう想定するかで、いろいろ変わ…